Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

加湿器のカビが病気や咳の原因に!カビの発生を防ぐには?

除湿、加湿

寒さが近づいてくると、加湿器の出番がやってきますね。風邪の予防などにつながる加湿器の存在は冬には欠かせない存在です。

しかし、ちゃんと手入れはしているでしょうか?水を入れてボタンを押すだけ、という人がほとんどだと思います。実はあまり知られてはいませんが、加湿器にカビが発生すると、病気や咳の原因になってしまうんです。

ここではカビ発生による病気のリスクと、日頃の加湿器の手入れをご紹介します。

スポンサーリンク

加湿器でカビが発生する原因は?

加湿器の内部を不衛生にしているとカビが発生します。

加湿器を常用していると、タンク内部に常に水が入っている状態になります。さらに掃除をしないまま放置していると、水中に含まれているゴミがどんどん蓄積され、雑菌にとっての養分となります。フィルター部分はゴミが集まりやすいので要注意です。

カビのようなものが見えなくても、内部にぬめりがあるケースがあります。ぬめりは繁殖した細菌が放出する粘着質な成分なのです。内部を触る機会はあまり無いですから、気づきにくいポイントです。

特に超音波式の加湿器は、スチーム式よりもカビが発生しやすいです。スチーム式は内部の水が熱によって殺菌されますが、超音波方式では熱をかけない方法で水蒸気を発散させているためです。

スポンサーリンク

加湿器のカビが原因の病気や症状は?

カビを撒き散らすような加湿器は、人体にとって有害な装置となりえます。

水蒸気とともに部屋中に舞った雑菌やカビは、簡単に呼吸によって人間の体内に取り込まれ、肺や気管支に到達します。人体が菌を吸い続けた結果、アレルギー反応を引き起こして肺炎になってしまいます。このような加湿器に起因した健康被害のことは、加湿器病、加湿器肺などという呼び方をされています。

主な症状は咳・たん、胸の痛み、発熱、全身の倦怠感などです。風邪とよく似ているので、勘違いされがちです。外に出てるときは正常でも、家に帰って加湿器をつけると症状が発生する、という場合は加湿器病を疑いましょう。

また、高齢者や新生児がいる家庭では注意してください。水道水を長期間放置していると、レジネオラ菌が発生し、レジネオラ症を引き起こす危険性があります。過去に、老人ホームで加湿器が原因となった死亡例が報告されています。

スポンサーリンク

加湿器が原因で肺炎になってしまったら?

加湿器によってもたらされる肺炎は、正式には過敏性肺臓炎と言うそうです。通常の肺炎の抗生物質は効果がありません。

体質が関係しており、アレルギーを持つ人だけが発症します。発症が疑われる場合は、すぐに病院で受診してください。

抗原(汚れた加湿器)から離れるために入院が必要ですが、軽度だとすぐに治ります。しかし、状況によってはステロイドを投与することもあるようです。

スポンサーリンク

加湿器のカビの発生を防ぐにはどうしたらいいの?

では、どうしたら加湿器を清潔な状態に保つことができるのでしょうか。

こまめに水を取り替えることが大事です。というより必要以上の水を入れないようにすると良いです。中に水が残ったままの状態で放置しないように気をつけましょう。蒸気として使い切るか、最初からなるべく水を入れすぎないようにする癖をつけましょう。

また、定期的にクエン酸や、重曹を溶かした水に浸けておくなどの掃除をしておくと、カビの発生を防ぐことができます。すでにカビが生えてしまった場合は、ブラシなどで取り除きましょう。洗剤を使うのもありですが、十分に洗い流すように配慮する必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

加湿器の使用状況によってはカビが発生し、アレルギーや咳の原因になります。健康や喉のために加湿器を使っているのに逆効果になってしまった、などということが起こらないように加湿器の掃除をこまめにすると、快適な生活を保つことができます。

除湿、加湿
スポンサーリンク
zatttg

コメント