Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【セリーグ】プロ野球!戦力分析と順位予想【2020年最新】

riseisya スポーツ

プロ野球の開幕が近づいてきました。

プロ野球ファンにとっては待ちに待った季節がやってきましたね。しかし、新型コロナウイルスの影響でプロ野球の開幕戦が延期されてしまいました。

現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

早く開幕戦が行われることを期待して、2020年セリーグ各球団の今年の戦力分析とペナントレースの順位予想をしました。

今年のセリーグは、大混戦になると予想しています。

2020年のプロ野球開幕を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

セリーグ戦力分析 読売ジャイアンツ(巨人)【2020年最新】

2020年の巨人は、国内FA市場で選手を獲得出来ず、例年に比べ落ち着いたストーブリーグとなりました。

昨年からの大きな変更点は、エース級の働きをしていた山口俊投手のメジャー移籍です。ローテーションの中心に穴が空くので、その穴を誰が埋めるか、ここが最大の焦点になります。

筆頭は新外国人のサンチェスですが、若手〜中堅投手で穴を埋められるような事があれば、今年もペナントレースの上位争いする可能性が高いチームに仕上がっていくでしょう。

野手陣も昨年埋められなかったセカンドのポジションと5番バッターが課題ですが、吉川尚が順当に復帰して新外国人のパーラが5番で成績を残せれば下位打線に亀井、陽岱鋼といった実績あるベテラン或いは山下、北村等の期待の若手を据えられる打線は昨年度より厚みを増しています。

2020年の巨人の評価は以下の様にしました。

総合力 A
打撃力 A
守備力 A
走力 B
投手力 C

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【巨人】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ戦力分析 横浜DeNAベイスターズ【2020年最新】

2020年のDeNAは、メジャーに移籍した筒香の穴埋めが最大の課題となります。

筒香の穴埋めは新外国人のオースティンと伊藤裕/佐野の両若手が担うと考えられます。

投手については昨年10勝以上が今永だけということで先発に不安もありますが、昨年ブレイクの兆しを見せた京山/平良/大貫/上茶谷に更なる上積みが期待できるので強力なローテションを形成することができると考えられます。

ストーブリーグでの補強は少なかったですが、投手野手共に若手が台頭してきており、現有戦力でも十分優勝争いをすることができると思います。

2020年のDeNAの評価は以下の様にしました。

総合力 B
打撃力 A
守備力 B
走力 C
投手力 B

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【DeNA】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ戦力分析 阪神タイガース【2020年最新】

昨年Aクラス入りの最大の要因であった鉄壁のブルペン陣のドリス/ジョンソン両外国人の放出が最大の誤算でここを埋められるかが最大の焦点になります。

ただしブルペンの補強に関してはエドワーズ/スアレスの補強のみという印象で既存戦力である岩崎/守屋/藤川/能見/島本を中心にカバーしていく想定だと思いますが、さらなる新戦力の台頭は必要不可欠かと思います。

野手陣についてはボーア/サンズ両外国人の補強のみで未知数な部分が多いです。

4番に入るであろうボーア選手についてはホームランか三振かというタイプで、上手くはまると大きな戦力になると思いますが、過度な期待は禁物という印象です。

投手陣と同じく野手においても既存戦力の台頭、特に近本/木浪/大山のさらなる成績向上は優勝争いをしていく中で必要不可欠かと思います。

2020年の阪神の評価は以下の様にしました。

総合力 C
打撃力 C
守備力 C
走力 B
投手力 B

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【阪神】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ戦力分析 広島カープ【2020年最新】

昨年Bクラスに転落した中の今シーズンは新外国人に注目です。

レギュラーシーズンで一定の活躍をしていたレグナルト/ヘルウェグをあえて放出して獲得した、スコットやジョンソンがどれだけ活躍できるかが肝になると思います。

先発では即戦力ルーキーとして話題の森下がプロで通用し8勝程度上げれると大きいと思います。

野手陣では鈴木誠也を中心に昨年不調だった田中/長野、ルーキーの小園、またバティスタの穴埋めとしてメヒア/ピレラなどが鈴木の前後でしっかり機能できるかが打線のカギを握ると思います。

2020年の広島の評価は以下の様にしました。

総合力 B
打撃力 B
守備力 B
走力 B
投手力 B

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【広島】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ戦力分析 中日ドラゴンズ【2020年最新】

2020年の中日は、特に投手陣を中心に若手の台頭が著しいです。

野手は脂ののった中堅選手が中心になっているので、安定した打線という印象ですが、やはりシーズン中盤以降では期待の根尾や石川といった選手が中堅選手を脅かすような活躍をしてほしいところです。

投手においてはブルペン陣で祖父江や又吉といった選手に代わって、藤嶋がロドリゲスの穴を埋めるような活躍ができれば優勝争いに絡んでくると思います。

2020年の中日の評価は以下の様にしました。

総合力 B
打撃力 B
守備力 B
走力 B
投手力 A

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【中日】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ戦力分析 ヤクルトスワローズ【2020年最新】

投手陣の整備とともに、FAで流出したバレンティンの穴埋めが最大の課題となります。

しかし、投手陣についての補強は新外国人のイノア・クックのみであり、またバレンティンの穴のカバーに関しても第一候補が塩見と既存戦力の底上げ頼りであると思います。

ヤクルトのウィークポイントとしては投手・ショート・サードという中でショートで大物メジャーリーガーのエスコバーを補強ということで球団の考えとしてショートが最優先ということであったのだと思います。

2020年いい成績を残すためには村上・廣岡・中山・塩見・高橋・原・(奥川)といった若手の台頭が必要不可欠かと思います。

2020年のヤクルトの評価は以下の様にしました。

総合力 C
打撃力 B
守備力 C
走力 B
投手力 D

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【ヤクルト】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

セリーグ順位予想【2020年最新】

以上の各球団の戦力分析の結果から、2020年の順位は以下の様に予想します。

順位 球団
優勝 巨人
2位 中日
3位 広島
4位 DeNA
5位 阪神
6位 ヤクルト

2020年のセリーグは戦力の差が少なく、かなり接戦になると予想します。

優勝を巨人にしましたが、投手力に不安があるためBクラスもあるのではないかと思っています。

同じく、最下位予想のヤクルトも若手の台頭によってはAクラスも可能になってくると思われます。

◆関連記事:【セリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020年最新】

◆関連記事:【セリーグ】投手力力分析&ランキング【2020年最新】

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント