Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日傘の色あせは復活できる?壊れた場合の修理方法は?

生活

日傘が活躍する季節が近づいてきました。

お気に入りの日傘が色あせしてしまったという経験はありませんか?

買い換えを考える方がいる一方で、大切に扱ってきた物であったり、人から貰ったプレゼントであったりと思い入れのある日傘をお持ちの方もいるでしょう。

そういった日傘は汚れたからといって捨てるわけにはいきません。少しでも綺麗に復活させる方法はあるのでしょうか?

この記事では、日傘の色あせの原因と復活させる方法はあるのか?また、日傘の色あせや黄ばみを防ぐ方法などを紹介します。

大切な日傘を長持ちさせるために参考にしてください。

スポンサーリンク

日傘の色あせや黄ばみの2つの原因

大切にしていたはずの日傘が、年月と共に年季が入ったような古い傘に見えてしまう原因は一体何でしょうか?

考えられる原因は2つあります。

日傘の色あせの原因① 紫外線の影響

UV加工が施されているからといって、日傘その物が紫外線の影響を全く受けないわけではありません

もちろん日傘の内側に紫外線を通すことは少ないですが、使用時に日傘の外側は常に紫外線をまともに受けています。

そのダメージは大きく黒い日傘は色あせ、白い日傘は黄ばんできてしまいます。

日傘の色あせの原因② 保管の仕方

日傘を使用するとホコリや汚れが付着します。

そのまま折りたたんだ状態で保管すると湿気がたまり酸化してしまいます。これが変色する原因だったのです。

◆関連記事:日傘の色あせは復活できる?壊れた場合の修理方法は?

◆関連記事:子供の日焼け後の赤くなった肌の治し方は?

◆関連記事:室内でも紫外線対策は必要?

スポンサーリンク

日傘を色あせから復活させる方法は?

新品の時のように復活させる!とまではいかなくても、人目に触れても恥ずかしくない程度に少しでも綺麗に直したいですよね?

また、復活した日傘は色あせや黄ばみを遅らせて少しでも長く綺麗な状態を持続させたいところです。

修理をするには黒色でも白色でも染め直すしかありません。自分で染め直すとなると知識が必要になります

布が縮まないように工夫したり、塗装が落ちたり剥がれたりしないようにしなければいけません。

間違った方法で修理をすると大切な日傘は二度と使えない状態になってしまいますので一番良いのはプロにお願いすることです

一部のクリーニング店では日傘の修理を行っています。

骨組みから取り外し、傘に使っている布の素材に合わせて染め直してくれるので安心して任せることができます。しかし、ほとんどの場合が新品の時と全く同じように復活することは難しいでしょう。

変色した部分のみを染める場合は、太陽に透かした状態にすると染め直したところだけ色を塗ったような跡が見えてしまうことがあります。

全体を染める場合は、物によっては塗料が剥がれやすくなってしまうことや、布に印字されているロゴや柄が元の色と異なってしまうという状態になることもあるそうです。

クリーニング店によって、また、痛み具合によって対応が違うので、修理をする前に必ずクリーニング店と相談することをオススメします。

【インナーパラソル16200】

>>知ってますか?日傘の効果的な色と形

>>超簡単ネッククーラーの作り方はこちらから!

スポンサーリンク

日傘の色あせや黄ばみを防ぐ方法は?

毎日のお手入れを工夫することで、少しでも長く綺麗な状態を保つことができます。

まずは付着したホコリや汚れを取ることが重要です。使用後はスポンジを使って優しく洗いましょう

この時、蛍光剤の入っている洗剤は色落ちの原因となるので避けた方が良いです。たまに、漂白剤で洗おうと考える方もいるようですが傘を痛めて穴が開いたり、変色したりする可能性があるので使用しない方が良いです。

洗った日傘は日陰に干して、乾いたらいつも通りに折りたたんで保管するようにしましょう。

注意する点としては、必ず洗う前に日傘の素材を確認しましょう。素材によっては使えない洗剤があります。レースや撥水加工の晴雨兼用日傘はそもそも洗えないものが多いです。

更に日傘の紫外線による色あせのダメージを少しでも抑えたいという方は、衣類や布用のUVカットスプレーが販売されているので、定期的に日傘にスプレーしておくことをオススメします。

スポンサーリンク

おすすめの日傘は?

そろそろ日傘を買い替えようかと思っている方へ、完全遮光100%のおすすめの日傘を厳選しました。

スポンサーリンク

まとめ

修理をする時は、自分でするのではなくプロにおまかせしましょう。

そして、大切にしておきたい日傘は毎日のお手入れが必要です。手間はかかりますが、いざ修理をするとなると元の色に近い状態まで戻らない可能性があるからです。

また、これからお気に入りの日傘を探そうとしている方は、素材を確認してから購入した方が良いでしょう。

なるべくレースや柄の入っていないものを選んだ方が手入れしやすく、変色してしまった時に少しでも綺麗に修理することが出来ます。

今年もお気に入りの日傘で暑い夏を乗り切りましょう。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント