Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【10万円給付金】年齢制限や給付方法は?子供はもらえるの?

生活

新型コロナウイルスの経済対策として打ち出されていた減収世帯への30万円給付が、撤回されました。

新たに登場したのが全国民一律10万円給付です。

仕事が休業中で先が見えない。政府の対応がよくわからない。

そんな方のために今回は、一律10万円給付の概要についてお伝えしていきます。

この記事では、10万円給付は子供や生活保護者や外国人は対象者になるのか?、年齢制限やいつ給付されるのか?、給付方法やツイッターでの声などを紹介します。

まだ詳細は発表されていませんが、分かり次第追記していきます。

スポンサーリンク

10万円給付金とは?

コロナウイルスに端を発した緊急事態宣言で、休業中の事業者が増えています。

休業ともなれば個人の収入が減るばかりか、国としても大きなダメージとなってしまいます。

そこで休業中でも経済を刺激するために、減収者に対する30万円の給付が提案されたのは、記憶に新しいところ。

ですが、条件の複雑さや厳しさから批判が相次ぎ、政府はこれを撤回。

新たな経済対策として、全国民一律10万円給付となりました。

スポンサーリンク

10万円給付金の対象者や年齢制限は?

子供も対象になる?

今回の決定を受けて、首相官邸からの発表では「全国すべての国民の皆様を対象に」との文面が掲載されています。

つまり、対象に制限は設けないということから、子供でも対象になる可能性が高いと言われています。

生活保護も対象になる?

こちらも対象に制限を設けないことから、生活保護であっても給付対象であると予想されています。

外国人も対象になる?

今回の給付はリーマンショック時の給付を応用するとの見方が強く、住基台帳と外国人登録原票に記載があれば、対象になると予想されています。

その場合は、2012年から外国人住民も住基台帳の対象に加わったため、今回の給付で外国人住民も自動的に受け取れることになると見られています。

スポンサーリンク

10万円給付金はいつもらえる予定?

リーマンショック時の経済対策を引き合いに出し、3ヶ月もの時間を要した前回から、スピード感を持って改善するとの発表がなされています。

つまり、5月から6月に支給される可能性が極めて高いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

10万円給付金の給付方法は振込?

発表では、郵送やオンラインで申請書を提出する方法をとると言われています。

そして手続き後口座に入金となる形は、リーマンショック時の対応と同様となるでしょう。

産経新聞によると、麻生太郎財務相は「要望される方に配る」としているそうです。

 麻生太郎財務相は一方的な支給ではなく「要望される方に配る」としており、手続きが必要になる。

ただ、窓口に人が殺到するとクラスター(感染者集団)発生の温床になりかねないため、郵送やオンラインで受け付ける。
出典:産経新聞

スポンサーリンク

10万円給付金のツイッターの反応は?

ツイッターでは様々な反応がありました。

・やっと決まったか。対応が遅すぎる。
30万に比べて給付に時間がかかる。喜ぶのは早計だ。
・給付対象がよく分からない。納税者だけじゃないの?
・子どもに渡しても結局管理は親がするのだから、問題ないのでは。
・嬉しいけど現状仕事が休業中で、そんなに待てない。
・マスク2枚の時もそうだけど、政府の考えを理解していない人が多すぎる。お金もらえればそれでいいの?
・早くマイナンバーと個人口座を紐づけるべき。
・意思決定が遅いという人もいるけれど、日本は医療崩壊もないしまだ安全を保てている。評価するべきではないか。
・未曾有の事態によく対応していると思う。
・国民が批判をすれば届く可能性がある、ということが証明された。日本の民主主義はまだ生きている。
スポンサーリンク

まとめ

急転換した政府の対応ですが、ネット上では評価する声が上がっています。

また、納税が厳しい事業所には猶予期間を設けるなど、個人だけでなく企業も手厚く保護する方針を固めています。

中小法人は200万円、個人事業者には100万円を上限に現金給付を行なうとの発表もありましたので、利用できる支援は活用していきましょう。

今回のコロナウイルスでは、働き方が大きく変わりました。

そしていまだに収束の目処は立っていません。

国からはどのような支援が得られるのか、そして仕事の形態はどのように推移していくのか、注視していきましょう。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント