Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

出川哲朗の充電させてもらえませんか?バイクの充電時間や走行距離は?

生活

テレビ東京で土曜日夜に放送されている『出川哲郎の充電させてもらえませんか?』

出川さん初めての冠番組、しかもゴールデンという事もあり話題を集めています。

大物ゲストも気になるのですが、この番組でもう一つ気になるのが、出川さんやゲストが乗っているバイクの種類や充電時間や走行距離ではないですか?

この番組の醍醐味である充電のお願いをし人と触れ合うシーンも、このバイクだからこそ成り立つと思います。あまり燃費の良いバイクだと充電しなくても完走出来てしまいますからね!

今回は、『出川哲郎の充電させてもらえませんか?』で乗っているバイクの種類、充電時間や走行距離について調査しました。

この記事を読むことで次のことが分かります。
・出川哲郎の充電させてもらえませんか?バイクの種類は?
・出川哲郎の充電させてもらえませんか?充電時間や走行距離は?
・充電回数が何回必要か計算してみた!
スポンサーリンク

出川哲郎の充電させてもらえませんか?バイクの種類は?

番組で出川さんやゲストの方が乗っているオレンジ色のバイクは、どういうバイクなのでしょうか?

このバイクは、ヤマハの『E-Vino(イービーノ)』という電動バイクです。

出典:YAMAHA公式HP

『電動バイク』ってあまり聞き慣れない言葉ですが、簡単に言うとガソリンの代わりにバッテリーに電気をためて、その電気の力で走ることのできるバイクです!

番組中でもよく見られる光景ですが、充電をお願いするときに黒いバッテリーを取り出して充電をお願いするシーンがありますね。スマホを充電する様にバッテリーを家庭用の電源コンセントにつなげれば充電ができます。

スタイリングもレトロで可愛い感じになっていて、免許は原付一種免許が必要で車の普通免許を持っていれば乗車できます。

メーカー希望小売価格は、約24万円になります。ちなみにガソリン使用の『Vino(ビーノ)』は約20万円のため4万円ほど高くなっています。

どうしても買いたいけど高すぎるという方は、トミカが販売されているのでそちらの購入を堅牢してください。

スポンサーリンク

出川哲郎の充電させてもらえませんか?バイクの充電時間や走行距離は?

では、バイクのバッテリー充電時間や走行距離はどれくらいなのでしょうか?

E-Vinoカタログ仕様
充電時間 約3時間
走行距離 29km

E-Vinoカタログ仕様では、バッテリーの充電時間は3時間でフル充電で走行できる距離は30kmとなっています。

しかし、実際の走行距離は道路状況や天候にもよりますが20km程度の様です。

番組でも、山を越えたり雨の中を走行したりするシーンが結構見られますね。

しかも、バッテリーを装着した車両重量は68kgもあるので、充電切れでバイクを押したり、坂道を登ったりするのはいかに大変か分かりますね。

◆関連記事:『出川哲郎の充電させてもらえませんか?』視聴率やギャラは?

◆関連記事:『出川哲郎の充電させてもらえませんか?』主題歌や挿入歌は誰が歌っている?

スポンサーリンク

出川哲郎の充電させてもらえませんか?充電回数が何回必要か計算してみた!

稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんがゲストで参加する2020年1月2日の放送では、三重県関宿のそばにある観音山公園のつり橋から松阪、鳥羽、志摩などを走るため、総走行距離は158kmになります。

今回の放送の充電回数を計算してみました!

『総走行距離÷1回の充電での走行距離=充電回数』となります!

この計算式から今回の充電回数を求めると・・・

158km÷20km=7.9回となり、約8回の充電が必要になります。

もちろん単純計算なので、寄り道をしたり道路状況で充電回数変わると思います。

放送では、時間の関係から8回分の充電時間を放送できないとは思いますが、こういう視点から番組を見るのも楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク

出川哲郎の充電させてもらえませんか?まとめ

この番組で使用しているバイクは、電動バイクのため今の所走行距離があまり長くないですが、バッテリーの進化に伴い走行距離も増えていくと思われます。

しかし、それを逆手に取りこの番組を成り立たせる視点はすごいと思います。

これからもこの番組は人気が出ていくのではないでしょうか?

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント