Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【DeNA】開幕スタメン・先発ローテ予想【2020年最新】

スポーツ

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました!

今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。

球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

そこで、気になるのが各球団の今年の戦力ではないでしょうか?

この記事では2020年の横浜DeNAベイスターズ(DeNA)の戦力分析してみました。

DeNAは昨年見事ペナントレース2位の成績でクライマックスシリーズ進出を果たしましたが、ファーストステージで阪神に敗れてしまいました。

雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう? 気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。 ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2019年の成績は?

・ペナントレース→セントラルリーグ2位⇒クライマックスシリーズ1st敗退
・71勝69敗3分 勝率.507

野手投手ともに大きな補強はなくスタートした2019年シーズン、序盤は宮崎の不調によって出遅れましたが、宮崎が復調するとともにソト/ロペス/筒香の強力打線が顕在であるとともに、今永/上茶谷といった先発陣にエスコバー/山崎といったブルペン陣も盤石の働きで優勝争いに絡んでいきました

また若手の選手も投手では大貫や京山・平良、野手でも神里や伊藤裕・佐野が着実に成長し、若手・中堅・助っ人がうまく融合したチームであったといえると思います。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2020年戦力分析

メジャーに移籍した筒香の穴埋めが最大の課題となります。

筒香の穴埋めは新外国人のオースティンと伊藤裕/佐野の両若手が担うと考えられます。

投手については昨年10勝以上が今永だけということで先発に不安もありますが、昨年ブレイクの兆しを見せた京山/平良/大貫/上茶谷に更なる上積みが期待できるので強力なローテションを形成することができると考えられます。

ストーブリーグでの補強は少なかったですが、投手野手共に若手が台頭してきており、現有戦力でも十分優勝争いをすることができると思います。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2020年戦力分析 新戦力

<IN>
・オースティン内野手
・ピープルズ投手
・高城捕手
<OUT>
・田村投手
・中後投手
・西森捕手
・中川内野手
・狩野内野手
・青柳外野手
・綾部投手
・寺田投手
・ソリス投手
・バリオス投手
・大河内野手
・筒香外野手

※育成選手除く

注目はオースティンです。

オースティンには筒香の穴を埋めれるか?という期待がかかります

先日の巨人との練習試合では2本塁打で特に2本目はインコースを詰まりながらうまく回転して打っていたので、今後は落ちる球と逃げる球への対応が見たいところです。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2020年戦力分析 野手

メインの補強はオースティンのみとなります。しかし打撃陣については神里/宮崎/ソト/ロペスと中軸は確定しているので問題はないと思います。

この上位陣の後を打つであろう佐野/伊藤裕といった選手がポイントゲッターとして打点を稼ぐことができるとより怖い打線になると思います。 注目ポイントは下記2点です。

①外国人枠/ポジション

来期DeNAはロペス/ソト/オースティン/ピープルズ/エスコバー/パットンと計算できる外国人を6人も構える陣容であるということです。

エスコバーのコンディション不良が報道されましたので開幕は野手3 投手1(パットン)の陣容になるとは思いますが、エスコバーが戻ってきたときに野手を1人減らすか?その場合誰を2軍に落とすか?というところが非常にポイントになると思います。

②佐野/伊藤裕の台頭

①との兼ね合いで外国人野手が2人となった場合には佐野/伊藤裕の両方が起用される可能性も高く、その場合56番を任される可能性があります。

ここで外国人枠の影響を感じさせない活躍ができるかどうかが編成上においても非常に重要になると考えられます。

◆関連記事:【セリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2020年戦力分析 投手

開幕ローテーション

・◎今永
・◎上茶谷

・◎濱口
・〇平良

・△大貫
・△京山
・△(怪我)
・△ピープルズ
・△井納

※赤色:左投手

先発ローテーションの枠はドラフト1位組の3人は当確だと考えています。 平良も昨年の後半の活躍を考えると有力であると思います。

本来はここに東も当確でよかったと思いますが、怪我の情報がありましたので残りの2枠を△のメンバーで争うと考えられます。

ピープルズに関しては前述のとおり外国人枠の問題でなかなか難しいと思います。

昨年後半の働きから考えると京山投手が一歩後退、井納/大貫投手が現状では優勢かと考えます。

また、左が2枚ということで昨年先発中継ぎ両方で活躍した石田のローテーション入りも十分考えられますが、エスコバーが離脱している状況ですので開幕時点では石田は中継ぎとして計算されるのではないかと考えます。

中継ぎ

・◎ 三嶋
・◎ パットン
・◎ 国吉
・◎ 石田
エスコバー(怪我)

・△ 藤岡
・△ 砂田
・△ 武藤

※赤色:左投手

中継ぎ陣に関しては昨年とほとんど同じメンバーになると思います。

ただ、絶対的な枚数は多くなく勝ちパターンの投手が負け試合でも投げることが多い為、さらに斎藤/笠井/中川/櫻井あたりがロングリリーフをこなしながら、イニングが稼げるようになるとより盤石になると思われます。

また、昨年セリーグで一番投げたエスコバーが戦列を離れてしまったので、このポジションを石田が担えるかどうかが序盤戦のポイントになると考えられます。

抑え

・◎山崎

抑えに関しては山崎以外に候補がいません

日本代表としても抜群の活躍をし、日本を代表するストッパーでもあるので今シーズンも期待通りの活躍をすると考えられます。

◆関連記事:【セリーグ】投手力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ(DeNA)2020年戦力分析 開幕スタメン予想

打順 選手名 ポジション
1 神里 中堅手
2 宮崎 二塁手
3 ソト 一塁手
4 ロペス 一塁手
5 オースティン 右翼手
6 佐野 左翼手
7 伊藤光 捕手
8 大和 遊撃手
9 今永 投手

外国人枠の兼ね合いはありますが、エスコバーの離脱がありましたので開幕は野手3投手1(パットン)で間違いないと思います。

ポイントは佐野と伊藤裕のどちらがスタメンに入るかだと思います。

伊藤裕になった場合は伊藤がセカンド、ソトが外野に回る形かと思います。 どちらが入ったにせよ強力打線に間違いなく、他にも桑原や梶谷の控える打線は盤石です。

開幕投手の今永も盤石で、筒香が抜けた今季も優勝候補に間違いはないでしょう。

しいて課題を挙げるとすると走れる選手がスタメンに神里ぐらいしかいないこと、ソトがセカンドを守る場合の守備力にあると思います。

◆関連記事:2020年プロ野球【セリーグ】順位予想!

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ(DeNA)2020年戦力分析 総合力

総合力 ※一番良い評価をAとしています。

総合力 B
打撃力 A
守備力 B
走力 C
投手力 B

◆関連記事:【セリーグ】戦力分析と順位予想【2020年最新】

スポンサーリンク

いつでもDeNAベイスターズの試合を見たい方へ

『DAZN』なら、テレビ・スマホ・パソコンで、いつでもDeNAベイスターズの試合を見ることができます。

しかも、野球・サッカー・バスケ・テニスなど130以上のスポーツコンテンツが、年間10,000試合以上見放題!

今なら1ヶ月無料。もちろん無料期間中に退会可能です!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント