Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【西武】開幕スタメン・先発ローテ予想【2020年最新】

スポーツ

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました!

今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。

球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

そこで、気になるのが各球団の今年の戦力ではないでしょうか?

この記事では2020年の西武ライオンズ(西武)の戦力分析してみました。

西武は2019年は見事ペナントレース優勝を果たしましたが、クライマックスシリーズで惜しくもソフトバンクに敗れてしまいました。

雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう?

気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。 ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

西武ライオンズ2019年の成績は?

・ペナントレース→パシフィックリーグ優勝
・80勝62敗1分 勝率.563
・クライマックスシリーズ→敗退

エースの菊池雄星、主軸の浅村・炭谷が移籍して迎えた2019年

その戦力ダウンの大きさや投手陣の脆弱さから開幕前の下馬評は決して高くありませんでした。

シーズン序盤は秋山の不調もありスタートダッシュ成功とはなりませんでしたが、森/山川/外崎/源田といった主軸の活躍により、何とかAクラスというスタートでした。

後半戦に向かうにつれて秋山の復調、さらにはベテラン中村の大活躍によってとにかく打って勝つということで最終盤にソフトバンクを逆転して見事優勝を果たしました。

一方で投手陣は先発/中継ぎ共に非常に厳しいシーズンでしたが、先発ではニール 中継ぎでは平井 抑えでは増田がそれぞれ引っ張りました

2019年はとにかく野手で優勝したといえるシーズンでした。

スポンサーリンク

西武ライオンズ2020年戦力分析

2020年は何といっても秋山の穴をいかに埋められるが重要です。

さらには投手陣の整備と課題は山積です。 秋山の穴はスパンジェンバーグや木村選手が入ると思いますが、得点力ダウンは避けられません。

森・中村・山川・外崎・源田のさらなる上積みは厳しいと思われます。

金子がもう少し出塁率UP/メヒアの復調があると多少のカバーにはなると思います。

野手の戦力ダウンは避けられないので、投手の整備は必要不可欠です。 松本や宮川/相内など若手の台頭が必要不可欠なシーズンになると思います。

スポンサーリンク

西武ライオンズ2020年戦力分析 新戦力

<IN>
・ギャレット投手
・松坂投手
・森越内野手
・ノリン投手
・スパンジェンバーグ内野手
<OUT>
・秋山外野手
・小石投手
・高木投手
・大石投手
・松本投手
・郭投手
・南川投手
・リャオ投手
・中田捕手
・金子内野手
・斎藤外野手
・マーティン投手
・ヒース投手
・カスティーヨ投手
※育成選手除く

外国人選手に関しては、劇的な変化を見出してはいないと思います。

野手においては、西武には超ユーティリティの外崎がいるので、外崎を含めたオプションを広げる意味でのスパンジェンバーグの補強だと思います。

投手においては、松坂は引退後のポストも含めてなので戦力としてはあまり考えていないと思います。

外国人はノリンはイニングイーターとして、ギャレットはパワーピッチャー枠なので平良と上手く兼ね合いがつけばよいという印象です。

どちらにせよ、首脳陣も新戦力に絶大な期待を込めてという感じではないと考えています。

スポンサーリンク

西武ライオンズ2020年戦力分析 野手

打撃陣に関しては12球団でも、トップクラスということは変わらないと思います。 注目ポイントは下記2点です。

①1番バッターの固定(源田/外崎/金子)

1番バッターの固定は非常に大きな問題です、秋山は12球団でも随一のリードオフマンだったのでそこを誰が埋めるのかが非常に重要です。

金子が成長して、源田との1番2番コンビが最も理想ですが、金子の成績が例年程度であれば、外崎を持ってきてパンチ力を備える1番ということが中軸以降が超強力な西武ではいいと考えます。

②中村の打順

①との外崎との絡みがありますが、理想は中村が6番に入る形です。

スパンジェンバーグが5番にはまればよいですが、見る限りでは少しインパクト不足化と思います。 メヒアが復調して5番に入る形が一番理想だと筆者は考えます。

◆関連記事:【パリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

西武ライオンズ2020年戦力分析 投手

開幕ローテーション

・◎ニール
・◎高橋
〇今井
△松本
宮川
・△十亀
・△榎田
内海
・△本田
・△ノリン

※赤色:左投手

先発ローテーションはニールを中心に回ると思います

打線の援護があるので投手はある程度は楽に投げられると思いますが、それでも駒不足は否めません。

ルーキーの宮川や松本、ベテランの内海や榎田あたりがどれだけローテーションを張れるかもしくは谷間を埋めれるかが重要なポイントであると思います。

昨季は中継ぎの平井が若干の登板過多だったと思うので、今期は勤続疲労の影響も考えてできる限り先発で長いイニングを投げれる投手が出てくる必要があると思います。

中継ぎ

・◎ 平井
・◎ 佐野
・◎ 平良
・◎ ギャレット
・◎ 小川
・△ 國場
・△ 野田
・△ 森脇

※赤色:左投手
今季も平井が中心で回っていくと思いますただし昨年登板過多であるので勤続疲労が心配されます。

そこに昨年後半でブレイクした平良と新外国人のギャレットがいかに平井の登板を分散させられるかが重要なポイントだと思います。

抑え

・◎増田

抑えは増田で間違いないと思います。

タイプ的には平良も抑え向きだと思うので、中継ぎで結果を出し続ければ配置転換の可能性もありますが、現状は増田で問題ないと思います。

◆関連記事:【パリーグ】投手力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

西武ライオンズ2020年戦力分析 開幕スタメン予想

打順 選手名 ポジション
1 外崎 二塁手
2 源田 遊撃手
3 捕手
4 山川 一塁手
5 メヒア 指名打者
6 中村 三塁手
7 栗山 左翼手
8 斎藤 右翼手
9 金子 中堅手

ポイントは1番と5番だと考えます。

金子1番 外崎5番が理想だと思います。しかし金子にそこまでを求められないと思うので一番に外崎を入れました

やはり秋山の穴を埋めるためにはパンチ力のない1番というのは避けたいというのが筆者の考えです。

メヒアの調子次第では栗山が5番もしくはスパンジェンバーグが5番ということも考えられますが、打線の怖さとしてはメヒアが5番に座るほうがよいと思います。

◆関連記事:2020年プロ野球【パリーグ】順位予想!

スポンサーリンク

西武ライオンズ2020年戦力分析 総合力

※一番良い評価をAとしています。

総合力 B
打撃力 A
守備力 B
走力 B
投手力 C

◆関連記事:【パリーグ】戦力分析と順位予想【2020年最新】

スポンサーリンク

いつでも西武ライオンズの試合を見たい方へ

『DAZN』なら、テレビ・スマホ・パソコンで、いつでも西武ライオンズの試合を見ることができます。

しかも、野球・サッカー・バスケ・テニスなど130以上のスポーツコンテンツが、年間10,000試合以上見放題!

今なら1ヶ月無料。もちろん無料期間中に退会可能です!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント