Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ゴーヤの苦味取りを簡単に!下処理や苦味を軽減する方法を紹介!

生活

夏に旬を迎えるゴーヤ。「ニガウリ」とも呼ばれるとおり、独特の苦味が特徴です。

お店で食べると美味しいですが、自分で調理すると苦味が強く出てしまって、微妙な味になることもありますよね。でもゴーヤは栄養価が高い優秀な野菜なので、家でもたくさん食べたいところです。

この記事では、ゴーヤをおいしく食べるための以下の方法を紹介します。

・ゴーヤの苦味取り(下処理)の方法ランキング
・苦いゴーヤの苦味取り(下処理)の疑問
・ゴーヤの苦味を感じにくくする方法

ちなみに、ゴーヤの苦味取り(下処理)の方法ランキング第1位は「塩水につける」でした。また、下処理の疑問や苦味を感じにくくする方法についても紹介します。

ここで重視したのは、何よりも「簡単」「手軽」であること!料理をあまりしない人でも、すぐにできる方法を紹介しています。

下処理だけでなく、調理方法にもさまざまな工夫があるので、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

ゴーヤの苦味取り(下処理)の方法・ランキング

料理に入る前の下処理しだいで、ゴーヤの苦味は軽減されます。さまざまな方法がありますが、簡単で効果が高いのは以下の3つです。

いずれの方法も、まずゴーヤを縦に切ってワタを取り、食べやすい幅に切ってから行ってください

3位:塩と砂糖でもむ

塩でもむというのがよく知られた方法ですが、砂糖も一緒に入れてもむと効果がかなり高くなります。(砂糖のみでやるより塩と一緒の方が良いです)

分量は、ゴーヤ1本に対し、塩が小さじ半分、砂糖が小さじ1くらいです。

ボウルにゴーヤと塩と砂糖を入れてよく揉み込み、10分ほど置きます。そうすると水が出てきます。これが苦味のもとです。ザルに取って、よく水気を切ってください。

塩も砂糖もたいていのご家庭にあるので、すぐできますね!なお、塩や砂糖は洗い流さずに、そのまま調理してしまいましょう。下味になりますよ!

2位: 茹でる

沸騰したお湯にゴーヤを入れて、茹でます。茹でたら冷水に取り、粗熱を取りましょう。ザルにあげれば完了です。

茹でる時間は、1分程度で大丈夫です。そのあとおひたしなどの和え物にする場合は、少し長めに2分程度茹でると良いでしょう。

これだけで、苦味はかなり軽減されます。お湯さえあれば良いので、簡単ですね!ただ、茹ですぎると食感が悪くなりますので、注意してください。

1位:塩水につける

じつに簡単なのがこちらです。5%の塩水(水1リットルに対し塩50g、ゴーヤ1本なら500700gくらいに塩2535gくらい)を用意するだけです。

塩を水に溶かし、ゴーヤを漬けます。軽く混ぜてから、10分ほど放置しましょう。これで完了です。調理する前には、しっかり水気を切ってくださいね!

揉んだりしなくて良いので、手も荒れません。軽い下味もつきます。茹でるのと違って、食感が悪くなることもなく、一番おすすめの方法です。

ランク外:塩もみしたあとレンジでチンする

塩もみしたあと、レンジでチンすると苦味がよく取れます。1分ほどの加熱で良いです。

この方法だと、手間はかかりますが時間は短縮できますね!ただ、加熱しすぎると食感が悪くなるので注意してください。

ランク外:酢につける

ゴーヤに酢をまぶして、5分ほど放置するという方法もあります。それだけで良いので、簡単は簡単です。

ただ、酢はどうしても匂いや味が強く残ります。そのため、酢を使わない調理をしたい場合には向きません。

夏のイベント『まとめ』

スポンサーリンク

苦いゴーヤの下処理の疑問!

苦味を取る方法がわかったところで、ゴーヤの下処理に関する疑問について紹介します。

ワタはどのくらい取る?

ワタが苦味の原因だと思っている人も多いかもしれませんが、じつはワタがあってもなくても、苦味にはさほど差がありません。苦いのは、むしろ緑の部分だそうです。

ワタを取るのは、見栄えを良くするためや、種だけ取るのが面倒なので一緒に取っているだけというのが実情のようです。

むしろ、ワタの方が苦くなくて好きという人も多いです。種も一緒に食べられるみたいですね!栄養価も、外側の緑の部分よりはるかに高いそうです。

ですから、あまり神経質に取る必要はないです。一度、取らずに調理してみても良いかも知れません。

苦味を取ると栄養もなくなる?

ゴーヤの苦味の原因は、「モモルデシン」という栄養素にあるそうです。

モモルデシンは、胃腸の状態を整えたり、血糖値や血圧を下げたり、頭痛や夏バテを改善したりといった効果があるそうです。

しかし苦味を取ると、モモルデシンも消えてしまいます。その点はじつに残念です。

モモルデシンの効果を得たい人は、下処理をせずに、下で紹介する方法で苦味を軽減して食べましょう。

 また、ゴーヤには他にも、ビタミンCや鉄分、食物繊維などが豊富に含まれています。

これらの栄養素は、加熱しても大丈夫ですが水に長時間さらしたりするとなくなってしまうようです。

下処理をしたうえで栄養素を残したい場合は、茹でたり塩水にさらしたりするよりも、塩と砂糖で揉んだ方が良さそうです。

>>いちじくには女性に嬉しい栄養がたっぷり!

スポンサーリンク

ゴーヤの苦味を感じにくくする方法

ゴーヤの栄養素をごっそり摂って、なおかつ苦味を軽減したいという人のために、苦味を感じにくくする調理の工夫を紹介します。

カットや調理の工夫しだいで、かなり食べやすくなりますよ!

カットするときはできるだけ薄くスライス!

ゴーヤは厚みがあると、苦味を感じやすいです。食感を気にしないなら、スライサーでとにかく薄くすれば、あまり苦味を感じられなくなります。

食感を残すなら、2mmくらいの厚みがおすすめです。これなら食べごたえもありますし、苦味も抑えられます。

油を使って調理する

油でコーティングすることで、苦味を感じにくくなります。ゴーヤチャンプルーなどの炒めものは特におすすめです。

かき揚げも良いですし、スライスして素揚げにしたゴーヤチップスも美味しいですよ!

しっかりした味付けで苦味を感じにくくする

煮物などにする場合は、だしをしっかり取って、旨味を付けます。これで苦味を感じにくくすることができます。

胡麻和えやおかか和え、おひたしなどを作る際には、少し強めの味付けにすると良いですね!

スポンサーリンク

ゴーヤを美味しく食べて夏を乗り切ろう!

夏にうってつけの野菜・ゴーヤ。苦味もありますが、栄養がとにかく豊富で、ありがたい食材です。

苦味とうまく付き合って、美味しく食べたいですね!

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント