Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

知らないと損するインフルエンザ予防接種の効果!?受験生は受けるべき?

生活

寒い寒い冬になると、猛威をふるうのがインフルエンザ、他にもたくさんの病気が流行りますよね、そんな中、子供を持つ親は必死で予防や対策を考えて行動します。

冬の病気が流行する時期、子供を持つ親の中でも特に神経質になるのが「受験生」のいるご家庭ではないでしょうか?

インフルエンザの対策としてまず考えられるのは「予防接種」、今回は受験生やお子さんのいるご家庭でできるインフルエンザ対策の1つ「予防接種」について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザの流行期はいつ?予防接種はした方がいいの?

インフルエンザが流行る時期って毎年何月くらいかなー?

インフルエンザは、例年11月下旬頃から12月上旬頃からはじまり、1月下旬から2月にピークを迎え3月頃まで油断ができない時期が続きます

2020年~2021年ののインフルエンザの発生状況は厚生労働省HPをご覧ください。

これはまさに受験生が受験シーズン真っ只中な時期と重なります。

しかし最近は、インフルエンザの流行時期が早まりつつあります。

そうなんです、近年では全国的に見ても例年よりも早い時期にインフルエンザの「注意報」が出ています。

このようにインフルエンザの時期が早まったと聞き、受験生やお子さんがいるご家庭では早くも対策を考えておられることでしょう。

数ある対策の中で最初に思いつく予防方法、それはやはり「予防接種」です、ではその予防接種に関して調べていきましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の効果や時期は?

インフルエンザの予防接種の効果

インフルエンザウイルスは鼻の粘膜から体内に侵入し、ウイルスが細胞内に入り込んで増えていくことで、突然高熱が出て、全身倦怠感や頭痛・喉の痛みなどの重い体の症状を引き起こしていき重症化しやすい病気です。

しかしインフルエンザワクチンを接種していると、細胞内に入り込んで増え始める前にウイルスをやっつけて「発症を抑えてくれる」効果を期待できます。

近年行われた厳しい統計法によると、13歳以上の方が1回接種するとおよそ50%その効果が有効と言われています。

じつはこのインフルエンザワクチンがどのくらいその予防に有効化を調べるのはとても難しく、インフルエンザワクチンを接種したからと言って「絶対に」インフルエンザに罹らないというわけではないのが現実なのです。

とはいえ、ワクチンを接種しておくことで50%は発症を抑えてくれる効果が期待できますし、インフルエンザに罹っても上記に挙げたような重症化する可能性が低くなるのもまた事実なのです。

以上のことから、受験生や子供のいるご家庭であればやはりインフルエンザワクチンを家族みんなが接種しておく方が家庭内で移し合って重症化するのを防げるかも知れませんね。

インフルエンザの予防接種の効果的な時期

では、このインフルエンザワクチンはいつ接種するのが効果的で、どのくらいの期間効果が続くのでしょうか?

「インフルエンザワクチン」についてまとめると以下のようになるよ!

<インフルエンザワクチンについて>

・予防接種は、13歳以上で通常1回、13歳以下で2回が良い

・接種をして体内で抗体が出来上がるのに約1ヶ月かかる

・抗体が出来上がってからその効果は約5ヶ月間続く

例年であれば、10月下旬に接種して11月末の流行スタートに合わせて接触する人が多いです。

 

抗体ができるのに約1か月かかるから、流行時期から逆算して予防接種する人が多いんだね!

 

ちなみに13歳以下のお子さんが接種する場合、接種回数は2回で接種間隔は2~4週間となっています。

お子さんのいるご家庭はそのあたりも考慮してインフルエンザワクチンの接種開始時期を計画しましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の効果まとめ

今回は毎年大流行するインフルエンザの予防方法の1つ「予防接種」について調べてきました。

接種したから100%インフルエンザには罹らないというわけでは残念ながらありませんが、その効果は50%「発症を抑えてくれる」効果があります。

また重症化することを防いでくれる可能性も期待できるので、受験シーズン真っ只中に流行のピークを迎えるインフルエンザからお子さんを守るためにも摂取することは勧められます。

またその効果は抗体ができるまでに約1ヶ月、そこから約5ヶ月間効果は続くと言われています、家族みんなでインフルエンザ発症を予防接種で予防し、受験シーズンを迎えたいですね。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント