Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

汗臭い原因は食べ物や飲み物だった?汗の臭いを抑える食べ物は?

kusai1 生活

夏が近づきじめじめする日が増えてきましたね。

今年はコロナの影響でマスクを手放せないため、汗や菌がこもりやすい状態が続きます。

普段から好んで食べている食べ物や飲み物が、悪臭の原因になっているかもしれません。

・汗の臭いの原因になる食べ物や飲み物
・食べ合わせが臭いの原因に?ダメな食品の組み合わせ
・汗の臭いを抑える食べ物・飲み物
・汗はどうして臭う?原因と予防策!

この記事では、上の項目を紹介します。

汗の臭いを抑える食べ物では、梅干しや海藻などのアルカリ性の食品が効果があることが分かりました。

体臭を防ぐためにも、悪臭を生みだす食べ物や組み合わせ、体臭を予防できる食べ物を理解して取り入れていきましょう。

スポンサーリンク

汗の臭いの原因になる食べ物や飲み物は?

牛肉/豚肉/鶏肉

牛肉/豚肉./鶏肉にはタンパク質と脂質が含まれています。

タンパク質を胃の中で消化吸収するのは大変で、体の中のエネルギーをたくさん使います。

そのため、自然と体温が上がり汗をかきやすい状況になるのです。

汗は元々無臭ですが、菌と触れることで悪臭へと変化しています。

動物性タンパク質は胃の中で消化されると、悪臭の元となるアンモニアと硫化塩素を生みだすため、牛肉/豚肉/鶏肉などお肉中心の食事にならないように注意してみてください。

野菜を多めに食べるように組み合わせると、臭いの元を軽減できますよ。

夏の間だけ、お肉系のタンパク質を控えるのもいいかもしれませんね。

にんにく

ニンニクに含まれるアリシンは口臭や体臭の原因を作る成分で、胃の中で吸収された後は血液に交じって体中に行き渡ります。

長く体に居座る悪臭なので、少ない量を摂取するか、排出を促す飲み物や食べ物を積極的にとってあげてください。

チーズ/牛乳

チーズや牛乳などの動物性脂肪もお肉と同様、胃の中で消化分解する際に悪臭の原因「アンモニア」を生みだします。

さらに、お肉などの動物性タンパク質、チーズや牛乳などの動物性脂質には飽和脂肪酸が含まれており、中性脂肪やコレステロール値に悪さをする作用があります。

飽和脂肪酸にはアンモニアの他にもたくさんの臭い成分を持っているので、体臭対策のため取り過ぎには注意してください。

激辛の食べ物

夏に辛いカレーを食べると美味しく感じますよね。

だけど、辛いカレーや辛い料理を口にすると、男女関係なく汗をかきやすくなるため、体臭が気になる季節は注意が必要です。

香辛料に香りの強いものが含まれていると、にんにく同様、体の中に長くとどまるので食べる組み合わせに注意したり、汗をかいたらこまめに拭き取ってあげてください。

アルコール類の飲みもの

アルコールも胃の中で消化分解される際に臭いの元となる「アセトアルデビド」を生みだし血液に交じって体中に届けられるため、悪臭の原因となります。

肺にも届くので、飲んでいる最中に息も飲んだ後も「お酒臭い」息になりますね。

「自分って汗臭い?」汗臭いかどうかを自分でわかる方法と対策は?

汗臭い人が職場にいて迷惑!相手を傷つけずに伝える5つの方法

スポンサーリンク

食べ合わせが臭いの原因に?ダメな食品の組み合わせは?

焼肉とアルコール

お酒が好きな人は焼き肉に行くと一緒に召し上がりたくなりますよね。

だけど、アルコールも動物性タンパク質のお肉も消化分解の過程で悪臭となる成分を生みだすデメリットがあります。

焼肉のソースにも体臭を強めるニンニクがあり、体臭を悪化させる組み合わせがとても強い料理です。

焼き肉を食べに行くときは、体臭を予防してくれる飲み物と一緒に食べる、にんにくを控える、肉より野菜を多めにとる意識を持って、食事を楽しんでみてください。

韓国風料理

辛いものは汗を促進します。

韓国風料理はキムチやチーズ、辛いものを多く使うので、必然的に体臭を強くする組み合わせです。

ベビーチーズとアルコール

ダイエット中のつまみにしやすいベビーチーズですが、悪臭を生みだす組み合わせになります。

クックパットで豆腐を使った植物性チーズを作れるレシピが色々出ているので、ダイエット中のつまみは簡単に作れる植物性チーズで楽しんでみてください。

洗濯しても汗臭いっ!汗臭い洗濯物や服の臭いの取り方と対策を伝授

スポンサーリンク

汗の臭いを抑える食べ物は?

梅干し/海草類/アルカリ性の食品

悪臭を抑えるには、私たちの体の中をアルカリ性に近づける必要があり、食べ物を胃に吸収することで体内を酸性、アルカリ性のどちらかに変えることができます。

おすすめのアルカリ性食品は「梅干し」です。

梅干しには消臭効果、体臭を抑えるクエン酸が豊富に含まれているため、体臭予防の効果がとても強いです。

緑茶も体の中をアルカリ性に近づける食品なので、体臭予防に梅干し入り緑茶を1杯飲むとより効果的です。

海草類の「めかぶ」や「もずく」には悪臭の原因となる成分をお掃除してくれる「フコダイン」が含まれています。

味噌は体温をあげて血行を促進する調味料なので、味噌汁に海草類を入れて食べるのもおすすめです。

緑黄色野菜/抗酸化食品

抗酸化食品の緑黄色野菜に含まれるビタミンC、ビタミンE、βカロテン、カテキン、ポリフェノールなどの栄養が、体臭予防に働きかけます。

ビタミンは体に留めておくことができず、尿と一緒に排出されてしまいます。

毎日の食事で緑黄色野菜を取れるように意識してみてください。

とくにビタミンCは私たちの体の中で生み出すことができない成分なので、積極的に食事に取り入れてほしいです。

ビタミンCはストレスを緩和させるために使われます。

とくに男性は仕事の成果=自分の価値と認識させられる社会に置かれているため、体臭予防と健康のためにも摂取してほしい栄養です。

加齢臭の改善にも効果的ですよ。

食物繊維が豊富な食品

お肉などの動物性タンパク質、チーズや牛乳などの動物性脂質、アルコールの分解は胃に負担をかけます。

腸内環境が万全でないと悪臭を生みだす成分を外に追い出せないので、食物繊維が豊富な食品を積極的に食べて、胃の中を健康できれいな状態にしておきましょう。

夏に自転車通勤で汗臭い!汗をかかない6つの方法とかいた時の汗対策

スポンサーリンク

汗の臭いを抑える飲み物は?

緑茶

緑茶は体内をアルカリ性に近づける飲み物で、消臭効果を持つカテキン、ポリフェノールを含んでいます。

血行を促進する、ストレスを軽減する効果もあるので、1日1杯を目安に続けてみてください。

ココア

ココアにはタンパク質、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、ミネラル、リグニン(食物繊維)が含まれており、体臭を予防出来る成分が揃っています。

しかも、食物繊維になるリグニンは胃の中をきれいな状態に整えて、悪臭の原因となる成分たちを便と一緒にお掃除する力を持っています。

調整ココアは砂糖を含んでいるため、純ココアを選んでください。

砂糖が入っていなくても、ココアの味を作っているのは食物繊維のリグニンなので、純ココアでも甘さや美味しさが感じられますよ。

スポンサーリンク

汗はどうして臭う?原因と予防策!

汗が臭う原因は?

汗は元々無臭で、菌と交じることで悪臭へと変化していきます。

私たちには、全身にある汗腺と局部やワキにある汗腺の2つが存在します。

全身にある汗腺からでる汗は99%が水でできているため、菌と交じってもそんなに強い悪臭にはなりにくいです。

しかし、局部やワキにある汗腺からでる汗は、タンパク質やアンモニアなどの悪臭に変化しやすい成分を含んでいるため、菌と交じると強い悪臭になってしまいます。

汗が臭う場合の予防策は?

まずは、汗をかいたらこまめに拭き取ってください。

菌と交じる前なら悪臭にならずに防げます。

強い臭いになりやすい局部やワキには汗の分泌を予防出来るクリームやスプレーをつけてあげるといいと思います。

夏になると冷房を活用すると思いますが、汗をかけない状態にしてしまうのも悪臭を引き寄せます。

男性だとすごく暑く感じるかもしれませんが、室温は27度ぐらいがベストです。

夏もシャワーだけですませず、しっかり湯船につかって毛穴の中に残った成分までしっかり洗い流してあげてください。

体を清潔に保つように意識するだけでも、だいぶ汗の臭いを抑えることができますよ。

スポンサーリンク

まとめ

以上が、悪臭を生みだす食べ物や組み合わせ、体臭を予防できる食べ物、汗の臭いの原因と予防策の紹介でした。

夏になるとビールと焼き肉というイメージがありましたが、悪臭を生みだす原因となっていたのですね。

全く食べないというのは寂しいので、お肉の比率を抑えて野菜を多めに取る、毎日取り入れられる方法で腸内環境を整える、消臭効果のある食事を心がけるなど、気をつけてみてください。

これから夏本番を迎えますが、上手に体臭予防を取り入れて食事もレジャーも楽しみましょう。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント