Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

懸賞はハガキで応募すると当たりやすい?書き方のコツやおすすめの懸賞は?

生活

書店やコンビニに行くと、色々な懸賞雑誌が並んでいますね。

懸賞の内容を見てみると、家電や食材など結構高そうなものから、日用品まで幅広く揃っています。

今は、SNSやWEBで応募する事が多いですが、雑誌によってはハガキで応募できるものもあります。

ところで、ハガキで懸賞に応募すると当たりやすいと言われていますが、本当なのでしょうか?当たりやすくするコツやポイントなどはあるのでしょうか?

SNSやWEBではできない、ハガキならではの工夫や差別化で、少しでも当選確率を上げるにはどうすれば良いのでしょう。

この記事では以下の項目を紹介します。

・懸賞にハガキで応募すると当たりやすい?
・懸賞に当たりやすいハガキの書き方の2つのポイント
・懸賞に当たりやすい5つのコツ
・懸賞ハガキは年賀状で出しても大丈夫?
・おすすめの懸賞雑誌

ぜひ皆さんも、ハガキで懸賞に応募してみてはいかがですか?

◆関連記事:おすすめの非接触グッズを紹介!

スポンサーリンク

懸賞にハガキで応募すると当たりやすい?

最近はSNSやWEBで応募することも増えました。気軽に応募できるからこそ、ハガキの応募は少なくなってきた印象です。

その分、時間とお金をかけてハガキで応募するからこそ、他と差別が図れるので当たりやすくする工夫はできます。

◆関連記事:家飲みのおおすすめグッズは?

スポンサーリンク

懸賞に当たりやすいハガキの書き方の2つのポイント

他のライバルと差別化するポイントは2つあります。

①丁寧な字で書く

ハガキとなれば、選ぶ側が読みやすくわかりやすい文字で書くことが重要です。文字にはそれぞれクセはあると思いますが、できる限り丁寧に書きましょう。

②必要事項を漏れなく記入、貼付する

前述したバーコードやレシートをハガキに貼付する場合、貼り付けが甘く郵送中に取れてしまうことがあります。

せっかく応募したのに、自分が知らぬ間に取れてしまって対象外、となってしまわないためにも、しっかりと貼り付けましょう。また、名前や住所など必要事項の漏れで当たっていたのに記載不十分で無効になってしまうことも。

運動不足解消にはトランポリンが最適

スポンサーリンク

懸賞に当たりやすい5つのコツ

①ライバルの少ない懸賞を選ぶ

特定の条件や時間帯などの懸賞はライバルが少ないため、グッと当たる率が高くなります。

早朝のテレビでやっている番組の懸賞やスーパーの広告やポスターの懸賞は意外と競合が少ないそうです。

また、自前でハガキを買う必要がある懸賞は、その手間があるので狙い目のようですよ。

②主催者の印象に残る意見や感想を書く

こちらが意外と重要です。消費者の意見を知りたい企業や主催者は多いので、当たりたいがために褒めてばかりでなく、率直な意見が重宝されるそうです。

また、買ったグッズをどのように使うか、どうして欲しいのかアピールがあると印象に残りやすいようです。

③懸賞ハガキを装飾する

たくさんのハガキの中から、パッと見つけてもらう工夫もひとつの手です。オリジナリティがあり、それだけで目を惹き印象に残る存在になるでしょう。

応募数が少なそうで1枚1枚確認してくれそうな懸賞は特にオススメです。

④何通も応募する

1通に想いを込めて送るのもいいですが、やはり確率を考えると複数応募してみたほうが良さそうです。

WEBだけの応募では1人または1アカウントに1口である場合が多くあります。その点、ハガキで応募する場合は複数応募できるものが多いのでせっかくなら応募しましょう。

どのハガキが選ばれやすいか?と実験してみるのもおもしろそうですよね。

⑤なるべく早めに投函する

期限ギリギリに出すよりも、早めに投函しましょう。

応募数によっては、期限は設定しているもののの、早めに締め切って抽選を開始している可能性があります。バーコードやレシートを送付するものは、締め切り間近だと対象商品が売っていない!という場合もあり得ます。

スポンサーリンク

懸賞ハガキは余った年賀状で応募しても大丈夫?

実は、余った年賀状を懸賞ハガキとして使用可能なんです! 買った年賀状が余ってしまった場合は、懸賞ハガキとして有効活用すると節約にもなりますね。

使う際は、年賀状ではないことを郵便局側に知らせる目的として、二重線で「年賀」の文字を消す必要があります。これで年賀状は通常のハガキとして早変わり。

「残り物には福がある」とも言いますので、げん担ぎに年賀状を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ハガキで応募できるおすすめの懸賞雑誌

①懸賞なび

日本で唯一の懸賞専門雑誌です。ケータイやパソコンからの応募もできますが、雑誌限定の懸賞が掲載されているのでライバルが限られてきます。

特に雑誌版の「宝くじプレゼント」や「わくわくパズルランド」は、応募券が必要でその分少しの手間がかかるため、当選率が高いと言われています。

②週刊誌の懸賞アンケート

月刊紙、隔月誌、週刊誌と雑誌にもたくさんありますが、狙い目は週刊誌です。

翌週には次号が発刊されるので、懸賞の期限が1週間のものが多いです。期間が短いため、その分応募者数も限られます。

③男性向けファッション誌

男性向けファッション誌にも懸賞が付いていることがあります。

なぜ男性向けかといえば、男性は女性ほど懸賞に対してマメではないから。

購入者数に比べて応募者数はグッと下がる傾向にあるそうです。また、ブランド品や家電、自転車など豪華商品が多いのもオススメのひとつです。

スポンサーリンク

懸賞にハガキで応募すると当たりやすい?まとめ

いかがでしたか?

懸賞は応募締め切り後に抽選し、当落結果が分かるまで最低でも1ヶ月、長くて約5ヶ月かかるなど時間がかかります。

通知されず、商品が届いてから当たったとわかる懸賞も多いです。最初は懸賞が当たっているのか当たっていないのか分からず、ヤキモキして辞めてしまいそうになるでしょう。

結果はすぐに出ない、がんばった努力は遅れてやってくるといった「遅れの法則」があります。応募しなければ当たる懸賞も当たらないので、まずは諦めずに応募し続けましょう!

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント