Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

来田涼斗(明石商業)の出身中学や兄弟は?【2020年ドラフト候補】

スポーツ

新型コロナウイルスの影響で盛り上がりに水を差された高校野球。

しかし春の選抜大会に出場予定だった高校を招く形で、夏の交流大会が甲子園を舞台に開催されることになり、再び活況を見せています。

・来田涼斗(明石商業)のプロフィール
・来田涼斗(明石商業)の球歴
・来田涼斗(明石商業)に兄弟は?兄も野球選手?
・来田涼斗(明石商業)が明石商業に進学した理由
・来田涼斗(明石商業)の家族構成
・来田涼斗(明石商業)にはスカウトが28校も来た?
・来田涼斗(明石商業)のプレースタイル

そこで今回は屈伸して両脚を1回ずつ蹴り上げ、打席で体を後ろに大きく反らせる豪快な「ルーティン」でファンにはおなじみで、高校生NO1野手の呼び声も高い明石商業の来田涼斗選手について調べてみました!

スポンサーリンク

明石商業・来田涼斗のプロフィール!出身地や出身中学は?

明石商業・来田涼斗のプロフィール

・名前:来田涼斗(きた・りょうと)
・生年月日:2002年(平成14年)10月16日
・出身地:兵庫県神戸市
・身長:180cm
・体重:82kg
・右投げ左打ち
・50m走:5秒9
・遠投:100m
・目標とする選手:柳田悠岐外野手(福岡ソフトバンクホークス)
・好きな食べ物:カレー
・嫌いな食べ物:なし

明石商業・来田涼斗の球歴

・兵庫県神戸市立有瀬小学校(伊川谷キングスターズ→明舞ネオボーイズ→オリックス・バファローズジュニア)
・兵庫県神戸市立長坂中学校(ヤング神戸ドラゴンズ)
・兵庫県立明石商業高等学校在学中

明石商業の来田涼斗選手が野球を始めたのは有瀬小学校1年生の時のこと。

3歳上の兄渉悟さんの影響で伊川谷キングスターズで野球を始めました。

野球を始めた頃は、来田涼斗選手はお兄さんと同じ遊撃手を守っていたそうです。

6年生になったのを機に明舞ネオボーイズへとチームを移りました。

そして全国の少年野球の有望選手が集まる「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場するオリックス・バファローズジュニアにも選ばれました。

現在守っている外野手を来田涼斗選手が本格的に始めたのは中学2年生の時だそうです。

ヤングリーグの強豪として知られる神戸ドラゴンズに所属していた時でした。

遊撃手としても評判だった来田涼斗選手は、その守備範囲の広さを外野手でも発揮し、コンバートされてすぐにセンターのレギュラーの座を奪取。

打者としても3番打者として見事全国大会優勝に大きく貢献しました。

スポンサーリンク

明石商業・来田涼斗に兄弟はいる?兄は野球選手?

明石商業の来田涼斗選手には3歳上の兄渉悟さんがいます。

来田涼斗選手が野球を始めるきっかけがお兄さんの影響ということもあるように、渉悟さんも野球選手で明石商業の硬式野球部に所属していました。

渉悟さんの在学中に明石商業は甲子園に初出場しています。。

とはいえ、明石商業は甲子園に出場したものの、渉悟さんはベンチ入りのみで残念ながら出場機会はありませんでした。

来田涼斗選手の兄の渉悟さんは明石商業を卒業した後は、日本体育大学へ進学。

現在は軟式野球部に所属し、プレーを続けています。

来田涼斗選手はもちろん、お兄さんの渉悟さんの活躍も楽しみですね!

スポンサーリンク

明石商業・来田涼斗が明石商業に進学した理由は?

明徳義塾中(高知)の監督を93年から13年間務め、4度の全国優勝経験がある明石商業の狭間善徳監督。

その狭間監督も来田涼斗選手の潜在能力の高さを「スイング、スピードは明徳でも見たことなかったな」と中学時代から高く評価していました。

来田涼斗選手が明石商業への進学を決断した理由はやはりお兄さんの渉悟さんの影響が大きかったようです。

兄弟で野球をプレーしている選手の多くを見ても、そういう傾向は昔から多く見られます。

最近だと早稲田実業で活躍し、現在は北海道日本ハムファイターズでプレーしている清宮幸太郎選手の弟の福太郎選手も現在早稲田実業の硬式野球部でプレーしています。

スポンサーリンク

明石商業・来田涼斗の家族構成は?

来田涼斗選手の家族構成はお父さん、お母さん、兄の渉悟さんと涼斗選手の4人家族だそうです。

2019年春の選抜高校野球大会で2本塁打を記録し、一躍注目の選手となった来田涼斗選手。

スタンドで応援していたお母さんの理絵さんは「よいチームに恵まれた」と喜んだそうです。

体づくりに力を入れる来田涼斗選手のためにお母さんの理絵さんは「1日8合以上のご飯を食べていた。毎日、ずっと米をといでいた気がする」と笑っていたとか。

2019年春の選抜高校野球大会準決勝で東邦高校に敗退した際にお母さんの理絵さんは「彼の中で、もう目標ができたはず。

私はそれを支えていくだけ」と息子の来田涼斗選手への強力なバックアップを語っていました。

スポンサーリンク

明石商業・来田涼斗はスカウトが28校も来た?大阪桐蔭からも?

来田涼斗選手が入学した時の明石商業硬式野球部は、部員129人とまさに大所帯でした。

そんな中で1年生の春からレギュラーの座を獲得しているというのだから凄いですね。

中学時代はヤングリーグで主力打者として全国大会優勝の原動力となった来田涼斗選手だけに、多くの高校から勧誘の声が掛かりました。

その数は何と28校!

その中には甲子園の常連校で強豪校としておなじみの大阪桐蔭や履正社などの名前もあったそうです。

しかし来田涼斗選手は「兄の悔しさを晴らすため」明石商業OBで3歳上の兄渉悟さんが3年連続で夏の兵庫大会決勝で敗戦した無念を晴らすため迷わず明石商を選んだそうです。

兄思いの人柄が伝わってきますね。

スポンサーリンク

明石商業・来田涼斗のプレースタイルは?

来田涼斗選手のプレースタイルについて語る時、必ずといっていいほど引き合いに出されて比較されるのが大阪桐蔭の藤原恭大選手(現千葉ロッテマリーンズ)です。

強肩強打の外野手という点でも非常に似たタイプの選手です。

2019年春の選抜高校野球大会での智弁和歌山との準々決勝で甲子園史上初の同一試合先頭打者本塁打&サヨナラ本塁打を記録した来田涼斗選手。

これまで3度の甲子園で3本塁打を放つなど、長打力に注目が集まる来田涼斗選手ですが、来田選手が今後こだわっていきたいのは出塁率と打率だといいます。

「練習試合でもそうでしたが、つい(ホームランを)狙ってしまって、力むことが多かったんです。

1番打者なので出塁率と確実性を上げないといけないですし、もっとヒット数を増やしたいですね。

長打はほしい場面でしか狙ってはいけないと思います」今の来田涼斗選手に確実性と安定感が加われば、さらに将来が楽しみになりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は明石商業・来田涼斗選手のプロフィールや家族構成、強豪校からスカウトが来たエピソードやそんな中でも明石商業に進学を決めた理由、プレースタイルなどについて調べてみました!

夏の交流大会での活躍が今から本当に楽しみです!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント