Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

糖質制限ダイエットに不向き?健康食材・甘酒はカロリーが高く太る?

甘酒

甘くておいしくて『飲む点滴』とも言われているほど栄養価の高い“甘酒”。

ダイエット効果・美容効果が期待できるので多くの女性の強い味方になってくれます。

そんな中、近年ダイエット方法の1つとして主流となっているのが『糖質制限ダイエット』です

この『糖質制限ダイエット』をしている方にとって甘酒を食すことで気になる点は甘酒に含まれる『糖質』そのものです。

今回はそんな『糖質制限ダイエット』をしている方が“甘酒”を食するとカロリー・糖質等にどのような影響があるのか調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットに甘酒が不向きと言われる理由は?

まず初めにそもそも『糖質制限ダイエット』とはどのようなダイエットなのでしょうか?

糖質制限ダイエットのメカニズムは?

このダイエットは人間が身体を動かすために欠かせない栄養素とされる“タンパク質・炭水化物・脂質”の3大栄養素の中の『炭水化物』を極力カットするダイエット方法です。

炭水化物は消化吸収できる糖質と、消化吸収できない食物繊維に分けられ、糖質制限は主に糖尿病治療の際に用いられる食事方法として有名です。

しかし近年糖尿病治療食としてだけではなく、その減量効果に大きな期待が持てることから『糖質制限ダイエット』という1つのダイエット方法として主流になっているのです。

『糖質』は摂取した際、血糖値の上昇が急激であるというのが特徴で、血糖値が急激に上がることによってそれを抑えようと働く『インスリン』が分泌されます。

『インスリン』には糖分を脂肪細胞に取り込む働きがあるためインスリンが体内で多く分泌されると言うことは血液の中の余った糖分が脂肪に取り込まれ体脂肪となって体内に蓄積されてしまうのです。

これこそが太る原因となっているのです。

この糖質(炭水化物)を制限すると今度は体の中で体を動かすためのエネルギーを補うためにそれまで蓄積された『中性脂肪・体脂肪』を分解して肝臓で『ケトン体』というエネルギー源を生成します。

つまり体内では“糖質が不足しているぞ!体を動かすために余っている脂肪を分解してエネルギー源となるケトン体を作ろう!”となるわけです。

こうして体内に備わっている仕組みが機能することによって体脂肪が分解され減少していき、結果として減量へと繋がっていくのです。

糖質制限ダイエットに甘酒は効果がある?

メカニズムが分かったところで、飲む点滴とされ栄養価が高くダイエット効果も期待されている『甘酒』は糖質制限ダイエットに適したものなのでしょうか?

健康面や美容の観点から考えれば甘酒の摂取はぜひ食生活の中に取り入れたい食材ではありますが、原材料が『お米』であり甘味が強いため糖質そのものを気にする糖質制限をしている人にとっては避けたいと考えます。

さらに麹菌には100種類以上の酵素が含まれていてお米に含まれるデンプンやブドウ糖などは消化吸収されやすい糖類に変化させます。

ここで出てくる『ブドウ糖』には血糖値を上昇させる効果があります、と言うことは先ほどの体の仕組みから考えると糖質制限ダイエットには不向きなのではないかという結論に達してしまいます。

では糖質制限ダイエットをする人が甘酒を摂取すると逆効果であり本当に太ってしまうのでしょうか?

甘酒のアルコールは妊婦や子供・運転には影響ある?

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットで甘酒を摂取する際の注意点は?

“甘酒”といってもじつはその原材料によって大きく2つの種類に分けられます、それは『米麹の甘酒』と『酒粕の甘酒』です、ではそれぞれの概要を見ていきましょう。

米麹の甘酒

まずは米麹の甘酒についてご紹介します。

街の自動販売機や神社などで販売されていることが多いのがこの『米麹の甘酒』です。

蒸したお米に麹菌を散布し米麹にします、その米麹から出る酵素の発酵作用を利用して作られています、発酵した米麹にはほんのりと甘さがあるため、あとから砂糖が足されることはまずありません。

米麹の甘酒は発酵過程の中で微量のアルコールが生じます、しかしそのアルコール度数は1%未満なのでノンアルコール扱いで、加熱すればさらにアルコール成分は飛びますのでお子様でも飲んでいただけます。

酒粕の甘酒

続きましては酒粕の甘酒についてご紹介します。

先ほどの『米麹の甘酒』がノンアルコール扱いでお子さんでも飲める甘酒なら、こちらの酒粕の甘酒は完璧にアルコールが含まれているのでお子さんは飲めない甘酒です。

アルコールで発酵させてできる酒粕と米麹をお湯で溶いて、その後お砂糖を加えて作られています、原材料となっている酒粕には6%から8%ほどのアルコールが含まれており、製造過程の中で生じる加熱である程度のアルコール分が飛び、完成した時には5%ほどになります。

アミノ酸やビタミンB群、食物繊維などが栄養素として多く含まれており、さらにその栄養素の中には『糖質』が含まれています、酒粕の甘酒にはまず製造糧に砂糖が加えられているのでまさに糖質そのものを摂取することになりますので酒粕の甘酒は糖質制限ダイエットをしている方は飲まないほうが賢明です。

糖質制限ダイエットするなら米麹の甘酒?酒粕の甘酒?

米麹の甘酒には砂糖が加えられている心配はありませんが満腹感を感じることができる『ブドウ糖』が含まれているので朝食に置き換えたりするダイエットに向いていると言われています。

しかし先ほども学んだ通り、ブドウ糖には血糖値を上昇させる効果があるので糖質制限ダイエットをしている方には注意が必要になります。

糖質制限ダイエットをされている方が米麹の甘酒を飲む際の最大の注意点は『飲み過ぎないこと』です。

米麹の甘酒には100g当たり約17.9gの糖質量が含まれています、飲みすぎたり飲んだ後に食事をするのであれば飲む量を少なくする、または糖質の多い食事をカットしましょう。

糖質制限ダイエットはカロリーよりも1食当たりの糖質量を主に考慮して太るのか太らないかを判断しますが、カロリーについても調べると米麹の甘酒で100mlあたり約81Kcalあります。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットをしている人も甘酒は飲める!

ダイエット効果や美肌効果を期待できる栄養価の高い飲む点滴・甘酒は糖質制限ダイエットをしている方には不向きなのかを調べてきました。

今回の記事から糖質制限ダイエットの身体のメカニズムを知り、正しい方法で甘酒を摂取するなら糖質制限ダイエットをしている方でも甘酒を楽しむことはできます。

アルコールが含まれていて製造過程に砂糖が加えられる『酒粕の甘酒』は糖質そのものが含まれているので糖質制限ダイエットをしている方には逆効果になる可能性が高いことが分かりました。

逆に『米麹の甘酒』には砂糖などは加えられていませんがお米が原材料なのでブドウ糖が含まれています。

このブドウ糖には血糖値を上昇させる働きがるため、砂糖がそのまま加えられている酒粕の甘酒よりは安心して飲むことはできますが『飲みすぎ』ないように注意しなければなりません。

『飲み過ぎない』ように、そして『米麹の甘酒』であるなら糖質制限ダイエットをしている方でも甘酒を飲むことはできます。

逆効果にならないためにしっかりと注意をしながら『米麹の甘酒』のほのかな甘さを楽しんでみてはいかがでしょうか。

甘酒
スポンサーリンク
zatttg

コメント