Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キラキラネームは改名できる?実例や方法は?

話題

先日ニュースで、「王子様(おうじさま)」という名前だった男性が、裁判所への申し立てで改名に成功したという話題がありました。

今までこのキラキラネームのために、知らない人に笑われたりした経験から改名に踏み切ったそうです。

今回のニュースで、改名ってできるんだ?と思われた方も多いと思います。

私もその中の一人です。

でもどうやって改名するんだろう?

その方法などを調べてみました。

スポンサーリンク

キラキラネームの名前そのものを変更する場合

名前を完全に変えたい場合の手順はこちらです。

1、正当な事由を添えて「名の変更許可申立書」に記入して申し立てをし、家庭裁判所の許可を得ます。

2、許可が下りたら市町村役場に届け出ます。
申し立てをする人は、15歳以上であれば本人、15歳未満の場合は法定代理人(保護者など)になります。
(申し立てには800円分の収入印紙、その他いくらかの連絡用切手が必要になる場合があります)

改名については戸籍法第107条の2(名の変更)に定めがあります。

戸籍法第107条の2(名の変更)
正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得てその旨を届け出なければならない

正当な理由とは?

子供の改名に関して、正当な事由と認められるものには、次のような例があります。
(これはあくまで1例であり、すべての方にこの事由が適すると認められるわけではありません)

1.近隣に同姓同名者がおり、社会生活上支障がある。
2.珍奇、難読、難解で社会生活上支障がある。世間一般常識に外れ、明らかに書き難い、読み難い名前である。
3.異性や外国人と紛らわしい名前で、社会生活上支障がある。
4.出生届時の名前に誤りがあった。人名用漢字の追加により、本来使用したかった漢字が使えるようになった。
5.名前が原因で極度の差別を受けるなど、精神的苦痛に耐え難い。
スポンサーリンク

キラキラネームの読み方だけの改名

読み方だけ変えて漢字はそのままにするという方法もあります。

キラキラネームは当て字が多いので、読みにくい(読めない?)場合がほとんどです。

これを別の読み方に変更するというやり方もあります。

例えばこの漢字読めますか?

これ、「あくあまりん」と読むらしいです。
この漢字はそのままにして、読みを「あおい」などに変更するという方法です。

この場合は、名前を完全に変更するよりも手続きが簡単に出来ます。

戸籍には、名前の漢字のみが登録されていて読み方は登録されていませんが、多くの自治体では保険証などの書類に必要になる読みを便宜上を登録しています。

そういう場合は、市役所などの自治体に確認して、読みが登録されている場合「住民票ふりがな修正申出書」の提出が必要になります。

スポンサーリンク

キラキラネームの変更を弁護士に依頼する場合

弁護士の中には、改名コンサルティングを受け付けているところもあります。

改名で一番のネックになるのが上記で上げた「正当な事由」です。

せっかく改名するのでしたら、確実に改名したいところですね。

そこで、改名に関する知識が豊富で、実績に多い弁護士の力を借りることで、個人ではどうしたらいいか分からないときに、確実に改名できるようになります。

ただし、当然費用が発生します。

(費用はだいたい30万~50万円程度かかります)

スポンサーリンク

まとめ

世間的には、キラキラネームとか言われてる名前を気に入っている使っている方もいると思います。

一方で、親のエゴで名付けた場合も残念ながら見受けられます。

名前のことで本当に悩んでいるようなら、改名を考えるのも一つの手だと個人的には思います。

話題
スポンサーリンク
ats blog

コメント