Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バーベキュー煙対策はアルミホイルで!自宅の庭やベランダで煙を出さずにBBQをする方法!

バーベキュー煙対策はアルミホイルで!自宅の庭やベランダで煙を出さずにBBQをする方法! アウトドア
スポンサーリンク

この記事では、バーベキュー煙対策はアルミホイルで!自宅の庭やベランダで煙を出さずにBBQをする方法!と題してお送りします。

天気の良い日に、自宅の庭やベランダでBBQをやりたいという人も多いですよね!

しかし気になるのが、ご近所トラブルです。

自宅の庭やベランダでバーベキューをやること自体は問題ないのですが、何も考えずに楽しんでいると、思わぬ騒動に発展してしまうおそれもあります。

なかでも、特に問題になるのが煙です。

一番いいのが、匂いを出さずにバーベキューする事ですが、そのためには煙を出さないことが一番大事です。

そのためには、ベーベキューをするときにアルミホイルを引いたり、煙の出にくい炭を使ったり、溶岩プレートで調理するなどの工夫が必要です。

そこでこの記事では、庭やベランダでバーベキューをするときの煙対策として、アルミホイルや溶岩プレートを使うなどの煙を出さない方法、煙を出さずにバーベキューする食材の選び方や調理方法を紹介します。

近所迷惑にならないように煙対策をして、自宅の庭やベランダでBBQを楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

庭でバーベキュー煙対策はアルミホイルで!

バーベキューで使用する網、コンロ、炭などを工夫することで、煙を減らすことができます。

煙が減れば臭いも減るので、これから紹介する方法を是非試してみてください。

一番簡単なのはアルミホイルを引く方法です。

 

溶岩プレートを使用する

溶岩プレートには小さな穴が無数に開いており、そこから油を吸ってくれます。

そのおかげで油が火に当たらず、ほとんど煙が発生しません

関連記事:バーベキューの煙対策は溶岩プレートで決まり!

 

鉄板やアルミホイルを使用する

上で紹介したとおり、油が炭に落ちると煙が出ます。

そこで、網ではなく鉄板を使用して焼く、というのが一番簡単な解決策です

おすすめの鉄板は以下の2点です。

とはいえ、網で焼かないと、バーベキューとしては面白くないという考えもありますよね。そこでおすすめなのは、アルミホイルを使用するという方法です。

ウインナーのような油のでないものは網で、そうでないものを焼くときはアルミホイルを敷いてその上で焼くといいですよ。

大きめの網を用意して、一角にはあらかじめアルミホイルを敷いておきましょう

こうすることで、煙が防げるだけでなく、終わったあとに網を洗うのもかなり楽になりますよ! 

 

炭を工夫する

炭にも、煙が出やすいものとそうでないものがあります。

安い炭は、総じて煙が出やすいです。

煙が出ない炭としては、なら炭がおすすめです。トラブルを防ぐための投資と思って、少し奮発しましょう。

 

無煙バーベキューコンロを使用する

すべての問題を解決してくれる、そんな素晴らしい商品もあります。

それが無煙バーベキューコンロです。

ただ、小さいというのが難点です。友達をたくさん呼んで、みんなでワイワイやりたいときには向かないかもしれません。

大人数のときは、通常のバーベキューコンロと、こうしたコンロを併用するのがおすすめです。

煙が出やすい食材のときは無煙コンロで、そうでもないときは通常の網やアルミホイルで焼くと良いと思います

 

スポンサーリンク

自宅の庭やベランダでバーベキュー!煙を出さずにBBQをする方法!

まず知っておいて欲しいのは、煙が出る原因です。

バーベキューの場合、炭で火を起こして、その上で肉を焼きますよね。このとき、油が炭の上に落ちることで、煙が出るのです。

そのため、油が落ちないように工夫すれば、煙の量を減らすことができます。

食材を選ぶとき、実際に焼くときは下のポイントに注意しましょう。

 

脂の多い肉は避ける

脂が多い肉は、焼いているうちに網目から下に脂が落ちて煙を発生させます

ホルモンや豚トロなど、特に多いですよね。

ですので、バーベキューで焼くのは、脂が少なめの肉やウインナーなどにしましょう

脂が多い肉を食べたいときは、それだけ家のコンロで焼いてから、外で食べれば問題ないです。それだとつまらないという場合は、下で紹介する、アルミホイルや鉄板を使用しましょう。

 

肉にタレを付けてから焼くのは避ける

タレにも油分が含まれるので、これが炭の上に落ちることも煙の原因になります

タレは、焼いてから付けて食べる、というのが鉄則です。どうしてもタレ付きの肉を食べたいときは、こちらも家で焼くか、アルミホイル等を使用しましょう。

 

>>>焼き肉用のお肉ならこちらがおすすめ<<<

お肉の通販サイト【ミートガイ】をご存知ですか?

創業は1997年。バーベキュー用やステーキ用などのあらゆるお肉が揃っています。しかも、チーズケーキやブラウニーなどの食後の絶品スイーツもあります。

家族で楽しめる3人~4人のバーベキューセットは、3560円~とかなりお得になっています。

朝12時までに注文すると当日発送、しかもゴールデンウィークも毎日営業しています

外出できない今こそ家族でバーベキューを楽しみましょう!

スーパーでは手に入らないユニークなお肉が、500種類【ミートガイ】

 

火が強くなりすぎないように注意する

そもそも火力がそこまで強くなければ、煙は減ります

炭の火力に常に注意を払って、できるだけ火を弱めておくようにしましょう。じっくり焼いて食べるのがポイントです。

 

スポンサーリンク

バーベキュー煙対策はアルミホイルで!自宅やベランダで煙を出さずにBBQをする方法!まとめ

この記事では、バーベキュー煙対策はアルミホイルで!自宅の庭やベランダで煙を出さずにBBQをする方法!と題してお送りしてきました。

庭やベランダでバーベキューをするときの煙対策として、アルミホイルや溶岩プレートを使うなどの煙を出さない方法、煙を出さずにバーベキューする食材の選び方や調理方法を紹介してきました。

煙対策の一番手軽な方法は、アルミホイルを引くことですね。

アルミホイルを引いて調理することで煙を出さずに調理ができ、後片づけもかなり楽になりますよ。

せっかくのバーベキュー、心から楽しむためにも、煙対策は万全にしてご近所トラブルは避けたいですよね。

万全の準備を整えて、庭でのバーベキューを堪能しましょう!

アウトドア
スポンサーリンク
ats blog

コメント