Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

河村勇輝選手の出身中学とプロフィール!プロに行かず大学に進学?

スポーツ

近年、日本のスポーツ界は大きく注目され世界でも通用するほどの実力者を多く排出しています。

そんな中、今Bリーグでもっとも「ファンを沸かせる選手」として大人気の選手・河村勇輝選手を皆さんがご存知でしょうか?

じつは河村勇輝選手は2020年2月現在、現役の高校生なんです。

高校生でありながらB1クラブの中心プレーヤーとして活躍している河村勇輝選手、今回はそんな河村勇輝選手の出身校などのプロフィールや今後の進路などを調べていきたいと思います。

なんと、河村勇輝選手はB1クラブで大活躍しているのにも関わらず、プロには進まず大学に進学をすることが分かりました。

是非ご覧ください。

スポンサーリンク

河村勇輝選手のプロフィール

  • 2001年5月2日生まれの18歳(2020年2月現在)
  • 三遠ネオフェニックスではPG(ポイントガード)のポジション。
  • 身長172cm・体重63kg。
スポンサーリンク

河村勇輝選手はいつからバスケットを始めた?

河村勇輝選手は小学校1年生の頃からバスケットを始めて、バスケットの指導者をしていたお父様が取り付けてくれたというバスケットリングで毎日のようにシュートを打って練習していたそうです。

小学校6年生の時に所属するチームはは全国大会に出場し、見事優勝という成績もおさめています。

お父様が指導者というのは大きな影響を及ぼしたでしょうね。

スポンサーリンク

河村勇輝選手の出身中学校は?

河村勇輝選手は山口県の出身で、中学校は地元の「柳井市立柳井中学校」を卒業しています。

中学校ではもちろんバスケ部に所属し、全国大会にも出場しています。

大会での成績はベスト16ではありましたが、河村勇輝選手の群を抜いたパスセンスは注目を集めることになり「U16日本代表」に選ばれました

そんな注目が集まる河村勇輝選手に真っ先に声をかけたのが、現在の高校のコーチでした。

ではその高校とはどこなのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

河村勇輝選手の高校は?

中学時代からU16日本代表に選出されるなどの注目を浴びた河村勇輝選手にいち早く声をかけたのが現在も在学している高校「福岡第一高等学校」の井手口コーチでした。

山口県出身の河村勇輝選手は高校生になる時に地元を離れ寮生活を送りながら、この福岡第一高等学校に通い、バスケ部に所属するのです。

1年生の冬に行われたウィンターカップではスターターとして出場し井手口コーチから「ドリブルやシュートが上手い選手はたくさんいるが、河村勇輝選手のパスは早くてとても丁寧、これはなかなかできる人はいない」と高評価を得ています。

高校2年生の時には「U18日本代表」に選ばれ、オーストラリア戦には破れましたが外国人選手に通用するほどのスピードを誇りました。

また同じく高校2年生・高校3年生の時のウィンターカップで強豪校・中部大学第一高等学校を圧倒し優勝しています、このときの個人成績は16得点・7アシストと貢献しています。

◆関連記事:川村勇輝選手のバッシュのメーカーと口コミは?

スポンサーリンク

河村勇輝選手は三遠ネオフェニックスに加入

高校生でのこれだけの活躍を放っておかなかったのが現在特別指定選手として所属する「三遠ネオフェニックス」でした。

2020年1月20日に三遠ネオフェニックスへの加入が決まると、多くのバスケットファンが驚きを隠せなかったといいます。

加入からわずか5日後の1月25日には千葉ジェッツ戦でいきなりのデビュー戦を果たし、B1史上最年少(18歳8ヶ月23日)での出場・得点の記録を更新しました。

この活躍に「高校生がここまでやるのか」とバスケット界に激震が走ったといいます。

もちろんこのままプロのバスケットプレーヤーとして活躍するのかと思いきや河村勇輝選手は大学への進学を選んでいることが明らかになっています。

スポンサーリンク

河村勇輝選手は大学に進学?

まさかの大学進学を表明した河村勇輝選手、進学先に選んだのは「東海大学」です。

バスケットファンは進学よりもいち早くチームに正式所属をしてプレーして欲しいと思うと思いますが、河村勇輝選手はあえて大学進学を選んでいます。

じつは今現在、さきほどご紹介した三遠ネオフェニックスには在学しながらBリーグの試合ができる「特別指定選手」という立場にいます、そんな河村勇輝選手が進学を望むのにはどんな理由があるのか周りは推測を始めています。

例えば教育者、つまり教諭になりたいと考えているのではないかといったこと。

もちろん外野が河村勇輝選手の将来をあれこれ言う権利はないのですが、確かに体育の先生でバスケ部顧問になれば敵なしになりそうですよね。

同じように今B1で活躍する河村勇輝選手は、「もちろんプロの世界で通用する選手ではあるが、フィジカル面を進学することによって強化して後にプロに来るというのも自身の強みになる」と語っています

確かにそういったメリットも進学によって得られますね、どんな決断をしても河村勇輝選手が輝ける場所を見つけそこで活躍し、いつかファンの期待にも答えてくれることを願いたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は高校生でありながらBリーグで「観客をわかせる選手」として大注目の河村勇輝選手について、その凄さを見てきました。

練習時間は毎日7時間と言われており、繰り出される素早くて的確なパスを武器に現在「特別指定選手」として三遠ネオフェニックスでプレーする河村勇輝選手。

高校卒業後はプロの道ではなく大学進学が決まっているため、ファンはちょっと残念ではありますが、河村勇輝選手が決めた自身の人生。

いつかまたプロとして活躍してくれることを期待しながら今後の大学生活も楽しんでいただき、大学在学中の河村勇輝選手のプレーにも注目していきたいですね。

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント