Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

藤井聡太が東京五輪聖火ランナーに!運動神経は?実は足が速い?

スポーツ

今年はいよいよ東京オリンピックですね。

2020年のメインイベントといっても過言ではありません。

そして、東京五輪の前に行われるのが聖火リレーです。今回のコンセプトは、『Hope Lights Our Way(希望の道をつなごう)』です。

オリンピックの象徴である聖火は、121日間かけて日本全国47都道府県を、2020年3月26日に福島県を出発とし聖火のバトンがつながっていきます。

約1万人の聖火ランナー募集に対し、延べ53万5717人から応募があり2019年の12月17日に芸能人、有名人、スポーツ選手、著名人の発表され、その一人として将棋の最年少棋士藤井聡太7段が選ばれました。

ところで、藤井聡太7段の運動神経はどうなのでしょうか?将棋の腕や頭脳は凄いことは皆さんご存知だとは思いますが、運動神経についてはあまり知られていないですね。

この記事を読むことで、藤井聡太7段の運動神経が良いのかが分かります。

調査すると意外なことに運動神経が良いことが判明しました。しかも、50M走の記録が6秒8という驚きのタイムだったことも判明しました。

藤井7段は実は足が速かったんですね。

スポンサーリンク

藤井聡太7段が2020年聖火オリンピックのランナーに選出

藤井聡太7段が聖火オリンピックランナーに選ばれ、日本将棋連盟を通じて出したコメントが発表されました。

以下がそのコメントとなります。

今回、東京2020オリンピックの聖火リレーコースに瀬戸市が選ばれ、愛知県コースの出発地となる事につきましてとても喜ばしく思っております。

瀬戸市で暮らしながらプロ棋士として対局を重ねる私にとって、地元の方々のご声援、ご支援はありがたく、大きな力となっておりました。

今回、いつも応援してくださる地元の皆さまに笑顔が届けられるよう、聖火ランナーの一員として自分らしく精いっぱい走りたいと思っております。

どうぞよろしくお願い致します。

17歳とは思えないほどの、しっかりとした内容で本当に素晴らしいですよね。

この発表に、地元の方々もさぞかし喜ばれているのではないかと思います。

スポンサーリンク

藤井聡太7段が東京五輪2020聖火ランナーで走るコースは?

出典:東京2020オリンピック聖火リレー愛知県実行委員会

東京五輪の聖火ランナーの出発地点ですが、「愛知県瀬戸市銀座通り商店街」の「深川神社」と発表されました。

ちなみに出発日時は2020年4月6日です。

深川神社は愛知県の出発地点になるので、藤井聡太さんには最初のランナーとして走っていただきたいところです。

同じ愛知県を走るメンバーは他に誰がいるのかも調べてみました。

スポンサーリンク

藤井聡太7段以外の愛知県の聖火ランナー選出者

現在発表されている聖火ランナーで、愛知県を走る著名人は次の方々です。

・天野浩(工学博士)
・田村淳(お笑いタレント)
・名鶴ひとみ(元宝塚月組)
・三浦伊織(女子プロ野球)
・天野ひろゆき(お笑いタレント)
・宇野昌磨(フィギュアスケート選手)
・オカダ・カズチカ(プロレスラー)
・鈴木明子(元フィギュアスケート選手)
・平野泰新(タレント)
・松井玲奈(女優)
・赤星憲広(元プロ野球選手)
・楢崎正剛(元プロサッカー選手)

◆関連記事:愛知県以外の有名人聖火ランナーと日程は?

こうやってみると、この方も愛知県に縁があったんだな。というのもわかりますね。

 藤井聡太7段はもちろん、他のランナーの方々も興味深いです。

スポンサーリンク

藤井聡太7段の運動神経は?

聖火ランナーに選ばれた藤井7段ですが、気になるのは運動神経です。

将棋でこれだけの実績を残している藤井聡太7段は、学校の成績はもちろん優秀。

好きな科目は「数学」「地理」だそうで、地理に関しては学年トップの成績を取るほどの秀才ぶり。

通っている名古屋大学教育部付属中学校は名門校です。

ここでトップを取るというのだから将棋だけではなく、勉強もできるということがわかりますね。

そしてなんと「体育」も好きとのこと。

なんとなく、将棋や勉強ができている賢い頭脳の持ち主が、運動神経まで優れているというのはイメージしにくいですが・・・。

なんと藤井聡太7段は天が二物を与えたと言っていいほどの運動能力の高さです。

ではその足の速さとは、実際どのくらいなのでしょうか。

スポンサーリンク

藤井聡太の短距離走のタイムは?足が速い?

なんと、中学校2年生の時の自己ベストの記録として50mを6秒8で走っています。

このタイムはどのくらい速いのかと言いますと、中学生の50mの全国平均として出ているのは以下の通りです。

・中1男子 8秒47
・中2男子 7秒91
・中3男子 7秒54
・中1女子 9秒01
・中2女子 8秒76
・中3女子 8秒76

50mを6秒8のタイムで走るのは相当速いレベルだということが分かりますね。

球技は苦手ということですが、これだけの足の速さがあれば十分な運動神経のように感じます。

◆関連記事:藤井聡太7段の年収は?

スポンサーリンク

まとめ

今回の2020東京オリンピック聖火ランナー、そのお一人に選ばれた藤井聡太7段ですが、運動神経がよく、足が速いことがわかりました。

頭脳派だと、勝手なイメージで運動は苦手なのではないか。足が遅そう…と思っていましたが、

勉強も運動も出来る人はやはりいるものです。

たくさんの魅力を持つ藤井聡太7段、将棋での活躍と同時に、今後いろんな未来の可能性にとても期待ですね。

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント