Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【楽天】開幕スタメン・先発ローテ予想【2020年最新】

スポーツ

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました!

今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。

球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

そこで、気になるのが各球団の今年の戦力ではないでしょうか?

この記事では2020年の楽天イーグルス(楽天)の戦力分析してみました。

楽天は2019年は見事ペナントレース3位でクライマックスシリーズ進出を果たしましたが、惜しくもソフトバンクに敗れてしまいました。

雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう? 気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

楽天イーグルス2019年の成績は?

・ペナントレース→パシフィックリーグ3位→クライマックスシリーズ敗退
・71勝68敗4分 勝率.511

2019年は浅村を獲得し、優勝候補としてスタートしました。

浅村は若干打率が低かったものの、期待通りの成績を残し、新戦力であったブラッシュも打線の核として活躍しました。

投手陣では則本の怪我によって先発陣が手薄でしたが、リリーフ陣を中心になんとか勝ちを拾っていったイメージでした。

投打ともにバランスの取れたチームで序盤から首位争いをしていましたが、ソフトバンクや西武のように突出した爆発力には欠け、優勝争いには絡みながらもあと一歩届かなかったという印象のシーズンでした。

スポンサーリンク

楽天イーグルス2020年戦力分析

2020年のオフは戦力の入れ替えが非常に多かったです。

ローテーション投手の美馬やチームリーダーである嶋が移籍してしまいましたが、経験豊富な牧田や涌井、ユーティリティプレイヤーでキャプテンシーも強い鈴木を獲得し、トータルでは戦力UPであると思います。

一方でブルペン陣や長距離砲を外国人選手に頼りがちな印象があるので、外国人枠をいかにうまく回すかによって戦力が大きく変動する印象があります。

スポンサーリンク

楽天イーグルス2020年戦力分析 新戦力

<IN>
・鈴木内野手
・牧田投手
・涌井投手
・酒居投手
・シャギワ投手
・ロメロ外野手
<OUT>
・小野投手
・美馬投手
・嶋捕手
・戸村投手
・西宮投手
・今野投手
・今江内野手
・西巻内野手
・島井外野手
・卓丸外野手
・千葉投手
・ハーマン投手
・ヒメネス内野手
※育成選手除く

先発の駒が足りていないということで涌井を、中継ぎを外国人選手に頼っていることから酒居と牧田を獲得ということで課題に対して着実に補強をした印象です。

長距離砲としてロメロの獲得も戦力的には必要だとは思いますが、外国人過多である点が若干不安を残します。

スポンサーリンク

楽天イーグルス2020年戦力分析 野手

打撃陣に関しては上位は強力ですが、下位打線に若干迫力不足を感じます。 注目ポイントは下記2点です。

①外国人枠の使い方

本来であればウィーラー/ロメロ/ブラッシュを全員使いたいところです。

長距離砲が外国人以外では浅村のみということで外国人3人の併用をしたいところですが、投手枠の兼ね合いでどのように使われるかが非常に注目です。

②9番打者

田中が成長してほしいと思います。

①でも記載した長打も田中は兼ね備えていますし、9番として出塁すれば盗塁もできるので裏1番としても機能します

田中ではなく辰巳が入ってきた場合には裏1番としては機能すると思いますが、長打という点でやはり迫力不足が否めないと感じます。

◆関連記事:【パリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

楽天イーグルス2020年戦力分析 投手

開幕ローテーション

・◎岸
・◎則本
辛島
・△涌井
・△弓削
・△石橋
・△安楽
・△福井

・△由規
・△松井
・△塩見 

※赤色:左投手

岸/則本の両エースは確定です。

残りの4枚に関しては、人はいるもののいまひとつ決定打にかけるというのが現在の印象です。

松井が先発転向で1枚埋まるかとも思いましたが、先日のOP戦を見る限りでは先発に必要な力の出し入れがうまくできておらず、中継ぎに再度配置転換されるのではないかと筆者は考えています。

先発では昨年後半から活躍した弓削が要注目です。

中継ぎ

・◎ 牧田
・◎ 青山
・◎ 森原
・◎ 宗
・◎ 酒居
・〇 高梨
・△ 久保
・△ 松井
・△ ブセニッツ
・△シャギワ

※赤色:左投手

中継ぎ陣は昨年とほとんど変わらないと思います。

外国人枠の問題があるので宗やブセニッツ/シャギワなどは判断が難しいですが、誰が入ってきても問題ないと思います。

おそらく野手で2枠外国人枠を使うと思うので、実績のあるブセニッツ/宗が入るのではないかと考えています

また新加入の牧田/酒居も実績は申し分ないので、問題なくメンバーに入ってくると思います。

抑え

・△松井
・△ブセニッツ
・△シャギワ

※赤色:左投手

抑えが非常に難しいです。

筆者としては松井が再度配置転換されるのではないかと考えていますが、そのまま先発であった場合はおそらく外国人のどちらかではないかと思います。

これも外国人枠の問題で難しいようであれば大穴で牧田の可能性もあるのではないかと思います。

◆関連記事:【パリーグ】投手力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

楽天イーグルス2020年戦力分析 開幕スタメン予想

打順 選手名 ポジション
1 茂木 遊撃手
2 鈴木 三塁手
3 浅村 二塁手
4 ブラッシュ 右翼手
5 ロメロ  指名打者
6 銀次 一塁手
7 島内 左翼手
8 堀内 捕手
9 田中 中堅手

難しいのは外国人枠の問題です。

投手に3枠使いたいですが、その場合に野手にDHを打てるような日本人長距離砲がいないのが厳しいポイントです。

最もポジション争いが厳しいのはセンターで、田中/辰巳/オコエあたりですが、9番の成績が上位打線の厚みを考えると、得点力に大きく影響しますのでセンターのポジション争いと9番の出塁率/盗塁数が要注目ポイントです。

◆関連記事:2020年プロ野球【パリーグ】順位予想!

スポンサーリンク

楽天イーグルス2020年戦力分析 総合力

※一番良い評価をAとしています。

総合力 B
打撃力 B
守備力 B
走力 B
投手力 B

◆関連記事:【パリーグ】戦力分析と順位予想【2020年最新】

スポンサーリンク

いつでも楽天イーグルスの試合を見たい方へ

『DAZN』なら、テレビ・スマホ・パソコンで、いつでも楽天イーグルスの試合を見ることができます。

しかも、野球・サッカー・バスケ・テニスなど130以上のスポーツコンテンツが、年間10,000試合以上見放題!

今なら1ヶ月無料。もちろん無料期間中に退会可能です!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント