Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コンビーフって何の肉?缶の形の秘密とは?

話題

長年親しまれてきた『ノザキのコンビーフ』のパッケージがリニューアルされるようです。

70年ぶりのリニューアルで、『商品をより使いやすく、バリア性に優れたパッケージ』へ変わり、2020年3月16日より発売されます。

ところで、コンビーフってあまりなじみがないですが、どういう食べ物なのでしょうか?

何かの肉っていう事は分かりますが、何の肉なのでしょうか?

もう1つ気になるのが缶の形です。どうして台形なのでしょうか?

調査してみました。

2020年は祝日の移動が多いですよ!

ケンタッキーCMで高畑充希と共演している2人組は?

スポンサーリンク

コンビーフって何の肉?

コンビーフは牛肉を塩漬けにした食品のことです。

本来は、長期航海用や軍需品として使うための保存食料のことを言っていました。

ヨーロッパでは、缶詰ではなくブロック肉であることが一般的です。

スポンサーリンク

コンビーフの名前の由来は?

コーンは『トウモロコシ』ですが、昔は穀物全般、一般に粒上の物のことをコーンと言っていました。

英語では、『corned beef』と書き、cornedとは岩塩を砕いた粒状の粗塩で肉を漬けることを意味しています。

スポンサーリンク

コンビーフの缶の形はなぜ台形?

缶詰が台形なのには理由が2つあります。

詰めやすい

缶内に空気が残っていると牛肉が酸化して変色してしまいます。

台形にすることで隙間なく肉を充填しやすくなります。

中身が出しやすい

コンビーフは携帯食品なので、すぐに開けられるようにカギを使って側面を巻き取って開けます。

この形にすることで、円柱形の缶に比べて中身が出しやすくなります。

スポンサーリンク

コンビーフの缶の開け方の動画

コンビーフを開けたことがない方へ、参考に動画を付けておきます。

たまには開けてみたくなってきますね。

 

話題
スポンサーリンク
ats blog

コメント