Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【プロ野球・セリーグ】2020年チーム別攻撃力分析&ランキング

スポーツ

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました!

今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。

球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

ところで、2020年のセリーグ各チームの戦力はどうなのでしょうか?

ひいきのチームが「今年は優勝できるかな?」「Aクラスに入れるかな?」とワクワクしている方も多いと思います。

そこでこの記事では、セリーグ各チームの攻撃力(打撃力)に特化して、分析&ランキングしました。

今年のセリーグは、あまり大きな補強やトレードもなかったため大混戦になると予想しています。

ぜひ、各チームの攻撃力から自分なりのペナントレースの順位予想をしてみてください!

スポンサーリンク

セリーグ攻撃力分析 読売ジャイアンツ(巨人)【2020年最新】

打撃力:A

国内での大きな補強がなかったシーズンですが、元々中軸がしっかり固まっているチームなので野手陣は大きな怪我等なければ昨年同様期待できます。

注目ポイントは下記3点です。

  • ①1番.5番バッターの復帰・固定(吉川尚、パーラ)
  • ②中堅野手陣の覚醒、スタメン定着(大城、重信、田中俊、山本、増田、石川、若林、)
  • ③若手のブレイク(山下、北村)

①が序盤の鍵になるのは間違いないでしょう。ここで躓くと昨年同様、再編を迫られる事になります。

②は期待も込めて7名挙げましたが、この中から岡本のようなレギュラー定着出来る選手が出てくると今後の常勝チームへの足がかりになりそうです。坂本のコンバート、代打の切り札として亀井を使う、等のオプションを使えるかはこの選手たちの活躍にかかっています。

③の注目株は昨年の2軍首位打者、山下です。シェアな打撃には定評があり、今シーズンは東京ドームで観れる機会も増えてくるでしょう。

◆関連記事:【巨人】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ攻撃力分析 横浜DeNAベイスターズ【2020年最新】

打撃力:A

メインの補強はオースティンのみとなります。しかし打撃陣については神里/宮崎/ソト/ロペスと中軸は確定しているので問題はないと思います。

この上位陣の後を打つであろう佐野/伊藤裕といった選手がポイントゲッターとして打点を稼ぐことができるとより怖い打線になると思います。 注目ポイントは下記2点です。

  • ①外国人枠/ポジション
  • ②佐野/伊藤裕の台頭

①については来期DeNAはロペス/ソト/オースティン/ピープルズ/エスコバー/パットンと計算できる外国人を6人も構える陣容であるということです。

エスコバーのコンディション不良が報道されましたので開幕は野手3 投手1(パットン)の陣容になるとは思いますが、エスコバーが戻ってきたときに野手を1人減らすか?その場合誰を2軍に落とすか?というところが非常にポイントになると思います。

②については①との兼ね合いで外国人野手が2人となった場合には佐野/伊藤裕の両方が起用される可能性も高く、その場合56番を任される可能性があります。

ここで外国人枠の影響を感じさせない活躍ができるかどうかが編成上においても非常に重要になると考えられます。

◆関連記事:【DeNA】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ攻撃力分析 阪神タイガース【2020年最新】

打撃力:C

外国人の選手の補強が中心であり、外国人枠の問題もあるので2019年からの大きな成績向上は難しいという印象です。既存戦力の底上げが大きなカギを握ると思います。

注目ポイントは下記3点です。

  • ①4番バッターの固定(ボーア/大山)
  • ②糸井/福留を脅かす外野手の台頭(高山・伊藤・中谷)
  • ③外国人選手のポジション

①が序盤の鍵になるのは間違いないでしょう。

開幕時はボーアが担うと思いますが、日本野球の対応に躓いたときに大山になるかそれともサンズ/マルテといった外国人か、いずれにしても3番/5番を糸井/福留の勝負強いベテランが張ると思われる現状では4番の固定と活躍が大きなカギを握ると思います。

②は糸井/福留の休養日にいかに活躍をし、レギュラーを取るかということがポイントです。

この2名の休養日にサンズを使い、外国人枠を1つ使うようなことがあると投手陣にしわ寄せが来るので、記載した3名が中心となってレギュラーを奪取するような活躍が必要です。

③についてはボーア/マルテ/サンズの全員がファーストを守ることについてどうするかです。

特にレギュラーが現状確定していそうなボーア選手はファーストか守れないので、他2名についてどう配置するか、投手枠との兼ね合いも含め注目です。

◆関連記事:【阪神】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ攻撃力分析 広島カープ【2020年最新】

打撃力:B

大きな補強はありませんでしたが、鈴木を中心に軸はしっかりしている印象です。

注目ポイントは下記3点です。

  • ①ショートのポジション争い(田中・小園)
  • ②3番の固定
  • ③外国人枠争い

①は昨年から繰り広げられているポジション争いが注目です。菊池のメジャー挑戦に伴ってどちらかがセカンドにということも考えられましたが、結果として菊池の残留によってポジション争いが激しく繰り広げられます。

本来であれば田中・小園のどちらかが1番で固定ということが理想ですが、田中の昨年の不調、小園の経験不足を考えると8番になると思います。

このショートの選手の打撃成績が大きく打線に影響を与えると思います。

②はおそらく西川選手になると思います。

しかし、前述のショートの選手や野間が1番として機能しなかった場合、西川1番でメヒアやピレラの3番があり得ます。

しかしこうなった場合5番に會澤となってしまい、本来は6番以降にポイントゲッターとしておいておきたかった選手を繰り上げるので下位打線の厚みに不安があります。

③については筆者としてはシーズンを通しては野手1投手3になると考えています。

また、この外国人野手は鈴木の後の5番を打つことになると思うので非常に重要です。

ピレラはユーティリティですが、広島にはユーティリティプレイヤーが多いので、個人的には一発の期待のあるメヒアを推したいと思います。

 

◆関連記事:【広島】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ攻撃力分析 中日ドラゴンズ【2020年最新】

打撃力:B

打撃陣に関しては中堅選手を中心に切れ目のない打線という印象です。 注目ポイントは下記2点です。

  • ①根尾の台頭
  • ②高橋周平の長打

①については全ドラゴンズファンが期待している根尾が2020年にどれだけ台頭してくるかというポイントです。

現在の中日は複数ポジションを守れる選手が多いので、根尾は福田/高橋/阿部の3人が不調に陥った際にチャンスがあるので今季中に必ず出番が来ると思っています。 そこで結果を残してレギュラーを獲得できるかどうかが非常に注目です。

②については高橋は昨年ようやく開花しましたが、本塁打が7本と非常に迫力不足だった印象です。

高橋に長打がついてこれば、高橋5番 平田1番というかなりインパクトのある打線が完成するので今季は高橋が15本塁打程度打てるかどうかというポイントに注目です。

 

◆関連記事:【中日】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ攻撃力分析 ヤクルトスワローズ【2020年最新】

打撃力:B

メインの補強がエスコバーのみと不安は残ります。 ただし打撃陣については山田・村上・青木と軸はしっかりしているので5番・6番のポイントゲッターとしてエスコバーが機能するかどうかがカギになってくると思います。

注目ポイントは下記3点です。

  • ①5番バッターの固定(エスコバー)
  • ②バレンティンの後釜(塩見)
  • ③村上の覚醒

①についてはエスコバーが守備型の選手で打撃に関しては正直なところ未知数というところで注目ポイントとしています。

同じく守備型という触れ込みでNPBにやってきたクルーズ選手のように2割8分 20本 80打点が狙えるような活躍をすればポイントゲッターとして十分機能すると思います。

②についてはバレンティン選手の長打力をカバーするのは不可能ですので、足と守備があり、小力もある選手として塩見の活躍に期待です。

塩見が1番で機能すればそのあとの青木・山田・村上と強力打線を形成できます。

③については昨年すでに覚醒していますが、村上選手が打率を上げることができるかが重要です。

バレンティン選手の分も打点を稼がなくてはなりませんので、昨年のようなホームランor三振ではなく打率/打点をもっと稼げるようになるかが注目ポイントです。

 

◆関連記事:【ヤクルト】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ攻撃力ランキング【2020年最新】

以上の各球団の攻撃力分析の結果から、ランキングは以下の様になります。

順位 球団
1位 巨人
2位 DeNA
3位 ヤクルト
4位 広島
5位 中日
6位 阪神

◆関連記事:【セリーグ】戦力分析と順位予想【2020年最新】

◆関連記事:【セリーグ】投手力力分析&ランキング【2020年最新】

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント