Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

堀江貴文(ホリエモン)はなぜ捕まった?逮捕理由と容疑は?

horiemon 有名人
horiemon

ホリエモンこと堀江貴文さんといえば、日本では知らない人がいないほど有名な実業家です。最近では、都知事選に出馬するとの噂も立っています。

彼の名が知られるようになったのは、今から20年ほど前のことでした。

彼は、当時急成長を遂げていた、インターネットサービス等を提供する会社・ライブドアの社長として、多くのメディアに登場するようになったのです。

しかし2006年、いわゆる「ライブドア事件」で有罪判決を受け、懲役刑を課せられました。

今は刑期を終えて出所し、実業家としてさまざまな事業を行っています。

この記事では、堀江貴文(ホリエモン)さんのついて以下を紹介します。

・堀江貴文(ホリエモン)さんのプロフィール
・堀江貴文(ホリエモン)さんがライブドアを設立したきっかけ
・堀江貴文(ホリエモン)さんが逮捕された容疑は?
・堀江貴文(ホリエモン)さんの逮捕には裏がある?
・堀江貴文(ホリエモン)さんが入所し出所するまで

堀江貴文(ホリエモン)さんに少しでも興味を持っている人は、読んでみてください!

スポンサーリンク

堀江貴文(ホリエモン)のプロフィール

ライブドア事件に入る前に、ホリエモンのプロフィールをざっくり確認しておきましょう。

事件が明るみに出た当時の彼は、33歳という若さでした。

  • 誕生日:1972年10月29日(47歳)
  • 出身地:福岡県八女市
  • 学歴:久留米大学附設中学校・高等学校出身、東京大学文学部中退

堀江貴文(ホリエモン)の収入源と現在の年収は?資産総額も調査!

【2020年】堀江貴文氏の本のおすすめ!人気と読みやすさから厳選!

スポンサーリンク

堀江貴文(ホリエモン)がライブドアを設立したきっかけは?

ホリエモンは大学在学中に「インターネット」と出会いました。

まだ携帯電話も普及しておらず、ポケベルが全盛期だった時代の話ですが、彼はネットが急速に広まっていくことを察知したようです。

そして1996年、ホームページ制作などを請け負う会社「有限会社オン・ザ・エッヂ」を設立しました。

その後、東証マザーズ上場などを経て、2002年、経営破綻した「株式会社ライブドア」のブランド名及びサービスを取得します。そして、社名をオン・ザ・エッジから「ライブドア」に変更しました。

ライブドアは、インターネット、メディア、金融など、幅広い事業を展開し、しだいに大きくなっていきました。

社長であるホリエモンの名前も、どんどん有名になっていったのです。

スポンサーリンク

堀江貴文(ホリエモン)はなぜ逮捕されたのか?容疑は?

では、ホリエモンがなぜ逮捕されたのか、その容疑について見ていきます。

いずれも専門用語がたくさん出てきてじつに複雑な話なので、ざっくりと解説します。

偽計及び風説の流布容疑

当時、ライブドアは「マネーライフ社」という会社を買収したのですが、その際に、マネーライフ社の価値が、実際よりも高く見えるように、いろいろと工作をしたとのことです。

具体的には、ライブドアの子会社が、マネーライフ社の価値を高めに算出して公表したそうです。しかもその内容を、ライブドアの子会社ではなく、まったく無関係の別の会社が算出したかのように公表したのです。

子会社が出した算出結果では、「よく見えるように過大評価しているのでは?」と思われてしまいますよね。でも第三者が出した結果であれば、世間にも信用されやすいです。

そうやって、あたかも大きな会社を買収したかのように見せたとのことです。

その結果、「ライブドアが世間に公表した内容は虚偽だった」ということで、罪に問われました。

また、平成16年の第三四半期、ライブドアは、赤字が出ていたにもかかわらず、架空の売上を計上して「完全黒字化できた」と公表しました。

この点に関しても、虚偽の事実だったとして問題にされたのです。

有価証券報告書虚偽記載容疑

上のものと似ていますが、2004年9月期の連結決算において、架空の売上を計上し赤字をごまかしたというものです。

また、ライブドアの子会社が、ライブドアの株を売って得た利益を、「投資による利益だ」と、ライブドアの売上として計上したことも問題とされました。

子会社が親会社の株を売って得たお金は、売上として計上してはいけないことになっているのです。

スポンサーリンク

堀江貴文(ホリエモン)が逮捕されたのには裏がある?

ライブドアのこうした行いは、たしかに違法なものです。

しかし、彼よりも大きなお金をごまかし、虚偽の事実を公表したのに、お金を払うだけで、刑務所には入らずに済んでいる人もたくさんいます。

それなのに、なぜホリエモンは逮捕され、実刑判決を受けたのでしょうか。

そこには、ライブドアやホリエモンに対する、政財界の危機感などがあったとされています。

当時のホリエモンは、株式をうまく利用し、ライブドアを急成長させたばかりでなく、プロ野球球団の買収に乗り出したり、政界への進出を目論んだりと、とにかく目立っていたのです。

政財界の人たちは、そんな彼が気に食わなかったのでしょう。

また、ホリエモンをこころよく思わない人が、ライブドアの行き過ぎた運営について、東京地検特捜部に情報を寄せてもいました。

出る杭は打たれるとは、まさにこのことだったのでしょう。

スポンサーリンク

堀江貴文(ホリエモン)が入所し出所するまで

ライブドア事件の捜査が始まったのは2005年のことです。

その後、ホリエモンやライブドアの事業所の家宅捜索などを経て、2006年9月にホリエモンの初公判が行われました。

裁判では、上で紹介したようなことを、ホリエモンが主導してやっていたのか、また、違法と知っていてやっていたのか、という点が争われました。

もちろんホリエモンは、自分は知らなかったと主張しました。

しかし結果として、ホリエモンの主張はほとんど通らず、懲役2年6ヶ月の実刑判決が言い渡されました。

ホリエモンは控訴、上告しましたが、いずれも棄却されました。

2011年5月、裁判は結審し、ホリエモンの収監が決定しました。

ホリエモンが自宅から東京高等検察庁に出頭していく様子は、ニコニコ動画などで生中継されています。

2013年、仮釈放を経て、刑期満了で出所しました。

ちなみに、捜査が始まってから裁判が終わるまでの間、ホリエモンは合計で5億円の保釈金を納付し、保釈されています。

一般人には到底払えないお金ですが、ホリエモンは即日納付したそうです。

スポンサーリンク

刑務所というどん底から這い上がってきたホリエモン

刑期を満了したホリエモンは、かなりスリムになっていました。(その後リバウンドしましたが)

そして、刑務所での生活がどれほど大変なものだったかを隠さずに語り、またしても彼は多くの注目を集めることになります。

普通、どれだけの有名人でも、逮捕されるとメディアの表舞台からは消えていくものですが、ホリエモンは違いました。

今もなお、「日本で最も有名な実業家のひとり」として、テレビや雑誌でも頻繁に取りあげられています。

ライブドアのやり方が正しかったどうかは別として、前向きで、諦めないその姿勢は見習いたいものですね。

有名人
スポンサーリンク
ats blog

コメント