Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

これってもしかしてインフルエンザ?症状や予兆は?風邪との違いは?

生活

冷たい風が吹き、マスクをする人の姿が目立つ頃に毎年流行するのが「インフルエンザ」。

しかしこの時期にはインフルエンザなのか、ただの風邪なのかが分からない、なんてことはないですか?

とくに小さなお子さんがいるご家庭では早く熱を下げてあげたい、咳や鼻水で寝苦しい夜を解消してあげたいと思いますよね。

今回は冬になると必ず猛威を振るうインフルエンザの症状や感じる予兆とは何なのかを一緒に調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザとは?

ではまず、インフルエンザとはそもそも何なのかを調べていきましょう。

インフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症で上気道炎症状・呼吸器疾患を呈します。

ほとんどの人の場合、季節性インフルエンザに一度かかるとウイルスに対する抗体が高まるので、季節性インフルエンザの免疫は体内で持っているんです。

しかし近年「新型インフルエンザ」という名で従来のウイルスが突然変異したインフルエンザウイルスがそれまでのウイルスとは異なる構造で生まれ、前年とは異なるウイルスとなって感染拡大をしています。

つまりもともと強い感染力を持つインフルエンザウイルスが毎年その形を変えて抗体のない体に侵入してくるので、一気に感染が広がっていくのです。

スポンサーリンク

症状や予兆は?

毎年猛威を振るうインフルエンザに関して分かったところで、インフルエンザの症状やその予兆を詳しく見ていきましょう。

まずインフルエンザは潜伏期間が1日~3日、その後に発熱(通常38度以上の高熱)が起こり頭痛・全身倦怠感・筋肉痛・関節痛などが「突然」現れ、さらに咳や鼻水の上気道炎症状が出るとても重い全身症状が特徴です。

「突然」、発熱・全身倦怠感が襲うので、朝は元気だったのにお昼に急にグッタリしたかと思ったら発熱といった感じで、インフルエンザは予兆を感じること自体じつはなかなか難しいのが現実なのです。

スポンサーリンク

風邪とインフルの見分け方は?

確かに上記のような症状であればインフルエンザ確定だと思っても良いと思います、しかし最近では「38度以上の高熱が出ない」・「頭痛や倦怠感もない」インフルエンザもあるのです。

熱が37℃台の微熱でもインフルエンザを発症していたなんてこともあり「高熱が必ず出るとは限らない」のです。

そうなると普通の「風邪」との見分けがつかないですよね、正直微熱程度であればお仕事に行くという方も多いはずです。

では風邪とインフルエンザを見分ける方法はないのでしょうか?

結論からお話すると残念ながらこの2つを見分けるのは大変難しく検査をしてみないと分からないのです。

なので「インフルエンザが流行している・家族やお友達にインフルエンザ患者がいる」のであれば、微熱であっても病院を受診して検査を受けることをオススメします。

スポンサーリンク

いつ受診する?

しかしインフルエンザの受診には注意も必要で、発熱に気づいてすぐに検査をしてもその症状がインフルエンザなのか風邪なのかを確定する事が難しいのです。

なぜなら一般的にインフルエンザは発熱に気づいてから12時間から24時間後に検査すると結果が確実にわかると言われているからです。

そうはいっても発熱して12時間以上待つのはかなり辛いですよね、そこで最近では発熱に気づいて12時間以内だから結果が「絶対」に出ないというわけではなく「出にくい」という意味で捉えているようですね。

インフルエンザ流行期なら、午前中に微熱でも発熱に気づいたら、夕方の診察に行って検査をしても良いですね。

スポンサーリンク

インフルエンザの症状・予兆まとめ

今回は毎年猛威をふるい私達を悩ませる「インフルエンザ」についてその症状や予兆があるのかを調べてきました。

残念ながらインフルエンザは「突然」高熱や全身倦怠感といった症状に襲われるため予兆を感じることはできません、また微熱や倦怠感がなくてもインフルエンザを発症していたということケースもあることが分かりました。

一般的な風邪とも見分けることができず、インフルエンザ流行期であるなら微熱であっても病院で検査をして確かめ、適切な治療を受けることが強い感染力であるインフルエンザの感染拡大を防ぐ事ができます。

重症化しやすいインフルエンザ、流行期は「微熱だから大丈夫」と過信しないように、また高熱が出たなら確実である可能性は高いのでしっかりと病院へ受診しインフルエンザ専用のお薬を処方していただきましょう。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント