Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

庭でバーベキュー!ホットプレートを使うときの注意点やポイントは?

アウトドア

天気の良い日は、自宅の庭やベランダでバーベキューも良いですよね!

しかし、大変なのは後片付けです。そこで、手入れが簡単なホットプレートを使ってバーベキューをしようと考える人もいると思います。

とはいえ、ご近所の目もあるし、本当に大丈夫なのか…そんな心配を抱えている人のために、ここではホットプレートのバーベキューについて解説します。

気兼ねなく楽しめる家でのバーベキューを、思いっきり満喫してくださいね!

スポンサーリンク

ホットプレートでバーベキューはOK

結論から言えば、ホットプレートを使用してバーベキューを楽しむことは、まったく問題ないです。

ホットプレートは、炭を使ってバーベキューするよりはるかに近所への迷惑が少ないです。炭だと、その上に油が落ちて煙が出ることが多いですよね。

でもホットプレートならそんな心配はいらないので、むしろ自宅でのバーベキューにはおすすめです。

もちろん、煙は出なくても、匂いは出ます。ただ、キッチンで換気扇を回しながら料理したとしても匂いは出るので、そこまで気にすることはないでしょう。

隣家が近くて気になるという場合は、扇風機等で風向きを調節するという方法もありますよ!

また、友達を呼んで、大人数でのバーベキューを考えている場合は、あらかじめご近所に挨拶しておいても良いかもしれません。

バーベキューをする日時と、煙や匂い・騒音には注意するけれど、何かあったら言って欲しいという旨を伝えておけば、よほどのことをしない限り大丈夫でしょう。

挨拶はやりすぎかもと思う人は、バーベキューが終わってから、「ご迷惑でなかったですか?」とさりげなくフォローするという手もあります。

どこかでご近所の方にばったり会ったら、それとなく謝っておきましょう。

>>子供も喜ぶバーベキューの変わり種食材を紹介!

スポンサーリンク

ホットプレートでバーベキューをするときのポイント!

では、バーベキューを楽しむ際に、注意したいことや工夫できそうな点などを確認しておきましょう。

BBQ用ではなく焼肉用の肉を用意する

ホットプレートの火力を考えると当然のことですが、炭で焼くような肉を買ってしまうとなかなか焼けないです。

肉は、焼肉用や、薄めに切ったものを用意しましょう。屋外での焼肉パーティーのような雰囲気になりますね。

どうしても大きなものを焼きたいときは、あらかじめ家の中で調理しておいて、ホットプレートで温めて出す、というのが良いです。

ホットプレートでなくてはできない料理に挑戦しよう!

 とはいえ、せっかくホットプレートを使うわけなので、ちょっと凝った料理に挑戦してみましょう。

網だと油が垂れることや、下に食材が落ちてしまうこと、すぐ焦げることなどを気にしてしまいますが、ホットプレートだったら安心です。

たとえばチャーハンとかタコライスとか焼きそばとか、そういった炒めものが出せるのもホットプレートならではと言えますね!イカなどの魚介類やエリンギ等のキノコも、オリーブオイルや塩で味付けしてから焼けます。

さらに、お好み焼きや餃子はもちろんのこと、買ってきた生地に具材を乗せて焼けばピザもできますし、チーズフォンデュなんかも作れます。

豪快なお肉がない代わりに、ちょっとオシャレなランチを楽しんでみましょう!

チーズフォンデュの作り方(34人分)
1.耐熱皿にとろけるチーズ(250280g)を入れ、コーンスターチ(小さじ2)をまぶす。そこに牛乳(100ml)を加えて、レンジで2分ほど加熱し溶かす。
2.耐熱皿ごとホットプレートに乗せて、チーズを溶かす。
3.耐熱皿の周辺に食材を並べて、完成!
出典:簡単♪ホットプレートdeチーズフォンデュ【クックパッド】

コンセントの配置に注意

ホットプレート最大の弱点が、電源が必要という点です。家から引っ張ってくるときは、配置にじゅうぶん注意してください。

お酒を飲みながら楽しんでいると、そのうち誰かが引っかかりかねません。人が通らない位置に配線するというのが基本です。

>>子連れでバーベキューするときの持ち物や遊び道具を紹介!

スポンサーリンク

バーベキューに最適なホットプレート

屋外でのバーベキューにも使いやすい、便利なホットプレートと、その他庭でのバーベキューに適したコンロを紹介します。

これから購入を考えている人は、参考にしてくださいね!

平面プレートと波型プレートが付いて9000円前後(20196月現在)と、さほど高価でないところが嬉しいですね!もちろん、焼肉も炒めものも楽しめます。

ホットプレートでも豪快にバーベキューができます!遠赤土鍋コーティングで食材が美味しく焼き上がります。コードが3mあるというのも、地味にありがたい点です。

たこ焼きプレートも付いていて、楽しめそうですね!

コンセントの煩わしさをなくすなら、カセットコンロが最適です。

こちらはプレートが大きめで、バーベキューにピッタリです。五徳付きで、カセットコンロとしても使えます。

焼いたそばから煙を吸い込んでくれる、無煙グリルです。これなら、ご近所への煙の心配はいらなくなりますね!

付属レシピでは、サムギョプサルやハンバーガーの作り方も紹介しています。

>>庭でバーベキューをするときの煙対策は?

スポンサーリンク

まとめ

家だからこそ満喫できる、気軽なバーベキュー。ホットプレートを活用して、楽しんでくださいね!

ただ、盛り上がりすぎには要注意です。お酒が入ってくると、声が大きくなりがちです。煙や匂いに万全の注意を払っても、「うるさい!」とクレームをつけられたら台無しですよね。

マナーを守って、大いに遊びましょう!

アウトドア
スポンサーリンク
zatttg

コメント