中国がここ1か月余りで諸外国に輸出したマスクの数が、累計40億枚近くに上っていると、関係者らが5日、明らかにした。

ただ中国が輸出する医療物資の品質をめぐっては懸念が広がっており、同国はその払拭(ふっしょく)に努めている。

 中国国内の新型コロナウイルス感染者数は減少する一方、世界では死者が増え続けており、一部では防護用品不足も発生している。中国政府は、工場に医療用品の増産を促している。