Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

名古屋市で開催!G20外相会合の交通規制情報!場所や時間は?

話題

201911月、「G20愛知・名古屋外務大臣会合」が開催されます。

各国のトップが集まる重要会議なので、当然ながら厳重な警備体制が敷かれます。同時に、一般道や高速道路でもさまざまな交通規制が行われます。

いつもの道が通れなくなる可能性があるので、名古屋が生活圏という人、期間中に名古屋に旅行するつもりの人は、注意が必要です。

ここでは、G20期間中の名古屋市内の交通規制(一般道:高速道路・電車)の場所や時間・会場について紹介します。

混雑、混乱が予想されるので、早めに迂回ルートをチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

G20とは?

G20とは、日本やアメリカ、イギリス、韓国、ロシア、EUなどの首相が1箇所に集まり、金融や世界経済に関して話し合う会合のことです。

これはどこかしらの国で毎年行われているもので、その開催国は「G20議長国」と呼ばれています。

今年、日本は初めてその議長国になったとのこと。

20196月には、すでに「大阪サミット」も開催されました。また、各都市で「関係閣僚会合」や「大臣会合」なども行われています。

そうした一連の会議の最後に行わるのが、G20愛知・名古屋外務大臣会合です。

そして、今年のG20の開催場所は名古屋に決定したということです。

スポンサーリンク

G20が行われる日程と場所

G20は、20191122日(日)~23日(土曜日・祝日)に行われます。

場所は、「名古屋観光ホテル」です。JR名古屋駅から車で5分程度の場所にあるホテルです。

スポンサーリンク

G20期間中の交通規制について

では、実際にG20期間中にどのような交通規制が行われるのか見ていきます。

愛知県警は、期間中のマイカー利用の自粛や、輸送ルートの変更、配送時間の調整などを呼びかけています。

一般道

出典:愛知県警

一般道では、名古屋市内にある「錦通」の「西柳町交差点」から「伏見交差点」の間と、「広小路通」の「納屋橋東交差点」から「伏見交差点」の区間で規制が行われます。

その付近にある「菊井町交差点」や「明道町交差点」、「名駅南3交差点」など7箇所の交差点では迂回が求められており、名古屋駅を中心に、広い区間で混雑が予想されます。

この日、駅に車で行くのは止めたほうが良さそうですね。

なお、規制が行われる具体的な時間については、まだ発表されていません。

高速道路

出典:愛知県警

高速道路では、名古屋高速が広く規制の対象となります。

名古屋高速の環状線は全区間が通行禁止になるほか、環状線から「黒川IC」「吹上西IC」「高辻IC」「尾頭橋IC」「烏森IC」「鳥見町IC」までの各区間も通行できなくなります。

さらに、その区間内にある「錦橋出口」は利用できません。

また、各国の要人が名古屋入りする1121日~22日、また名古屋から出ていく23日~24日にも、名古屋高速 3号大高線の一部区間において規制が行われます。

規制されるのは、「高辻IC」から「知多半島道路」の「半田中央IC」を通り、「セントレア東IC」までの区間です。

2122日は上り区間(空港から名古屋へ向かうルート)、2324日は下り区間(名古屋から空港へ向かうルート)が規制されます。

21日~24日の間、名古屋高速はほとんど動かないくらい混雑しそうですね。

電車

名古屋駅を含む電車は、特に規制は行われないようです。

ただ、開催期間中は連休でもありますし、車を使えない人が地下鉄などに流れてくる可能性もあります。

どの駅も、混雑することは間違いないでしょう。早め早めに行動した方が良さそうです。

スポンサーリンク

交通規制をしっかり押さえておこう!

当日は、マイカーだけでなく、バスやタクシーの運行も制限されることになります。

秋の連休のさなかに名古屋駅前が規制されるとなると、観光などで訪れる人にとってはなかなか面倒ですよね。

ただ、数十年に一度のことなので、今年は仕方ないと諦めましょう。

実際に規制される時間については、当日が近づいてきたらまた発表されると思うので、そちらにも注目していください。

名古屋駅に行かずに済むならぜひそうした方が良いと思いますが、行かざるを得ない人は、スケジュールをしっかり確認して、余裕を持って行動してくださいね!

話題
スポンサーリンク
ats blog

コメント