Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日傘の効果的な色は白or黒?紫外線カットにおすすめな色や形は?

生活

もうすぐ夏が来ます。店頭に日傘が並んできました。

最近は男性でも日傘をさしている方をよく見かけます。

そろそろ使ってみようかな?と考える方、また、買い換えようかと考える方が多いのではないでしょうか?

しかし、色々な種類や色がありどんな日傘を選べば良いのか、どれが一番効果的なのかと迷ってしまいます。

この記事では、日傘を選ぶ時に効果的な色や形について紹介します。

・日傘を選ぶ時に効果的な色は何色?
・日傘を選ぶ時に効果的な形
・日傘の遮光率による違い
・日傘の役割は紫外線対策と熱中症対策
・おすすめの日傘

日傘の色や形にどういった違いがあるのかを理解して、購入の際に是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

日傘の効果的な色は?選ぶ時は色・形・遮光率に注意

色々な種類がある日傘ですが、どのようにして選べばよいのでしょうか?

日傘の選び方① 色の効果を考えて選ぶ

日傘の定番色といえば黒と白です。なぜこの色が人気なのでしょうか?

黒は光を吸収する色で、白は光を跳ね返す色なので、よって黒は紫外線を吸収してくれますが熱も吸収することになります。

日傘の中に熱がこもると熱中症の心配があります。ということは白の方が良いのでしょうか?

白は逆に熱を跳ね返しますが紫外線も跳ね返します。

つまり、アスファルトからの照り返しで紫外線が日傘の内側に入り込み、日傘の曲線をに沿って反射し、顔に紫外線を集めてしまいます

ですから外側を白い色・内側を黒い色の日傘にすると一番効果的です。

では、自分の好きな色を選ぶと効果は下がってしまうのでしょうか?

実はUV加工されている日傘を選べば、色による差はそこまで大きくはないのです。

色々なカラーバリエーションがありますので、なるべく好きな色を取り入れながらも少し効果的な日傘にしたいということであれば、外側を好きな色・内側を黒というような傘を選ぶと良いでしょう。

日傘の選び方② 用途に合った形を選ぶ

日傘の形の種類が増えてきました。

通常の長さはもちろん、折りたたみ式のものやショートという長さの日傘もあります。

それぞれの日傘の使い分けは?
・通常長さの日傘:運動会でずっと座っている時や長時間外にいる時に便利
・折りたたみ式の日傘:バス・電車の乗り降りや建物の出入りが多い日に便利

また、長さだけでなく傘部分が変わった形の日傘もあります。例えばドーム型のタイプはお姫様のように見えるので女性に人気です。

貝殻の形をしたようなオシャレなものやヒラヒラしていてお花のような可愛い日傘もあります。

どの日傘も開いてみないと傘部分の形がわからないため、シンプルな形の日傘を求めている男性が誤ってドーム型を購入してしまった、ということがないよう必ず一度は開いて確認するようにしましょう。

遮光率が低いと太陽光が入りやすく日傘の内側に熱を通します

つまり遮光率が高ければ日傘の内部か涼しくなる為、熱中症対策になります。

せっかく選ぶのなら完全遮光が良いと考えますが、一方で遮光1級という商品もあります。

完全遮光と遮光1級の違いは何でしょうか?

完全遮光と遮光1級の違い
完全遮光:遮光率100%
遮光1級:遮光率99.99%

たった0.01%しか変わらない完全遮光と遮光1級の違いを体感する方法があります。

ペンライトを傘の上から当てると、隙間から少しの光が漏れるか漏れないかで確認することが出来ます。

ですから遮光率を重視される方は、完全遮光か遮光1級の商品を選ぶようにしましょう

◆関連記事:日傘の効果的な色と形は?

◆関連記事:子供の日焼け後の赤くなった肌の治し方は?

◆関連記事:室内でも紫外線対策は必要?

スポンサーリンク

日傘の効果的な色は?日傘の役割は紫外線対策と熱中症対策

皆さんは日傘をどのような目的で使用することが多いのでしょうか?

日傘の役割① 紫外線対策になる

まずは定番の紫外線対策です。

夏は薄着になることが多い時期ですので、日焼けして皮膚が焼けないようにする目的や、
シミ・そばかす等の肌トラブルを防止する目的で使用します

日傘1本あればアームカバーをしたり、日焼け止めを塗ったりと面倒なことしなくても気軽に外に出ることも出来ます。

紫外線を気にしたファッションにも左右されることがなくなるのでオシャレに気を使っている方には嬉しいアイテムです。

日傘の役割② 熱中症対策になる

近年は猛暑日が続くこともしばしばあります。

特にオフィスビル街を徒歩で移動することが多いという方は、アスファルトとビルからの照り返しで熱中症になりやすい状況です。

影をつくるという目的で日傘が使用され始めた為、男性の利用者も増えてきました

>>日傘の色あせは復活できる?

>>超簡単ネッククーラーの作り方はこちら!

スポンサーリンク

日傘の効果的な色は?おすすめの日傘

そろそろ日傘を買い替えようかと思っている方へ、完全遮光100%のおすすめの日傘を厳選しました。

スポンサーリンク

日傘の効果的な色は?まとめ

紫外線対策にも熱中症対策にも適している日傘ですが、大切なのは自分が使いやすい色や形や機能を選ぶことです。

UV加工されていれば選ぶ色の自由度は高いですが、長さや形を間違えてしまうと便利なはずの日傘が邪魔なものになってしまいます。

また、熱中症対策に購入したい場合は遮光率が高い日傘かどうかも確認しましょう。

色も形も機能も自分の生活スタイルに合った日傘を是非探してみて下さい。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント