Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

消えた天才で紹介!伊藤英二のプロフィールや進路は?消えた原因は?

話題

2019年8月11日「消えた天才」が放送されます。

その中で、「清宮以上の衝撃!全打者三振で完全試合ピッチャー」として伊藤英二さんが紹介されます。

VTRで出演する、桑田真澄さんや野村克也さんも衝撃を受けるほどすごいらしいです。

今回は、伊藤英二さんについて、プロフィールや進路や現在について調べてみました。

スポンサードリンク

伊藤英二さんのプロフィール

伊藤英二さんのプロフィールは以下の通りです。

2019年8月11日現在で19歳です。

名前:伊藤英二(いとう・えいじ) 
生年月日:1999年8月21日
身長:162cm
体重:82Kg
出身地:宮城県仙台市
所属チーム:仙台東リトル・北六バッファローズ⇒宮城野シニア
出身高校:仙台城南高校
スポンサードリンク

リトルリーグ時代の経歴は?

伊藤英二さんはリトルリーグ時代は、当時「東京北砂リトル」に所属していた清宮幸太郎(元日本ハムファイターズ)以上の逸材と注目されていました。

北六バッファローズの元監督で当時を知る早坂和宏さんは以下の様に語っています。

「清宮か伊藤英二かっていう見られ方はずっとしてました。(清宮に)勝ってると思います」

あの清宮選手に勝っていたとは驚きですね!

「消えた天才」でも放送されますが、12歳で出場した2012年の全国大会1回戦で、18人連続奪三振による完全試合を達成(6回まで)するほどでした。

当時から、最速130Kmの球を投げていたそうです。

完全試合の映像は?

別の番組で紹介された映像がありましたので、ご覧ください。

小学生の球速じゃないですよ!

当時テレビ番組に出演した時の映像

2013年に、天才野球少年としてテレビ番組に出演した時の映像です。

番組内で糸井嘉男選手(現阪神タイガース)と対戦していました。

スポンサードリンク

誹謗中傷に苦しむ日々

順風満帆に思えた伊藤英二さんですが、病気になってしまいます。

病気は「思春期早発症」で早期にカラダが完成してしまう病気です。これは、通常よりも2~3年ほど早く思春期による心や体の変化が始まる病気だそうです。

この時にはすでに身長は163cmありましたが、身長は止まり、心ない誹謗中傷にも苦しんだみたいです。

身長や体格も周りに抜かれ、相当ショックだったと思います。

その影響で、心は荒み学校にも行かなくなり、伊藤さんは以下の様に語っています。

「野球をやるのが辛くなったというか、逃げたっていう形で野球を辞めました」

「伊藤英二は終わったみたいなことを(ネットで)書かれるのは辛いというか、悔しい気持ちでいっぱいでした」

スポンサードリンク

高校での成績や評価は?

仙台城南高校に進学した伊藤さんですが、野球ではどの高校からも声がかからず野球をやめることも考えていたそうです。

それを救ったのが、リトル時代の仲間や仙台城南高校の角晃司監督でした。

伊藤さんは当時をこのように振り返っています。

「リトル(時代)の仲間と一緒にご飯食べたりしている中で、野球楽しかった、やりたいなって思った。また野球をやりたいなと思わせてくれるきっかけになった」

これをきっかけに高校から野球を再開します。

投手を諦め、打者として再出発すると角晃司監督も驚くほど練習します。

「毎日練習やるんですよ。毎日毎日遅くまでやっていて、野球が好きなんだろうなと彼を見ていると本当に思います」

高校では、1年生の春からベンチ入り、新チームでは4番を任され、秋の県大会ではなんとベスト4まで勝ち進みました。

伊藤英二さんの現在は?

高校卒業後の進路は分かりませんでした。

ぜひ野球を続けていてほしいです!

まとめ

以上、伊藤英二さんについて調査しました。

一般の方なので情報は、あまり公開されていませんでしたが、高校時代は甲子園を目指していたことが分かりホッとしました。

これからの活躍に期待ですね。

スポンサードリンク

コメント