Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【明石商業高校】戦力分析!「2020年甲子園高校野球交流試合」

yakyuu スポーツ

兵庫県の公立高校、明石商業高校は甲子園の常連になりつつあり、夏に行われる「2020年甲子園高校野球交流試合」でも大注目校です。 

この記事では、2020年甲子園高校野球交流試合に出場する『明石商業高校』について以下を紹介します。

・明石商業高校はどんなチーム
・明石商業高校 地方大会の成績
・明石商業高校 野手戦力分析
・明石商業高校 投手戦力分析
・明石商業高校 スタメン予想
・明石商業高校 総合力分析
「2020年甲子園高校野球交流試合」を楽しむために、注目選手や戦力を見ておきましょう!

【2020年甲子園高校野球交流試合】日程と出場校は?注目校を分析!

スポンサーリンク

2020年甲子園高校野球交流試合 明石商業はどんなチーム?

明石商業高校は、2016年に選抜に出場していますが、甲子園の出場回数はまだ少ない高校です。

明石商業高校の特徴は、何と言っても公立高校というところにあります。強豪校が多い都会と都道府県は、大抵私学が強く公立高校が活躍する県はほとんどありません。

その中で明石商業高校は野球の盛んな阪神間で最も強い公立校として活躍しています。

その中で明石商業高校が活躍している理由は、何と言っても投手力に優れているということにあります。

2016年に選抜初出場した際は、140キロ中盤台のスピードボールを投げる吉高投手や山崎投手らの好投手がいて、初出場ながらベスト8まで導きました。

また100回大会では、加田投手と勝本投手という2枚看板に加えて、1年生ながら中森投手の奮闘もありました。

そして昨年の選手権での101回大会では中森投手と、超高校生級の投手が毎年のように出てくるチームです。

また昨年は中森選手に加えて、日本代表に選ばれた水上選手や打力の高い安藤選手といった、能力の高い選手が揃っており、選手権ではベスト4に入りました。

今年は何と言っても、1年生の頃から試合に出ている中森投手と来田選手が、投打の中心となって甲子園に帰ってきます。

今日はこの2名の選手を軸にして解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

2020年甲子園高校野球交流試合 明石商業 地方大会の成績

秋の近畿大会では、大阪桐蔭高校に僅差ながら負けてしまいました。

準々決勝で負けるということは、選抜に出られるかどうかギリギリのラインですが、大阪桐蔭との試合では、接戦の末に敗戦だったので、他の準々決勝を見た時に出るのではないかと予想されていました。

兵庫県大会まで見ても、それほど派手な試合はないかと思います。

特に神戸国際大付属高校との試合以降は、明石商業らしい僅差のゲームをしているかと思います。

大阪桐蔭と接戦ができているので、選抜でのある程度のところまで行くことは間違いないかと思います。

どれだけ粘ることができるのか注目して試合を見ていただきたいと思います。

秋の兵庫県大会

明石商業11―1舞子

明石商業8―1関西学院

明石商業11―0赤穂

明石商業4―3神戸国際大付属

明石商業1―5報徳学園

秋の近畿大会

1回戦

明石商業8―3東山

準々決勝

明石商業3―4大阪桐蔭

スポンサーリンク

2020年甲子園高校野球交流試合 明石商業 戦力分析

なんといっても明石商業の売りとしては、投手の中森俊介、野手の来田涼斗という2選手です。

中森投手は昨年の選手権大会で、2年生ながらエースとして活躍した投手が中心となっています。

また打線では、福本選手や井上選手といった打力が高い選手が入っており、期待感抜群の能力が打線でも並んでいます。

中森俊介(明石商業)投手の出身地や中学は?【2020年ドラフト】

来田涼斗(明石商業)の出身中学や兄弟は?【2020年ドラフト候補】

明石商業 野手戦力分析

中学時代に30校ほどからスカウトが来たという、来田くんが明石商業高校の打線の中心となっています。

そして主将の福本君が4番打者を打つチームとなっています。

それに加えて、植本選手や宮城選手、井上選手といった5人の選手がどの打順でも打てるような能力があるので非常に能力が拮抗しています。

下位打線は、捕手や投手といった比較的打力には期待できなですが、守備力の高い選手が入っています。

明石商業 投手戦力分析

明石商業高校は、プロ注目の世代で3本の指に入る、スーパーエースの中森投手が注目です。。

昨年夏の選手権大会では、エース番号を2年生ながら背負い、マックス151キロのストレートを投げました。

また2番手投手の中野投手は。中森投手と違いキレのある変化球を主体としたボールを持っており、違うタイプの投手です。

チーム防御率は1.87とかなり高く、守備を中心とした守りのチームです。

スポンサーリンク

2020年甲子園高校野球交流試合 明石商業 スタメン予想

明石商業高校のスタメンのカギは、なんといっても上位打線にあります。

近畿大会と兵庫大会はスタメンに並んでいる選手は一緒ですが、打順は変わっています。

1番打者を来田君と予想しましたが、福本君が兵庫大会では1番打者を打っており、3番に来田くんが入る打線となっています。

4番打者は主将の福本君が打つので、明石商業高校の打線のカギは、来田くんと福本君にあると思います。

明石商業高校のスタメン予想は、下記を予想します。

1 中 来田涼斗

2 遊 井上隼斗

3 一 植本拓哉

4 右 福本綺羅

5 二 宮城光伸

6 左 福井雄太

7 捕 名村康太郎

8 三 井崎太玖翔

9 投 中森俊介

【2020年甲子園高校野球交流試合】日程と出場校は?注目校を分析!

スポンサーリンク

2020年甲子園高校野球交流試合 明石商業 総合力

いかがでしたでしょうか。

明石商業高校は、なんといっても投手力を中心としたチームとなっており、守りからリズムを作るチームです。

それほど派手さがあるわけではないですが、堅実なプレーが売りの僅差で勝ち進んでいくチームです。

そしてなんといっても、プロ注目の中森投手と来田選手という投打の軸は、甲子園でも注目です。

 総合力B
 打撃力B
 守備力A
 走力B
 投手力A

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント