Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

意外に知らないコロナ用語!コロナ禍の読み方とカタカナ語の意味は?

生活

テレビやラジオ、LINEなどで連日新型コロナウイルスの情報が報じられています。

暗い内容のニュースばかりですが、ニュースの中に出てくるコロナ用語の意味や読み方を把握できているでしょうか。

日本語で言い表せばいいのにと言う人がいるように、いわゆるコロナ用語はカタカナ語ばかりです。

ニュアンスでなんとなくわかるような気はしても、正しくどういう意味なのか説明せよと言われるとできない人が多いのではないでしょうか。

この記事では、ここではコロナ禍の読み方、オーバーシュート、パンデミック、クラスター、ロックダウンの意味などを紹介していきます。

どういう意味かよくわからないコロナ用語がある場合は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コロナ用語はなぜカタカナばかり?

そもそも、なぜコロナ用語はカタカナ語ばかりなのでしょうか。日本で使うのならば日本語で表現して欲しいと思ってしまうのも無理はありません。

それなのにカタカナ語ばかりを使用するのには2つの理由があります

専門家会議の一員の方によると、専門家の方々はクラスターやオーバーシュートなどの言葉を日常的に利用している、というのがひとつ

感染症や疫学の専門家にとっては普通の馴染みの言葉のようです。

そしてもうひとつの理由は、このカタカナ語を正しく日本語に訳すのが難しいという理由からです。

適切な表現としての日本語がなかなか見つからないのでしょう。

スポンサーリンク

コロナ用語『コロナ禍』について

最近よくニュースや新聞などで頻繁に、『コロナ禍』という単語を目にしますね。

これの読み方がわからない人は多いようです。コロナ禍について紹介していきます。

『コロナ禍』の読み方と『禍』の意味や他の読み方は?

ぱっと見ると渦という漢字に似ていますが、

この感じは渦(うず)ではなく、(わざわい)と読みます

『禍』にはほかの読み方が有り、コロナと組み合わせた際はそのほかの読み方の方の「か」を当てはめます。

ですので『コロナ禍』の正しい読み方は「ころなか」です。

『禍』という字は「わざわい」の他に「まが」や「か」という読み方があり、意味はいずれにしても喜ばしくない事柄や不幸を呼び起こす原因の事を指します

要は災難という意味合いです。

(わざわい)と災い(わざわい)の違いは?

「わざわい」という読み方の漢字は『禍』だけではありません。「わざわい」に当てはめる漢字で馴染みがあるのは『災』ではないでしょうか。

読み方は同じですが、『禍』と『災』では少し意味の内容が変わってきます。

漢字林によると『禍』は人為的な災害で、気をつけていれば防げるたぐいの災難を意味します。対する『災』は天災などの、避けようのない災難のことを言います。地震や雷などです。

スポンサーリンク

コロナ用語『オーバーシュート』

耳慣れない単語であるオーバーシュートですが、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念され始めた頃からよく耳にする単語です。その意味などを紹介します。

オーバーシュートとは、「度を超す」や「行き過ぎる」ことを指す英語表現です。コロナ用語としてのオーバーシュートを日本語に置き換えた場合「爆発的な患者の増加」となるのは、この「度を超す」や「行き過ぎる」を日本語に当てはめた結果でしょう。

また、コロナが流行る前の日本ではオーバーシュートと言えば、実は金融・証券用語でした。金融・証券の世界では、「相場や有価証券の価格の行き過ぎた変動」を呼んでいます。

専門家会議の後はもっぱらコロナ用語としてのオーバーシュートが目立ちますが、実際はいまの状況になって初めて出てきた言葉というわけではありません。

いずれにしてもオーバーシュートは何かが「行き過ぎた」状態を示す言葉です。

スポンサーリンク

コロナ用語『パンデミック』

次に紹介するのは、こちらもコロナ感染拡大に伴って耳にすることが増えたパンデミックというコロナ用語です。

パンデミックを日本語に置き換えた場合は「感染爆発」などと訳されています感染症や伝染病が全国あるいは世界的に大流行し、多くの感染者が発生することを意味します

ギリシャ語のパンデミアという言葉が語源で、パンが「全て」でデミアが「人々」を指します

パンデミックという単語が聞かれるということは、新型コロナウイルスは世界的な流行病であるということです。

スポンサーリンク

コロナ用語『クラスター』

クラスターという言葉はオーバーシュートやパンデミックよりも更によく聞くようになったコロナ用語でしょう。連日、クラスターが発生したというニュースが流れています。

クラスターとは、もともとはブドウの房のことを指す言葉でした。それが転じて群れ、集団、集落のこともそう呼ぶようになりました

また、人口統計学的なデータでグループ分けしたものもクラスターと呼ぶなど、様々な分野で利用されている言葉です。

そのクラスターが新型コロナウイルス関連になると、感染者の集団や集団感染といった意味合いになります

疫学における感染者集団のことはDisease clusterと呼んでいるので、単にクラスターと言うだけでコロナ用語としてすぐに伝わるのは日本だけかもしれません。

スポンサーリンク

コロナ用語『ロックダウン』

ロックダウンという言葉をコロナ用語として利用する時、日本では「都市封鎖」と訳されることが多いです。ロックダウンはクラスターと違い、英語圏でもそのまま使用されているので英語圏の方にも伝わるでしょう。

主な意味としては外部からの闖入者から内部の人間を守るために建物を封鎖することです。アメリカなどでは不審者が銃を持って建物に立てこもった場合などに利用されてきた単語で、強制的な移動制限を設けることを指します。

賛否はさて置き、日本では海外のように大々的な都市封鎖を行えないのが現状です。

今の日本の法律では政府が国民に外出自粛などの協力を依頼するという形式で要請をすることは可能ですが、国民の行動を強制することはできないからです。

スポンサーリンク

まとめ

コロナ用語として出回っている単語は、元は海外から入ってきた言葉なので、単語を聞いただけでは日本人にとってはいまいち意味のわからない状態です。

もっとわかりやすい日本語で表現すればいいのにと苦言を呈した政治家もいますが、新型コロナウイルスが世界的な流行を見せているので世界で使用されている単語が使われるのは致し方ないかもしれません。

また、あまりにも直接的な言葉だと国民をいたずらに不安にさせてしまうからだという説もあります。そういった不要な混乱を回避するにはひとりひとりが単語の意味を正しく知っておくことが大切ではないでしょうか。

紹介した単語の意味を参考にしていただき、慌てて不要な買い込みに走ったりしないように気をつけて下さい。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント