Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

敬老の日おすすめの食事メニューや食材!料理を作る時の注意点は?

イベント

年配の人を敬い、長寿を願う敬老の日。

おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に暮らしている人や、プレゼントを渡すために会いに行くという人は、この日に一緒に食事をとるという機会もあるでしょう。

そんなときは、敬老の日にちなんだメニューを用意するのがおすすめです。

「敬老の日はこれ!」というほど、決まった食材や料理があるわけではないのですが、9月という時期と、健康を願うという意味から、いくつか定番のものがあります。

この記事では、敬老の日のおすすめの食事メニューや食材、敬老の日の食事を作る際の注意点を紹介します。

敬老の日のメニューを考える際には、参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

敬老の日のおすすめの食事メニューや食材

お祝いの日なので、おめでたい料理が並びます。

祝われる側の人が好きなものを用意するのが基本ですが、それ以外には以下のものが一般的なようです。

赤飯

お祝いメニューの鉄板ですね!

赤は、邪気を払うと言われている色なので、敬老の日、長寿を願うのにぴったりです。

小豆からこだわって作ると時間がかかりますが、白米に混ぜて炊くだけのものもあるので、それほど苦労しなくても用意できますよ!

ちらし寿司

こちらは食べやすさや豪華さから選ばれているようです。

1人前ずつ用意するのではなく、大きな皿やお櫃に大量に用意して、取り分けて食べるというのがおすすめです。

魚介がたくさん乗っていて、見た目が華やかですよね!また、好きな量だけ食べられるので、お年寄りから子どもまで、誰もが満足できます。

うなぎのひつまぶし

柔らかく食べやすいうなぎは、幅広い年代に人気があります。元気が出る食材として、広く知られていますよね!

三つ葉・大葉・錦糸卵などを混ぜて、豪華に見せるのがポイントです。

海老の天ぷら

海老には「腰が曲がるまで長寿でいて欲しい」という願いが込められているので、敬老の日にピッタリの食材といえます。邪気を払う赤も入っていますよね!

天ぷらは食べやすいし、ボリュームも感じられるし、失敗してまずくなることがほぼない調理ですし、こういう日にも便利です。

海老以外にも、さまざまな食材の天ぷらを一緒に添えることで、豪華な食卓にできますね!

タイ・アワビ・ブリなどの魚介

お祝いといえば、「めでたい」のタイです。こちらも赤いですね!尾頭付きが喜ばれますが、刺し身が好きな人にはそちらでも問題ないと思います。

また、アワビやブリも、縁起が良い食べ物として知られています。

それぞれ一品料理として出しても良いですし、ちらし寿司の具材として用意しても良いですね!

煮物

筑前煮、大根の煮物、ナスの煮物といった煮物は、食べやすくお年寄りに好まれるメニューです。

前日に作っておけば、当日は温めるだけで済みます。準備がしやすいというのも嬉しいですね!

その他:茶碗蒸し、汁物、デザートなど

そのほかに人気のメニューというと、老若男女に愛される茶碗蒸しや、お吸い物などの汁物があげられます。

汁物は、秋が旬のアサリのお吸い物や、タイの味噌汁などが良いようです。

デザートは、和でも洋でも構わないので、主役の年配の方が好きなものを用意すると良いでしょう。

ケーキが好きな人であれば、ホールケーキにしても良いと思います。また、旬のフルーツというのもおすすめですよ!

スポンサーリンク

敬老の日の食事を作る際の注意点

敬老の日の主役は、お年寄りであるということを忘れないようにしましょう。この日は主役が食べたいものというだけでなく、「食べやすいもの」を用意するのが基本です。

具体的には、柔らかく煮る、一口大に切る、魚の骨は取っておく、熱すぎないようにする、といった点に注意しましょう。

しっかり噛み切れるように、喉に詰まらないように、歯に挟まらないように、といった点に配慮し、調理することが大切です。

スポンサーリンク

敬老の日の食事を全部手料理で作るのが難しいときは

豪華な食事を用意するのは、なかなか大変です。

しかし最近は、ケータリングテイクアウト、出前でも美味しいメニューがたくさんあります。

 自分で作りきれないものは、そういったものの力を借りましょう。敬老の日にちなんだメニューを用意している店に食べに行く、というのも手ですよ!

スポンサーリンク

敬老の日に食事をして楽しく過ごそう!

敬老の日は、普段と少し違った食事を楽しむことで、おじいちゃん・おばあちゃんに喜んでもらいましょう。

子や孫も含めて、大勢でにぎやかに食卓を囲むことが大切です。

楽しい敬老の日にしてくださいね!

イベント
スポンサーリンク
ats blog

コメント