Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【オリックス】開幕スタメン・先発ローテ予想【2020年最新】

スポーツ

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました!

今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。

球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

そこで、気になるのが各球団の今年の戦力ではないでしょうか?

この記事では2020年のオリックスバファローズ(オリックス)の戦力分析してみました。

オリックスは2020年は残念ながらシーズン6位に沈んでしまいました。

雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう?

気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

オリックスバファローズ2019年の成績は?

・ペナントレース→パシフィックリーグ6位
・61勝75敗7分 勝率.449

西村監督を新たに監督に迎えた2019年シーズン。

エース格であった西がFAで阪神に移籍、さらには金子も日本ハムに移籍して投手野手共に不安の残る開幕となりました。

投手陣については山本/山岡がそれぞれエース級の活躍をし、中継ぎ陣も近藤や増井、海田を中心に健闘はしましたが、やはり層の薄さが顕著に現れました。

野手においても吉田を中心にルーキーの中川が活躍をしましたが、2018年活躍したマレーロ/ロメロの両外国人や復調が待たれるT-岡田の低迷など、長打力に期待のかかる選手が低調な成績に終わったことで、相手から見て怖さの欠ける打線となってしまいました。

チーム成績もシーズン開幕から最下位に沈み、終盤一時期5位に順位を上げることもありましたが、結果も最下位と非常に厳しいシーズンとなりました。

スポンサーリンク

オリックスバファローズ2020年戦力分析

2020年の注目は野手ではジョーンズ、投手では田嶋です。

オリックスの現状の課題は野手であれば吉田ともう一人軸となる選手の不在です。

ジョーンズはメジャーでの実績は抜群です。ただしジョーンズが率を残せるだけではなく、最低でも25本塁打以上放ち、長打のある主軸として活躍できるかが肝です。

投手では山本/山岡に次ぐ先発の不在が課題です。

昨年の後半に榊原はある程度目途が立ちましたが、やはりポテンシャルの高さを考えると田嶋に出てきてもらいたいところです。

田嶋が10勝弱できると先発陣に厚みがでます

スポンサーリンク

オリックスバファローズ2020年戦力分析 新戦力

<IN>
・ジョーンズ外野手
・ヒギンズ投手
・ロドリゲス内野手
<OUT>
・岸田投手
・成瀬投手
・岩本投手
・青山投手
・高城捕手
・宮崎外野手
・鈴木内野手
・エップラー投手
・ロメロ外野手
・マレーロ内野手
・メネセス内野手
※育成選手除く

今オフ最大の補強はジョーンズです。

メジャーでも1000安打以上200本塁打以上と球団史上メジャーで最も実績のある選手です。35歳ということで衰えも見えますが、守備でも過去にはゴールデングラブ賞を獲得するなど一定の活躍をすると思います。

実績のある選手で言えば、楽天にいたアンドリュージョーンズのように吉田の前後で活躍してくれれば、打線に厚みが出ると思います、

スポンサーリンク

オリックスバファローズ2020年戦力分析 野手

吉田を中心に外国人選手がどれだけマークを分散させられるかが重要です。

その中でも注目ポイントは下記2点です。

①外国人選手の活躍

2020年は吉田を中心として前後をジョーンズ・モヤ・ロドリゲスが固める布陣になると思います。

3人の外国人選手が期待通りの活躍をすれば、吉田のマークも分散し、ポテンシャル的には3冠王も狙えるような成績が残せるのではないこと思います。

②1番の固定

昨年は1番打者を福田や宗/小田など使いましたが固定できませんでした。

筆者としては足のある福田が出塁率を3割5分を超えてくるレベルまで持ってきて、1番として固定ができれば、そのあとに控える吉田、助っ人勢の打点がもっと増えてくるのではないかと思います。

③T-岡田の復調

オリックスには若手の台頭ももちろん必要ですが、やはり和製大砲としてT-岡田には復調してもらいたいです。

まだ31歳と老け込む歳ではないですし、T-岡田が7番ぐらいで25本塁打ほど打ってくれると強力な打線が形成できます

◆関連記事:【パリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

オリックスバファローズ2020年戦力分析 投手

開幕ローテーション

・◎山岡
・◎山本
・〇榊原
・△田嶋
・△アルバース
・△K-鈴木

・△張
・△荒西
・△竹安
・△ディクソン

※赤色:左投手

先発ローテーション山岡・山本のエース2枚は確定です。

もちろん打線との兼ね合いはありますが、2人には最低でも13勝以上はしてほしいところです。

エース2枚がしっかりしているので注目のポイントは残り4枠をいかに埋めるかです。

期待するのは榊原/田嶋の両若手です。

榊原に関しては昨年覚醒の兆しを見たので今季は更なる飛躍を、田嶋に関してはルーキーの頃から10勝はできる力を持っていますので、今季はこれまでと違い打線も多少の期待ができるので、これまでの1点も与えてはいけないではなくある程度楽に投げることで結果につながってくるのではないかとおもいます。

筆者としてはそのあとの枠に昨年は抑えもしていたディクソンを戻してもいいのではないかと思っています

中継ぎは海田や近藤/吉田など若手も出てきていますし、先発がどうしても手薄なのでディクソンを戻す、もしくはショートスターターを展開していくなどが必要かと思います。

中継ぎ

・◎近藤
・◎海田
・〇山田
・◯吉田

・◯比嘉
・△澤田
・△東明
・△ディクソン

※赤色:左投手

軸となるのは近藤 海田あたりだと思います。

〇まではほとんど確定だと思いますが、総じて昨年の防御率が3点以上なのでせめて2点台後半ぐらいでは投げてほしいところです。

期待を込めて東明を入れましたが、東明にはロングリリーフから先発ローテション入りを目指すような活躍をしてもらいたいところです。

抑え

・◎増井
・△ディクソン

※赤色:左投手

抑えは間違いなく増井だと思います。

筆者個人的にはオリックスはどうしても先発の薄さに難がありそうなので、日本ハム時代と同様に増井の先発/もしくはディクソンの先発を期待したいです。

FA時の条件にもありそうですので増井の先発の線は薄いかもしれませんが。

◆関連記事:【パリーグ】投手力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

オリックスバファローズ2020年戦力分析 開幕スタメン予想

打順 選手名 ポジション
1 福田 二塁手
2 中川 三塁手
3 ジョーンズ 右翼手
4 吉田 左翼手
5 モヤ 指名打者
6 T-岡田 一塁手
7 中堅手
8 若月 捕手
9 安達 遊撃手

本来一塁はロドリゲスかと思いますが、故障のニュースがありましたので期待も込めてT-岡田を据えたいと思います。

ジョーンズ/吉田も逆の可能性もありますが、吉田中心のチームということを表現したいのであえて吉田を4番にしました。

最もポジション争いがあるのはセンターだと思います。

ここには宗/西浦/小田などが候補に挙がると思いますが、パンチ力/走力などスケールの大きさを考えて宗を抜擢したいと思います。

◆関連記事:2020年プロ野球【パリーグ】順位予想!

スポンサーリンク

オリックスバファローズ2020年戦力分析 総合力

※一番良い評価をAとしています。

総合力 C
打撃力 B
守備力 B
走力 C
投手力 B

◆関連記事:【パリーグ】戦力分析と順位予想【2020年最新】

スポンサーリンク

いつでもオリックスバファローズの試合を見たい方へ

『DAZN』なら、テレビ・スマホ・パソコンで、いつでもオリックスバファローズの試合を見ることができます。

しかも、野球・サッカー・バスケ・テニスなど130以上のスポーツコンテンツが、年間10,000試合以上見放題!

今なら1ヶ月無料。もちろん無料期間中に退会可能です!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント