Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

プラカードの高校名の文字は手書き?甲子園は入場行進にも注目!

スポーツ

春の甲子園と呼ばれている選抜高校野球大会ですが、この時に注目されているのが手書きのプラカードです。

よく見ると高校ごとに字体が違うように見えます。

実は甲子園の選抜大会に限り、プラカードの文字を「書の甲子園」として知られる、国際高校生選抜書展の地区優勝者が手書で書いています。

しかしなぜ、手書きのプラカードなのか?高校ごとに字体が異なる理由なども気になります。

・甲子園のプラカードの高校名の文字は手書き?誰が書いた?
・甲子園のプラカードの文字を国際高校選抜書展の優勝校にした理由は?
・甲子園のプラカードの高校名の文字担当の高校の割り振りは?
・甲子園のプラカードの高校名は思いがこもった手書き文字

今回は、甲子園の高校名の入場プラカードの文字は、誰が書いたのかなどをご紹介していきます。

スポンサーリンク

甲子園のプラカード 高校名の文字は手書き?誰が書いた?

プラカードの文字は、国際高校生選抜書展で団体の部地区優勝した学校が書いています

国際高校選抜書展は「書の甲子園」と呼ばれており、多くの学校が出場しています。

名前に国際と付いている通り、日本だけでなく海外から約18の国が参加しており、全て合わせると応募数は1万5千点を超えてきます。

プラカードの文字自体は団体の部から選ばれますが、それでも凄い数の応募数となります。

甲子園より前に、書の甲子園をめぐる戦いがあったことに驚きです。

どのような形でも良いので、少しでも甲子園に出場したいという気持ちが伝わりますね。

スポンサーリンク

甲子園のプラカード 文字を国際高校選抜書展の優勝校にした理由は?

手書きのプラカードは、第80回記念大会から国際高校生選抜書展の地区優勝校が書いています

この記念行事の一環として、高校生の努力の成果を大会に生かしたいという想いから手書きのプラカードが導入されました。

甲子園の全てを高校生の力で果たす為に、プラカードの文字も高校生が書いたものを使おうという考えだったのでしょう。

甲子園が始まってから一度、書体が角ゴシックに変わることもありましたが、この記念大会から楷書体の文字が復活し温かみがあると喜ぶ方もいます。

楷書体に戻ったのは最近の出来事だったのですね。

パソコンで打った文字ではない気持ちのこもったプラカードが、より一層甲子園を盛り上げています。

長い歴史の中で色々と工夫さて来たことがわかりますね。

スポンサーリンク

甲子園のプラカード 高校名の文字担当の高校の割り振りは?

割り振りは書の甲子園で地区優勝した学校が、その地区で春の甲子園に出場する高校のプラカードの文字を書きます

全部で11校がそれぞれの地域を担当するので、書の甲子園で地区優勝した1校が約2~3校分のプラカードの文字に思いを込めて書きます。

春の甲子園出場校の名前を半紙に1文字1文字丁寧に時間をかけて何枚も書きます。

その中から1番良くかけている文字を、これも時間をかけてじっくり選びます。

出来上がった文字はデジタル転写して、プラカードに使用されます。

何度も何度も納得いくまで書き直しされて出来上がった文字は、直接書いて一発勝負の文字よりも思いが感じられます。

転写なので、せっかく書いた文字が雨で色落ちしてしまう心配がないのも安心ですね。

スポンサーリンク

甲子園のプラカードの高校名は思いがこもった手書き文字

甲子園出場校の高校名は数文字しかありませんが、この一文字一文字に込めた思いは様々です。

観客席から良く見えるようにと力強く書いたものや、勝利への強い思いを込めて書かれたものなどです。

手書き文字というだけで、温かみを感じます。今年はじっくりと文字を観察してみて下さい。

同じ地区で活躍する出場選手への気持ちが、書道部の方々一人ひとりから伝わるような文字で書かれていることがわかります。

書道部の皆さんは、このプラカードの文字を書くことを目標にして書の甲子園に望んでいる生徒さんも多いです。

野球も書道も、青春を懸けて1年に一度の甲子園の為に時間を費やして望んでいます。

皆さんの熱が伝わりますね。

スポンサーリンク

ツイッターの声

ツイッターには、実際に文字を書いた高校生のツイートや新聞の記事があります。

どこの生徒も、自分たちが書いた出場校を応援する気持ちは一緒ですね。

スポンサーリンク

まとめ

甲子園を見るといつも涙が出てしまうという方もいらっしゃいますよね。

甲子園は野球だけでなく、書道・プラカードガール・吹奏楽・応援団やチアガール・出場校の生徒による応援と多くの高校生の思いが詰まった大会だということがわかりました。

プロ野球より面白いと言われている理由は、全員が本気で臨んでいるからでしょう。

そんな思いを知った上で甲子園を見ると、やはり泣けてしまいますね。

今年は、どのような甲子園が見られるのか楽しみです。

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント