Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新型コロナで結婚式を延期やキャンセル?注意点やデメリットは?

生活

春は節目の季節です。学校しかり、会社しかり。そして結婚式もまた、春を選んで挙げる人が多い事でしょう。そんな時期ですが、現在、新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮っていおり、日本での感染者も刻一刻と増えていっています。

この状況の中で結婚式を行ってしまっていいのか?と悩んでいる人もいるでしょう。結婚式は今日決めて明日やる、というような単純なものではありません。何ヶ月も前から準備に準備を重ねて当日を迎えるものです。

ですから、新型コロナウイルスが流行っているからと言って、じゃあ止めておこうと軽く決断するのは難しいでしょう。だからと言って、結婚式を強行した結果、集団感染を招いてしまったら門出を祝って貰う所の話ではありません。

自分達だけでなく、好意で集まってくれた人達が万が一新型コロナウイルスに感染してしまったら、幸せな思い出にはならず一生悔やまなくてはなりません。ですが、必ず結婚式を中止したり延期しなければならない訳でもありません。

この記事では、結婚式をこのまま行った場合のデメリットや注意点、逆に延期やキャンセルした場合のデメリットと注意点やキャンセル料などを紹介していきます

また、新型コロナで結婚式保険は使えるのかどうかも検証していきます

迷っていたら参考にしてみて下さい。

新型コロナウィルスに関する詳細な情報は、厚生労働省「新型コロナウィルス感染症について」をご覧ください。

スポンサーリンク

新型コロナで結婚式を開催するデメリットと注意点

何ヶ月も前から準備してきた結婚式ですから、出来ればこのまま開催したいところです。

このまま予定通りに結婚式を開催した場合にはどんなデメリットがあり、どんなことに注意点しなければならないのか見ていきましょう。

デメリット1:クラスター(小規模集団感染)発生の恐れ

デメリットとしてまず上げられるのが、結婚式に出席した人達が小規模集団感染してしまう可能性です。

飽くまでも可能性ですが、密閉された空間に大勢の人間が集まるという状況は、感染の可能性を高めてしまうでしょう。

デメリット2:出席者が少なくて余計な出費が出る

新型コロナウイルスの感染拡大で結婚式の開催を悩む人がいるのと同じように、出席者側も悩んでいます。祝ってあげたい気持ちはあっても、感染する可能性のある状況に自ら行くのは躊躇われます。

自分だけではなく家族や周りの人も守らなければならないからです。その為、結婚式を開催しても出席者が酷く少なくなってしまう場合もあります。皆が皆式場のキャンセル料が発生する前に欠席連絡をしてきてくれるとは限らないので、余計な出費が増えてしまう可能性があります。

結婚式を開催するときの注意点

新型コロナウイルスが流行っているこの状況でも結婚式の開催に踏み切った場合、注意しなければならないことは兎に角人と人との距離が近すぎるような状況を作らないことです。

来賓の祝辞を省いたり、キャンドルサービスを取りやめたり、やり方は色々あります。来賓の祝辞やキャンドルサービスを削ってしまうのは非常に残念ですが、結婚式に来てくれた人を守らなければなりません。

まずは、どんな些細なことでも式場スタッフに相談しましょう。結婚式のプロに任せるべき所は任せて、今できる最大限のプランを考えてもらうのもひとつの手です。

スポンサーリンク

新型コロナで結婚式を延期するデメリットと注意点

新型コロナウイルスの影響を慮り、参列者の見の安全を考えて結婚式を延期すると決めた場合のデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

結婚式を延期した場合のデメリットと注意点について見ていきましょう。

デメリット1:キャンセル料や延長料金がかかる

結婚式を延期または中止した場合、延期を決めた時期に合わせて延長料金を取られてしまうでしょう。

式場もボランティアでやっている訳では無いので、例えコロナが原因でもある程度時間が経てばキャンセル料などを取らないと立ち行きません。

延期または中止を検討しているのであれば、その辺りは式場と密にやり取りをしておく必要があります。

デメリット2:次にいつ開催できるかわからない

結婚式を延期した場合、通常であれば新郎新婦や式場の空き状況などを鑑みるなどすれば、次の開催時期を決めるのはそこまで難しいことではないかもしれません。しかし、新型コロナウイルスの拡大はいつ収束するのか今の所わかっていません。

そのため、延期したはいいものの、次の開催時期を決められないままずるずる時間が過ぎてしまい、最悪の場合は結婚式をすることができないままで終わってしまうかもしれません。

結婚式を延期するときの注意点

結婚式を延期した場合、延長料金や次の開催時期が決めにくいなどの問題ももちろんありますが、忘れてはならないのが参列者へのフォローです。

結婚式は新郎新婦だけでできるものではありません。両家の家族、結婚式場、そしてゲストがいてこその結婚式です。

新型コロナウイルスが流行っていても行くよ、と言ってくれた人達へは、延期が決まったら速やかに連絡しなければなりません。ゲストは結婚式のためにスケジュールを調整してくれています。自分たちのために予定をあけておいてくれたゲストへの気配りを細やかに行うようにしましょう。

◆関連記事:『新型コロナ』結婚式を欠席したい時の理由や注意点は?

◆関連記事:『新型コロナ』美容院や床屋での感染は大丈夫?

◆関連記事:『新型コロナ』歯医者は行っても大丈夫?

スポンサーリンク

新型コロナで結婚式をキャンセルするデメリットと注意点

新型コロナウイルスが万が一にもゲストや両家の家族、そして式場のスタッフに移らないようにするために結婚式をいったんキャンセルしようかと悩んでいる人もいるでしょう。

結婚式をキャンセルした場合、どんなデメリットがあるのか。どんなことに注意するべきなのかご紹介します。

デメリット1:キャンセル料がかかる

結婚式のキャンセルの理由が新型コロナウイルスでも、キャンセルした場合はキャンセル料がかかります。中にはキャンセル料金をなしにするような式場もありますが、そういった式場はほとんど無いと思ったほうがいいでしょう。

キャンセル料は、どれくらい前にキャンセルするかによって料金が変わってきます。5ヶ月前にキャンセルしたとしても内金全額が求められるなど、キャンセル料金はどうしても高額になってしまいます。結婚式を開催するための資金にキャンセル料金が上乗せされるのは非常に厳しいです。

デメリット2:別契約をしている部分にもキャンセル料が発生する

例えばお色直しの際に着用するカラードレスをオプションでつけるなど、別に契約をしている場合は、その別契約分に関しても別途キャンセル料が発生してしまいます。

また、司会者や引き出物の実費も別途請求となるケースが多いそうです。式場によっても異なるようですが、結婚式に関して交わした契約分には全てキャンセル料が発生すると考えたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

新型コロナで結婚式をキャンセルした場合のキャンセル料は?

新型コロナで結婚式をキャンセルした場合のデメリットでも触れましたが、たとえ結婚式キャンセルの理由が新型コロナウイルスであってもキャンセル料は発生します

台風などの災害が起きたときでもキャンセ料は発生しますので、コロナに限った話ではありません。その場合、どれくらいの費用がどの段階でかかるのか、一例を上げてご紹介します。

<結婚式をキャンセルした時の一例>
・5ヶ月前:内金の全額
・3ヶ月前:見積り金額の20%
・1ヶ月前:見積り金額の40%
・10日前:見積り金額の45%
・前日:見積り金額の50%
・当日:見積費用全額

式場によってもキャンセル料金発生の条件はいくつかあるようです。上記はだいたいの目安ですが、キャンセルに多額の費用がかかるのはどこの式場でも同じです。

結婚式をキャンセルするのであれば、早い段階で決断しないと当初考えていた結婚式費用の倍以上払わなければならなくなるので、注意が必要です。

◆関連記事:『新型コロナ』キャンプ場の感染リスクは?

◆関連記事:『新型コロナ』銭湯の感染は大丈夫?

◆関連記事:『新型コロナ』おすすめの公園遊びは?

スポンサーリンク

新型コロナで結婚式をキャンセルしたら結婚式保険は使える?

新郎新婦やその親族にケガや病気、不幸があった場合や自然災害など止む無く結婚式をキャンセルする場合に、このキャンセル料を保証するサービスとして結婚式保険があります

この保険には結婚式を予約する際に付帯サービスとして結婚式場で加入できるものですが、果たして結婚式保険は新型コロナウイルスにも適用されるのか、非常に気になるところだと思います。

結論から言いますと、新型コロナウイルスに結婚式保険は適用されないようです。結婚式保険が適用されるケースは以下になっています。

1.新郎新婦または新郎新婦の父母・子・兄弟姉妹の死亡
2.新郎新婦または新郎新婦の父母・子の障害または疾病による7日以上の継続入院
3.結構式当日に新郎新婦が入院中、または医師による自宅などでの待機指示
4.火災破裂爆発などで新郎新婦の平時居住する家屋の半壊以上の損害・またはこれに収容される新郎新婦の所有する家財の100万円以上の損害

この条件に新型コロナウイルスは含まれていません。ただし、1~3の状況に当てはまった場合は、その原因が新型コロナウイルスであっても適用されるようです。

これ以外の、例えば新型コロナウイルスの感染拡大を受けて自主的に結婚式を中止した場合には結婚式保険は適用されません。だからといって、当てはまるように嘘をつくことは絶対にしてはなりません。

◆関連記事:マスクが体調不良や頭痛の原因に?対策は?

◆関連記事:マスクでメガネが曇る時の対策は?

スポンサーリンク

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、結婚式を予定通りに開催する場合も、延期またはキャンセルした場合にもデメリットと注意点が存在します。

ですが、結婚式を延期またはキャンセルする場合のデメリットは主に料金であるのに対し、結婚式を開催した場合のデメリットは結婚式に関わる人全ての健康であり、命という非常に重たいものです。

万が一死者が出てしまった場合、いくら自分たちにその気がなくても感染を招いてしまったことは確かです。金銭で解決できる問題だといってもその額は非常に大きいので楽観視できるものではありませんが、人の命には変えられません。

今の状況ではゲストも出席するか欠席するかで苦しい選択を迫られています。結婚式を予定通りに開催するのか、延期または中止にするのか迷っている場合はデメリットや注意点を踏まえて、もう一度しっかりと話し合いましょう。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント