Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

エイプリルフールの由来と意味は?午前中しか嘘をついてはいけない理由とは?

生活

4月1日と言えば、エイプリルフールですね。

1年で唯一「堂々と嘘をついていい日」として有名ですが、由来を知っている人は少ないと思います。

また、「午前中しか嘘をついてはダメ」という噂がありますが理由はあるのでしょうか?

この記事を読むと次のことが分かります。
・エイプリルフールの由来
・エイプリルフールの嘘は午前中までしかついてはダメ?
スポンサーリンク

エイプリルフールの由来は?

エイプリルフール」の由来には、説がいくつも存在しています。

・ヨーロッパ説
・インド説
・キリスト説
・ノアの箱舟説
・古代ローマ説

このようにいくつも説があますが、一番有力とされている「ヨーロッパ説」について解説していきます。

起源は中世のヨーロッパとされています。

当時ヨーロッパの新年は3月25日で、4月1日までの1週間は春の祭りを開催していました。

しかし、1564年にフランスのシャルル9世によって新年が1月1日になります。

これに怒った民衆が反発し、4月1日に「嘘の新年」として、バカ騒ぎをし、この反発に怒ったシャルル9世は、民衆を逮捕しました。

この事件にフランス政府がショックを受け、フランス王の抗議として、毎年4月1日を「嘘の新年」として祝うようになりました。

これが「エイプリルフール」の由来とされています。

急に新年が変わったらそりゃ怒りますよね。

しかし、400年以上前からの長い歴史があるイベントとは知らなかったですね。

スポンサーリンク

エイプリルフールの嘘は午前中まで?

嘘は午前中まで」という話を聞いたことありませんか?

これには何か理由があるのでしょうか?

午前中だけとなった理由の起源は、イングランドの国政復古の記念日である「オークアップルデー」とされています。

毎年5月に開催され、国王への忠誠心として、服や帽子に樫(オーク)を身に付けるイベントです。

ただし身に着けるのは「午前中だけ」。午後には外してもいいそうです。

この日はオークを身に付けていないと周りの人々から、相当からかわれたそうです。

このルールが適用され、イングランドでは「嘘は午前中まで」というルールになりました。

それが日本にも伝わったとされています。

しかし世界的にみると、このルールがあるのがイングランドとアイルランドだけです。

本来のルールは、「午前中に嘘をついて午後にネタバラシをする」というものです。

私的には、「午前中だけ嘘をつく」というのは賛成です。

うそをばらすタイミングや嘘を信じてしまっている人のためにも「午前中だけ嘘をつく」を浸透させてほしいものです。

そのほうがまじめな日本人に合ってるような気がします。

スポンサーリンク

まとめ

私は、人をだますためにつく嘘ではなく、面白い嘘なら大歓迎です。

でも、嘘はいつかばれるものです。

家族や友達に楽しい嘘をついて、周りを幸せにできたら最高ですね。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント