Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【中日】開幕スタメン・先発ローテ予想【2020年最新】

スポーツ

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました!

今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。

球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

そこで、気になるのが各球団の今年の戦力ではないでしょうか?

この記事では2020年の中日ドラゴンズ(中日)の戦力分析してみました。

中日は2019年は残念ながらペナントレース5位でクライマックスシリーズ進出を逃しました。

雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう?

気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。 ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ2019年の成績は?

・ペナントレース→セントラルリーグ5位
・68勝73敗2分 勝率.482

2019年は勝ち頭のガルシアや長年チームを支えた岩瀬や荒木/浅尾が引退し、戦力ダウンが懸念されたシーズンでした。

しかし野手では高橋周平が覚醒するとともに、阿部も台頭、中軸のビシエド/大島は例年通り活躍、投手では大野の復活や柳/福/藤嶋の台頭などいい意味で期待を裏切るような層の厚さを見せました

しかし、1点差ゲームが19勝27敗と采配面での疑問点は多く、投打はかみ合いながらも勝ちきれない試合が多く、結果として5位という順位になってしまいました。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ2020年戦力分析

特に投手陣を中心に若手の台頭が著しいです。

野手は脂ののった中堅選手が中心になっているので、安定した打線という印象ですが、やはりシーズン中盤以降では期待の根尾や石川といった選手が中堅選手を脅かすような活躍をしてほしいところです。

投手においてはブルペン陣で祖父江や又吉といった選手に代わって、藤嶋がロドリゲスの穴を埋めるような活躍ができれば優勝争いに絡んでくると思います。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ2020年戦力分析 新戦力

<IN>
・ゴンザレス投手
・シエラ外野手
<OUT>
・松坂投手
・ロドリゲス投手
・武山捕手
・杉山捕手
・亀沢内野手
・友永外野手
・近藤外野手
※育成選手除く

若手の台頭が著しいということで補強はほとんどありませんでした。

中継ぎエースであったロドリゲスの穴はかなり大きい中でゴンザレス投手一人のみの補強というところで戦力的にはマイナスが大きいのではないかという印象です。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ2020年戦力分析 野手

打撃陣に関しては中堅選手を中心に切れ目のない打線という印象です。 注目ポイントは下記2点です。

①根尾の台頭

全ドラゴンズファンが期待している根尾が2020年にどれだけ台頭してくるかというポイントです。

現在の中日は複数ポジションを守れる選手が多いので、根尾は福田/高橋/阿部の3人が不調に陥った際にチャンスがあるので今季中に必ず出番が来ると思っています。 そこで結果を残してレギュラーを獲得できるかどうかが非常に注目です。

②高橋周平の長打

高橋は昨年ようやく開花しましたが、本塁打が7本と非常に迫力不足だった印象です。

高橋に長打がついてこれば、高橋5番 平田1番というかなりインパクトのある打線が完成するので今季は高橋が15本塁打程度打てるかどうかというポイントに注目です。

◆関連記事:【セリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ2020年戦力分析 投手

開幕ローテーション

・◎大野
・◎柳
・◎ロメロ
・◎小笠原
・△梅津

・△山本
・△
笠原
・△山井

※赤色:左投手

先発陣は若手を中心に駒がそろっている印象です。

ただし5・6枚目に確実に計算できるベテランなどが少ないので、ここに入ってくる若手がどれだけイニングを稼げるか?というポイントが非常に注目です。

特に注目の選手は梅津で、昨季の後半からローテーションとしていい活躍をしていたので、今季は開幕からローテーションを守ることができるかどうかが非常に注目です。

中継ぎ

・◎ 祖父江
・◎ 藤嶋
・◎
・◎ 岡田
・◎ マルティネス

・〇 ゴンザレス
・△ 又吉

・△ 谷元
・△ 三ツ間

※赤色:左投手

中継ぎ陣はとにかく昨年のロドリゲスの穴をいかに埋めるかというポイントが最重要です。

注目したいのは藤嶋です。藤嶋は昨年30試合以上登板した救援投手の中で、奪三振率/与四死球率/被打率/被本塁打率のすべてでトップ10に入りました。

セリーグの中で同様の成績を残したのが、元阪神のジョンソンと元中日のロドリゲスということで2020年に在籍する投手では藤嶋だけというすごい成績を残しました。

2019年はわずか32試合の登板だった藤嶋が60試合近く同レベルの成績で投げることができれば、ロドリゲスの穴を埋めることができると思います。 

抑え

・△鈴木
△岡田
・△藤嶋

※赤色:左投手

抑えが非常に難しいです。

正直なところ圧倒的な候補がいないので、日替わりで場面に応じて抑えが変わるのではないかと考えています。 前述の通りに藤嶋が活躍をできれば、後半から藤嶋に固定される可能性はあると考えています。

◆関連記事:【セリーグ】投手力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ2020年戦力分析 開幕スタメン予想

打順 選手名 ポジション
1 京田 遊撃手
2 阿部 二塁手
3 大島 中堅手
4 ビシエド 一塁手
5 平田 右翼手
6 高橋 三塁手
7 福田 左翼手
8 加藤 捕手
9 大野 投手

ポイントは高橋です。

現状では長打力不足が気になるので6番にしていますが、長打力がつけば5番に固定したいところです。

高橋が5番に固定できれば出塁率の高い平田を1番に据えることができるので、勝負強いビシエドにより打点がつく打線が完成すると思います。

しかし、最近のオープン戦では2番に固定されているため開幕も2番が有力です。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズ2020年戦力分析 総合力

 ※一番良い評価をAとしています。

総合力 B
打撃力 B
守備力 B
走力 B
投手力 A

◆関連記事:【セリーグ】戦力分析と順位予想【2020年最新】

スポンサーリンク

いつでも中日ドラゴンズの試合を見たい方へ

『DAZN』なら、テレビ・スマホ・パソコンで、いつでも中日ドラゴンズの試合を見ることができます。

しかも、野球・サッカー・バスケ・テニスなど130以上のスポーツコンテンツが、年間10,000試合以上見放題!

今なら1ヶ月無料。もちろん無料期間中に退会可能です!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント