Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

9月入学で学年や早生まれはどうなる?メリットや海外の入学月は?

生活

新型コロナウイルスによる自粛生活が長引くなか、「9月入学制」という話題が注目を集めています。

現在の日本の学校は、保育園や幼稚園から大学まで、すべて4月に新学期が始まるスタイルですよね。それを9月に変えようという動きが出ているのです。

でも、色々な疑問がわいてきませんか?

学年の切り替わりはどうなるのか、同じ学年の友達とは違う学年になってしまうか、今は1月~3月に生まれた場合に早生まれといっていますが、9月入学になると変わってしまうのか、海外は何月入学なのか?などきりがありません。

この記事では、その疑問を少しでも解決するために、9月入学制のメリットやデメリット、そうなった場合のシステムはどうなるのかなどを紹介します。

学生さんはもちろん、該当する年代のお子さんを持つ親御さんも要注目です。

スポンサーリンク

9月入学制が話題になっているのはなぜ?

2020年5月現在、日本全国に緊急事態宣言が出されていて、学校に対し休校要請が出されています。

公立・私立問わず、日本中のほとんどの学校がこの要請にしたがって休校していますよね。

ただ、それでは学業がどんどん遅れてしまうということで、一部の学校ではオンライン授業などを実施しています

<オンライン授業の問題点>
システムがないなどの理由で、実施できていない学校がほとんどです。
このままでは、通っている学校によって、同じ学年の子どもでも学習レベルに大きな差が生じてしまいます。また、オンライン授業を視聴するシステムがない家庭もあるので、同じ学校内でも習熟度に差が出てしまう。

さらに、緊急事態宣言が今後、地域ごとに徐々に解除されていくとすると、学校がスタートする時期が、地域によって異なることになります

<学校のスタート時期が地域によって異なる場合の問題点>
・地域によって学力差が生まれる。全国一斉に行われる受験を控えた学生にとっては、これは著しい問題ですよね。

そうした問題を解決するために、もういっそ、9月から一斉スタートにしたらどうか、という案が出ているのです。

◆関連記事:マスクによるニキビや肌荒れの予防法は?

◆関連記事:マスク焼け大丈夫ですか?治す方法は?

◆関連記事:虫よけ効果のあるハッカ油!スプレーの作り方は?

スポンサーリンク

9月入学制では学年はどこで切り替わる?

4月入学制の学年はどこで切り替わる?

4月入学である現在、年度のスタートは4月1日、終わりは3月31日です。

また、同じ学年になるのは、その学年に該当する生まれ年の4月2日から、翌年の4月1日に生まれた子と決められています。

たとえば、今年小学1年生になる予定の子どもは、2013年4月2日~2014年4月1日生まれの子どもになります。

9月入学制の学年はどこで切り替わる?

しかし9月入学制度を始める際には、誕生日の分け目も、同様にずらす必要があるかもしれません。今のシステムをそのままずらすなら、9月2日から翌年の9月1日までの子が同じ学年になるということです。

もし今年、9月入学制に合わせて、小学一年生になる子どもの分け目をずらすとすれば、2013年9月2日~2014年9月1日生まれの子が小学一年生になることになります。

9月入学制は1学年の数が多くなる?

しかしそうなると、2013年4月2日~2013年9月1日までに生まれた子はどうなるのでしょうか。

いきなり2年生になるのは無理だと思われるので、やはりそのまま1年生になるはずです。

そうなると、2013年4月2日~2014年9月1日に生まれた子が、みんな同じ学年になるということになります。

一学年の人数がかなり多くなりますね。

年長になったばかりで小学1年生に?

一方、2014年4月2日~2014年9月1日生まれの子は、現在まだ年長になったばかりです。

しかし、いきなり9月から小学1年生になってしまうのです。

ランドセルを買っていないご家庭も多いでしょうし、準備がかなり大変ですね。

9月入学制でも学年の切れ目は変えない?

こうしてみると、誕生日の分け目をずらすと、かなりの混乱が生じることが予想されます。

そのため、仮に今年から9月入学制を実施するとしても、現在の小学1年生以上の子の学年の切れ目は変えないと思われます

◆関連記事:庭でバーベキュー!ホットプレートを使うときの注意点は?

◆関連記事:今流行りの『庭キャン』!楽しみ方や道具は?

◆関連記事:ベランダで『ベランピング』注意点はとおすすめグッズは?

スポンサーリンク

9月入学で早生まれはいつになる?

早生まれとは、生まれた年はひとつ下なのに、同じ学年に入っている子のことです。

4月入学制の場合は、1月~3月に生まれた子を指しています。

しかし、もし上で紹介したような9月入学制に合わせて学年を分けるようになるとすれば、1月~8月と9月1日に生まれた子が、そこに該当することになりますね。

これまで、早生まれの子は、他の子に比べ成長が遅いので、年齢が低いうちは体力面などで不利だと言われてきました。

しかし、今後は早生まれの子の方が多くなるので、そういった話もなくなるかもしれません。

むしろ、「前の年の9月~12月に生まれた子が有利」という話が出てきそうです。

◆関連記事:行者にんにくの効能や効果は?食べすぎ注意?

スポンサーリンク

9月入学のメリットは?

ここからは、9月入学にするとどのような点が良いのかを見ていきましょう。

学力差がなくなり、授業期間がしっかり確保できる

上でも紹介したとおり、この話題は、そもそも学力差をなくすにはどうしたら良いかという問題の解決策として浮上したものです。

また、5月でも授業が行えていないこの状況のなかで、来年の3月までを一年間として、はたして授業内容をしっかり終えることができるのかという問題もあります。

いつから再開できるのかもはっきりしないので、夏休みや冬休みをつぶして授業を行ったところで、やりきれるかわかりません。

授業期間をしっかり確保するなら、おそらくコロナが落ち着いているであろう9月から、来年の7月までを授業期間とした方が良いと考えられるのです。

欧米と同じスタートになるので留学などがしやすくなる

日本のように4月から年度をスタートさせている国は、じつはそう多くありません。

欧米の多くの国が9月から授業をスタートしています。欧米で新年度が始まる時期には、日本ではすでに2学期が始まっているのです。

そのため、これまで日本から欧米の大学や高校へ留学する場合には、中途半端な時期に編入することになっていました。

欧米とおなじように9月スタートにすれば、この問題は解消されます。欧米から日本への留学生も増えるかもしれません。

スポンサーリンク

9月入学のデメリットは?

これまで9月入学の良い点を紹介してきましたが、実際のところ良いことばかりではありません。デメリットもいくつかあるので、そちらも確認していきましょう。

休校期間が長くなり家庭の負担が増える

コロナによる自粛生活が始まってから、子どもが家にいることで、家庭の負担が大きくなったという声をよく耳にします。

緊急事態宣言が終わり、学校が再開されるまで、この問題は消えません。

地域によっては、感染が落ち着いていて、5月中にも学校が再開できそうなところもあるでしょう。

しかし、9月から一斉スタートということに決めてしまうと、そうした地域でも9月まで学校を休みにする可能性があります

そうすると、ご家庭の負担はかなり大きくなりますね。

学校に行かない期間が長くなることで、子どもたちの精神状態にも良くない影響があるかもしれません。

ただ、この点に関しては、「9月まで授業を行ってはいけない」というのではなく、「少なくとも9月から始める」というルールにすれば、ある程度は解消できると思います。

学校を再開できるところは順次再開していって、遅くとも9月までには始めることにするのです。

そして、来年の7月までを今年度の授業期間とします。

こうすると、今年度に限っては、一年以上授業を行うことになる学校も出てくることになりますが、短すぎて授業内容が終わらないよりは、長すぎて余るくらいの方が良いでしょう。

就職先や保育園・幼稚園との接続が難しい

現在、多くの企業が、新卒の入社日を4月初めに定めています。

大学や高校が9月スタートになった場合、卒業するのは7月終わりになるでしょう

そうなると、新卒で採用された人は、7月から翌年4月まで、学生でも社会人でもない、微妙な期間が生まれることになります。

留学したり、ボランティアをしたりして、有意義に過ごせればそれも良いと思います。

しかし、家庭の状況によってはすぐにでも働きたい人もいるでしょう。そういう人にとっては、なんとももったいない、無駄な時間となってしまいます。

それを防ぐためには、新卒の入社日を8月や9月に変えるのが一番ですが、そうなると企業のさまざまなシステムも変えなくてはなりません。影響は学校以外の場所にも広がっていきそうです。

また、小学校1年生のスタートが9月になるということは、幼稚園や保育園の卒業の時期も、そちらに合わせなくてはなりません

保育園に子どもを入れるための「保活」の時期も変わってくるでしょう。こちらも混乱が

生じそうです。

入試時期が変わることへの対応が可能かどうかわからない

現在は、高校入試も大学入試も、だいたい1月~2月にかけて行われています。

入学が9月になるということは、入試の時期ももちろんずれるわけです。おそらくは、5月~6月くらいになるでしょう

単純に時期がずれるだけのようにも思えますが、本当にそれだけの問題で済むのか、このあたりはさまざまな角度から検証してみなくてはなりません。

長くなった半年分の学費はどうする?

9月から授業を始めるのは良いのですが、4月~8月までの学費はどうなるのでしょうか。

学校自体が休みだったので、当然ながら免除になるものと思いますよね。

しかし学校は何もしていないわけではありません。オンライン授業を行ったり、生徒への各種連絡を行ったりしているので、それなりに経費は発生しているのです。

公立の小中学校ならそもそも学費はないので問題ないですが、私立の学校や高校、大学はどうするのか、難しい問題です。

社会制度との兼ね合い

日本では、社会におけるさまざまなシステムが4月スタートで行われています

これらの制度も、ものによっては合わせて9月開始にしなくてはならないでしょう。

どこまで影響が広がるかわかりませんが、果たして今から今年の9月までの間に、それらの準備がすべて間に合うのでしょうか。

この点が、9月開始を妨げている大きな要因であると考えられます。

スポンサーリンク

海外で9月入学の国はどこ?海外の国の入学月はどうなっている?

上で、欧米では9月入学を採用していると紹介しました。具体的には、以下の国などが該当します。

アメリカ/カナダ/イギリス/フランス/ベルギー/トルコ/ロシア/モンゴル/中国

日本人が留学先として選ぶ国の多くが、9月スタートであることがわかりますね。

その他の国の入学月

その他の国は、1月~10月まで、さまざまな月を学年の開始月としています。今の日本と同じように、4月スタートを採用している国はパナマくらいです。

おもな国を下に紹介します。

・1月…シンガポール
・2月…オーストリア/ニュージーランド
・3月…韓国
・4月…パナマ
・5月…タイ
・6月…フィリピン
・10月…カンボジア/ナイジェリア

海外では早生まれの概念があまりない

上で、学年の分かれ目や早生まれについて紹介しましたが、海外では、誕生日と学年の分かれ目を揃えていない国も多いようです。

学校は9月にスタートするものの、誕生日の分け目は全く別のところに設けられていることが多いのです。

たとえば、実年齢と同じように1月1日~12月31日までの子を同じ学年にして、でも学校の授業は9月から始まる、という国もあるのです。

さらに、早生まれに該当する子には、学年を選ぶ権利が与えられているところもあります。

飛び級などの制度も浸透している海外においては、何歳から何歳までが何年生、という切れ目は、あまり意味をなさないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

コロナのせいで混乱した学校制度は今後どうなる?

9月開始にするには、さまざまなハードルがあります。

しかし、年度の切れ目が9月になると、良いこともたくさんあります。

上で紹介した内容はもちろんですが、7月に年度が終わるとなれば、8月の夏休みは宿題もほとんどなく、思いっきり遊んで良い休みになります。

学校としても、時間をかけてじっくりと新年度の準備ができるので、先生の働き方も、今より楽になると思います。

とはいえ、変更した直後は、現場はかなり混乱するでしょう。

今後、日本の学校制度はどうなっていくのか、注目していきたいですね。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント