Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

インフルエンザ襲来!クレベリンの効果や期間・赤ちゃんは大丈夫?

インフルエンザ

冷たい風が吹き、グッと冷え込む冬、小さなお子さんがいるご家庭が心配になるのはこの時期に毎年大流行する「インフルエンザ」です。

手洗いうがい・マスクだけではなく、室内が乾燥しないように加湿器を置いたりとしっかりと対策をするご家庭は多いのではないでしょうか。

冬のテレビCMを見ると必ず頻繁に登場するのが「クレベリン」のCMです。

今回はインフルエンザが流行る時期に予防として活躍を期待されているクレベリンの効果や期間、赤ちゃんのいる家庭に設置しても大丈夫なのかを調べてみたいと思います。

クレベリンの効果的な置き場所は?

クレベリンの副作用の影響は?

スポンサーリンク

クレベリンとは?

ではまず「クレベリン」とは一体何かを見ていきましょう。

クレベリンとは空気中にあるウイルスや菌さらにニオイなどを除去する目的で開発された商品です。

「クレベリン」には“今までになかった方法でclever(賢く)Clean(キレイに)する”を造語にした名称で、ゲルタイプの置型・スプレータイプ・スティックタイプが現在ドラックストアやホームセンターなどで発売されています。

クレベリンの成分は「二酸化塩素」を主成分とし、溶存二酸化塩素ガス、亜塩素酸塩・pH調整剤を構成成分としたことで時間とともに減少してしまう二酸化塩素の濃度を一定化させることができゲル剤として流通製品化を可能にしました。

クレベリンの効果や期間は?

クレベリンが「二酸化塩素」を主成分にしていることが分かったところでここからはクレベリンに期待できる効果について調べていきましょう。

クレベリンには次のような効果を期待することができます。

それは「ウイルス除去・消臭・カビの抑制・アレルギー物質除去」です。

ウイルス除去

二酸化塩素にはインフルエンザやノロウイルスなどのウイルスの構造を不活化に変化させてくれる効果を期待できます。

消臭

悪臭の原因を二酸化塩素が酸化させることによってお部屋のニオイを消臭してくれる効果を期待できます。

カビの抑制

二酸化塩素ガスにはカビ菌の繁殖する素となる菌糸の成長を抑える働きがあるので、冬の時期に湿気などでカビが気になる室内で大いに効果を発揮してくれます。

アレルギー物質除去

アレルギー物質の原因となるアレルゲンを二酸化塩素が分解してくれる働きがあるのでアレルギー症状を起こさない物質へと変化させてくれます。

そしてクレベリンが効果を発揮する期間についてですが使用するタイプによって変わってきます。

「置型タイプ」は2種類あり、容量60gのものは居間(6~8畳)の広さで約2ヶ月間、そして容量150gのものは居間(8~12畳)の広さで約2ヶ月の効果期間になります。

「スティックタイプ」は1gのスティックが2本入って販売されています。

人の出入りの激しい学校や病院などの環境にオススメで2週間の目安で交換します。

「スプレータイプ」は300mlのものでこちらはニオイの気になる箇所に使用するものでオムツや下駄箱などの消臭のために1畳あたり1スプレー使用します。

ちなみにスプレータイプは携帯用の60mlサイズもあるので旅行や公衆トイレなどでも使用することができますね。

スポンサーリンク

赤ちゃんがいても使用できるの?

さて、クレベリンの優れた効果やその効果を発揮する期間が理解できましたがインフルエンザやノロウイルスに家族がかかると心配なのは家族内での感染拡大ですよね。

それも家族に薬を服用することができない赤ちゃんがいたらさらに心配になります、しかし二酸化塩素を成分としたクレベリンを赤ちゃんがいるお部屋にも使用することができるのでしょうか?

結論からお話すると、クレベリンは人体に影響を与えることはないので赤ちゃんのいるお部屋でも使用することはできます。

しかしお子さんがいるご家庭は手の届かない場所に設置してください、また直接吸い込まないように、そしてこぼさないようにも注意してください。

スポンサーリンク

クレベリンは赤ちゃんのいる部屋でも使用可能!

今回はインフルエンザなどが大流行する時期に室内での感染対策として使用し効果を期待できる「クレベリン」について調べてきました。

二酸化塩素を主成分にしているクレベリンは小さなお子さんがいるご家庭でも人体に影響を与えることがないので使用することができ、色んなタイプがあるのでそれぞれのシーンに合わせて使い分けしてみてはいかがでしょうか。

さらに2019年秋には新商品として手指専用のジェルや口に入っても安心なキッチンで使用できるタイプも登場した「クレベリン」、しっかりと対策を行ってウイルスや対策をして元気に過ごしたいですね。

インフルエンザ
スポンサーリンク
zatttg

コメント