Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

除湿シートのおすすめは?イオンやニトリの口コミも!

睡眠

日本の夏は湿気が多く、床や畳に直接布団を敷いていると、ある日気づいたらカビが生えていた!ということも珍しくありません。また、布団が寝汗でびっしょりということもありますよね。

そこで活躍するのが除湿シートです。布団の湿気を取ってくれるので、カビの発生を防ぎ、快適に眠ることができます

しかし、多くのメーカーから販売されていて、どれを選んだら良いか迷ってしまう人も多いですよね。

ここでは、オススメの除湿シートと、除湿シートの正しい選び方について紹介します!

オススメの除湿シートは?

除湿シートは寝具メーカーからも出ていますが、ニトリやイオンでも販売しています。安価で使いやすいと評判なので、オススメですよ

【ニトリ】洗える除湿シート

洗濯機でまるごと洗えるというのが嬉しい除湿シート。お値段も手頃です。押入れの除湿にも使えます。

干すタイミングを教えてくれるセンサー付きなので、手入れも楽ですね!

【ニトリ】洗える珪藻土入り除湿シート

上の商品に、珪藻土が入り少しお値段が高くなっています。

吸水性・放湿性が改善されているだけでなく、脱臭・消臭効果も期待できます。

【イオン】HOME COORDY 丸ごと洗える除湿シート

価格:1,922円(シングル)

こちらも丸洗い可能で、センサーも就いています。

さらに防カビ機能付きで、1年中快適に使えます!

また、消臭機能を追加した「HOME COORDY備長炭入り消臭機能付き除湿シート(価格:2,138円)」もあります。

ニトリ・イオンの除湿シートの口コミ

寝具専門メーカーでないと、性能に不安があるという人もいますよね。

でも口コミ・レビューを見てみると…

・洗えるのが良い
・サインがあって使いやすい
・速乾性も高い

と、全体的に高評価です。

除湿シートとしての役割には、多くの人が満足しているようです。

ただ一方で、

・寝返りを打つたびに動いてしまう
・ずれやすい

という声がよく聞かれます。

布団やマットレスに固定できるゴムバンドがないので、使っていると動いてしまうようです。

寝相が良い人は気にならないと思いますが、ヒモやゴムなどで固定した方が安心かもしれませんね

除湿シートの価格差ってなんの差なの?

除湿シートの中には除湿剤が入っています。価格の差は、だいたいこの素材の差です

除湿剤には、お菓子の缶などにも入っている「シリカゲル」や、その吸水性をアップさせた「シリカゲルB型」のほか、帝人が開発した「ベルオアシス」や、東洋紡の「モイスファイン」「モイスファインEX」などの素材が使われています。

ベルオアシスはシリカゲルの約2倍、モイスファインは23倍の吸収力があるそうです

ベルオアシスやモイスファインを使用したものは、シリカゲルのものより性能が高いですが、そのぶんお値段が高くなります。

吸収力抜群!「ベルオアシス」を使った【もっとん除湿シート】はこちらから!
>>【モットン除湿シート】公式サイト

シングルサイズのもので、2000円未満で購入できるものはだいたいシリカゲルB型です。5000円以上するものは、その他の高性能素材と思ってください。

素材による使い心地の差は?

素材によって、寝心地が違うとか、吸水性が驚くほど違う、という話はあまり聞かれません

ただ、ベルオアシス等の高性能な素材は、吸水性が高いだけでなく放湿性や耐久性にも優れているため、シリカゲルのものに比べ、長持ちするというメリットがあります

シリカゲルは、こまめに干さないと除湿シート自体が湿ってきて、吸水性が落ちてしまいます

その点、高性能な素材は、環境に合わせて吸湿・放湿をしてくれるので、手入れも楽です。

ちなみにニトリの製品は「シリカゲルB型」を使用しているようです(イオンは表示がなくわかりませんでした)。

吸水性を長持ちさせるには、こまめにセンサーをチェックして、ちゃんと天日干しすることが重要ですね!

除湿シートを選ぶときのポイントは?

では最後に、良い除湿シートの選び方について確認しておきましょう!

何より大切なのは吸水力&速乾力!

除湿力や吸水力が重要なのは言うまでもないですよね。

でも、毎日使用して、頻繁に干すとなると、追加で必要になるのが速乾力です。

わずかな時間干しているだけで乾いてくれれば、お手入れが楽ですよね!丸洗いしたあともすぐに乾いてくれます。

お手入れが簡単なのも大切!洗濯機で洗える&センサー付きがオススメ

夏場は汗をまるごと吸ってくれるので、洗濯機で洗えるものを選ぶことが重要です。

「丸洗いできます」と書いてあっても、手洗いする必要がある製品もあるので、注意してください。

また、干すタイミングを教えてくれるセンサーがあると便利です。乾いたときには元の色に戻ってくれるので、干したあと取り込むタイミングもわかりやすいですよ!

まとめ

布団やシーツは、ひとたびカビが生えてしまうと、専門の業者にお願いしてクリーニングしてもらうか、捨てるしかありません。

 たった2000円程度の除湿シートで、高価なクリーニングも買い直しも不要になるなら、こんなありがたい話はないですよね!

除湿シートを利用して、カビや湿気とは無縁の夜を過ごしましょう!

コメント