Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

枕が臭い!においの原因と対策方法は?洗濯方法や洗えない場合は?

生活

枕を長いこと使用していると、だんだん臭くなってきます。

特に、年配の男性ほどにおいがきつくなる傾向にあるようで、家庭内で肩身が狭い思いをしているお父さんも少なくないようです。

この記事では、枕が臭くなる原因と対策、枕の臭いを取る方法を紹介します。

枕のにおいがなくなると、睡眠の質もアップします。

すぐにできる方法もたくさんあります。今から枕の臭い対策を始めて、清潔な枕で快適な眠りを手に入れましょう!

スポンサーリンク

気になる枕の臭い!枕が臭くなる原因とは?

枕の嫌なにおいの原因は、雑菌やカビです。

その雑菌やカビを呼んでいるのは、寝ている間にかいている汗です。

また、よだれが原因であることも多いです。

よだれが出るのは、寝ているときに口を開けているからです。いびきがうるさい人、朝起きたときに喉がカラカラの人は、この点が原因かもしれません。

「加齢臭」「疲労臭」が原因である可能性も

汗やよだれは誰でも出るものです。

それなのに、男性の枕ばかりがくさいと言われてしまうのは、他に加齢臭などの原因があると考えられます。

加齢臭は、年齢を重ねるとどうしても出てくるものですが、一般的に、野菜よりも肉をよく食べる人、肥満体型である人、ストレスを感じている人、運動不足の人などに多いと言われています。

これらの項目に当てはまる人は、加齢臭のせいで枕が臭いのかもしれません。

また、ストレスや過労、過度な飲酒などが続くと、体から疲労臭またはストレス臭と呼ばれるにおいが出ます。

これが原因で、枕が臭くなることもあるようです。こちらは、若い世代の人や女性でも出ます。

スポンサーリンク

気になる枕の臭い!枕の臭いを抑える対策

では、枕が臭くならないように、どういった対策ができるのかを見ていきます。

においの元を根本から断つことが重要ですが、難しい場合は枕側に頑張ってもらいましょう。

寝ている間に鼻呼吸をするように心がける

よだれが原因で枕が臭い場合、口を開けないで寝るようにすれば、枕のにおいは改善します。

寝ている間の口呼吸は、健康面から見ても良いものではありません。においも重要ですが、何より体のために、鼻呼吸を心がけるようにしましょう。

最近は、口に貼るテープなども販売されているので、こうしたものを使って鼻呼吸を促すのが良いと思います。

そうはいってもなかなか治らないという場合は、とりあえず寝る前の歯磨きを徹底して、よだれそのもののにおいを抑えましょう。

枕のにおいはこれである程度改善できます。

生活習慣を見直す

加齢臭、疲労臭などが原因の場合は、そうしたにおいを出さないような生活習慣にするしかありません。

肉ばかり食べていると、においがきつくなると言われています。若い人でも、女性でも、枕がにおうという人は、まず自分が日頃、肉食に偏っていないか確認しましょう。

野菜を中心にすることで、においは抑えられます。

また、不規則な生活も、においの原因になります。

夜ふかしや頻繁な飲酒などは控えるようにして、規則正しい生活を心がけましょう。

ストレスや疲労を溜めないようにすることも、においの原因を断つ重要なポイントです。

シャンプーなどにも気を配る

頭から出る加齢臭などは、念入りにシャンプーすることで対策できます。

最近は、加齢臭対策用のシャンプーなども販売されています。これを使って、汚れをしっかり落とすことで、枕へのニオイ移りを抑えることが可能です。

また、頭はしっかり乾かしてから寝るようにしましょう。濡れていると、雑菌が増える原因になります。

枕や枕カバーの素材を変えてみる

においが付きにくい、ポリエステルなどの素材を使った枕カバーを使うというのも手です。

また、下で紹介しますが、枕を丸洗いすれば、においはある程度消すことができます。

丸洗いできる素材の枕を使うようにして、頻繁に洗濯を行えば、しつこいにおいが残ることはなくなります。

スポンサーリンク

気になる枕の臭い!枕の臭いを取る方法

では、付いてしまった枕のにおいと取るにはどうしたら良いのかを紹介します。

普通に洗濯しただけでは取れない臭いには、重曹を使うのがポイントです!

消臭スプレーで臭いを消す

とりあえず、今すぐにおいを消したいという人には、「ファブリーズ」などに代表される消臭スプレーが効果的です。

しかし、時間が経つとにおいが戻ってくる可能性もあるので、洗濯ができないときの一時的な措置と考えておきましょう。

重曹や漂白剤を使ってこまめに洗う

丸洗いできる素材の枕なら、まず洗濯をしましょう。

普通に洗っても落ちない場合は、つけ置き洗いをしてください。

枕カバーは、ぬるま湯2リットルに対して大さじ12杯ほどの重曹を入れたお湯に30分ほどつけ置きします。

そのあと普通に洗濯すれば、においはなくなると思います。

汚れが気になるときは、酸素系漂白剤を直接汚れに塗って、30分~1時間ほど置いてから洗濯すれば、きれいになります。

 

枕本体は、洗濯が可能なものなら、ネットにいれて、洗濯機のドライモードで洗えば大丈夫です。

傷んでしまわないか不安なときは、おしゃれ着用の洗剤を使用しましょう。

また、汚れやにおいがとにかくきついときは、つけ置き洗いするのがおすすめです。

洗面器に液体洗剤と漂白剤を溶かし、ぬるま湯に付けましょう。

1時間以上置いてから、洗濯機で洗います。ここまでやれば、かなりきれいになるでしょう。

 

洗濯機には対応していなくても、手洗い可能な枕もあります。

その場合は、洗面器や流しにお湯を溜めて、手洗いします。

まず、液体洗剤と漂白剤をぬるま湯に溶かして、枕を1時間ほど漬けておきます。

そのあと、その液の中で枕を押し洗いします。

すすぎは、シャワーなどで行いましょう。泡がなくなるまでしっかり流します。

 

洗い終わったら、しっかりと干すことが大切です。

形を整えて、風通しの良い場所で完全に乾燥するまで干します。

乾燥するまで、2日ほどかかる場合もありますが、根気よく干しましょう。これをさぼってしまうと、また湿気からカビが発生し、臭くなってしまいます。

洗えない素材の場合は天日干しまたは陰干しする

洗えなくても、天日干しまたは陰干しして手入れすることは可能です。

ポリエステルやパイプ、そば殻は天日干し、ウレタンやビーズ、羽毛などは陰干しをしましょう。

枕を干すためのアイテムも販売されています。こうしたものを使って、風通しの良い場所でしっかり乾燥させましょう。

枕のおすすめ人気ランキングベスト3!肩こりやいびき対策に!

抱き枕の効果とは?メリットとデメリットやおすすめの抱き枕も紹介!

スポンサーリンク

気になる枕の臭い!においは取るだけでなく付けない工夫も重要!

枕の嫌なにおいは洗濯などで取ることができますが、生活習慣などを変えない限り、いずれ復活します。

洗濯などを行って、今あるにおいを消したあとは、においを出さないような生活を続けることが大切です。

なかなか難しいとは思いますが、快適な睡眠を得るためにも必要なことです。

枕がくさいのは、体が弱っているサインと受け止めて、これを機に規則正しい生活を心がけましょう。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント