Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キャンプのサイトとは?区画サイトとフリーサイトどちらが良い?

アウトドア

キャンプ場でテントを張ってもよい場所を「テントサイト」と呼びます。

テントサイトには大きく分けて「区画サイト」と「フリーサイト」の2種類あります。

キャンプ場にもよりますが、片方しかない場合もあります。

サイト選びにお役に立てるようにキャンプサイトの特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク

区画サイト

区画サイトとは利用者毎にテント張る場所が決められてあるサイトのことです。

8m×8mから10m×10mの大きさのキャンプ場が多く隣のサイトとは石や植木で区切られています。

キャンプ場によっては、「個別サイト」という場合もあります。

また、「管理場の近く」とか「海側」などの場所指定をするのは難しく当日まで分からないこともあります。

キャンプ場によっては、希望を聞いてもらえる場合もあるので一度問い合わせをしてみたほうがいいですね。

それでは、特徴を検証していきましょう。

良い点

・場所が確保されているため、チェックインの時間を気にせず好きな時間に行ける。
・他の人を気にせず自分たちのペースで過ごせる。
・「AC電源」が使える場合があり、スマホの充電やホットプレートを使用できるとても便利。
・炊事場完備のキャンプ場もあり共用スペースまで移動しなくても良い。
・車をサイトの隣に持ってこられるため荷物の出し入れが楽。

悪い点

・隣のサイトと近い場合があり、プライベートな感じがしない。
・区画の中に木などの障害物があることがある場合はサイトレイアウトが大変。
・フリーサイトと比べると料金が高め。
・解放感があまりない。

スポンサーリンク

フリーサイト

区画サイトとは違い、テントやタープを張る場所の制限がないのでどこでもテントを張れます。

しかし、景色の場所や人気のある場所は早めに埋まる傾向があります。

グループキャンプといわれる人数が多いキャンプをしている場合が多いです。

それでは、特徴を検証していきましょう。

良い点

・好きな場所にテントを設営できる。
・他のグループと離れた場所でキャンプできる。
・区画サイトと違い広々としているので圧迫感がない。
・区画サイトと比べると料金が安い。

悪い点

・人気の場所から取られていくので、チェックイン時間に行かないと良い場所が取れない。
・車を近くまで持ってこられない事が多く荷物の出し入れが大変。
・大人数のキャンパーの近くだと賑やか。

スポンサーリンク

その他のサイト

キャラバンサイト

キャンピングカーが横付けできるサイトで、一般的に「区画サイト」よりも大きい場所です。

ドッグフリーサイト

サイトの周りが柵で囲まれていて、犬をリード無しで遊ばせることができるサイトです。

「ドッグランサイト」とも呼ばれます。

スポンサーリンク

まとめ

キャンプサイトについてまとめました。

初心者の人は自分たちのペースで行動できる「区画サイト」がおすすめです。

ただ、フリースペースの解放感も捨てがたいものがあります。

また、キャンプ場によって呼び方が違ったり、その場所にしか無い珍しいサイトもあるので探してみるのも面白いですよ。

家族で話し合って快適なキャンプを楽しみましょう。

アウトドア
スポンサーリンク
ats blog

コメント