Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ロッテ】開幕スタメン・先発ローテ予想【2020年最新】

スポーツ

2020年もプロ野球開幕が近づいてきました!

今年はコロナウイルスの影響もあり、オープン戦は全試合無観客試合になってしまいました。

球場で応援したいファンとしては、少し寂しいけど仕方がないですね。現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

気になるのが各球団の今年の戦力ではないでしょうか?

そこで、この記事では2020年の千葉ロッテ(ロッテ)の戦力分析してみました。

ロッテは2019年は惜しくもペナントレース4位でクライマックスシリーズ進出を逃しました。

雪辱に燃える今年の戦力はどうなっているのでしょう?

気になる2020年の新戦力、野手や投手の顔ぶれ、開幕スタメンや先発ローテーションを予想しました。

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

千葉ロッテ2019年の成績は?

・ペナントレース→パシフィックリーグ4位
・69勝70敗4分 勝率.496

本拠地のホームランラグーン設置で戦い方の変更を迫られた2019年シーズン。

日本ハムから長距離砲のレアードを獲得し、空中戦での試合も見込んだ補強を行いました。

獲得したレアードを筆頭に井上や中村など2桁本塁打が7人出るなど野手陣は期待通りの活躍をしました。

一方で投手陣はエースとしての活躍が期待されたボルシンガーや石川の調子が上がらず、シーズン序盤からBクラスに沈んでしまいました

後半戦には種市や岩下など期待の若手がブレイクの兆しを見せ、巻き返しましたが序盤の借金を返済することが出来ず、惜しくも4位という結果になってしまいました。

スポンサーリンク

千葉ロッテ2020年戦力分析

2020年のオフは戦力の入れ替えが非常に多かったです。

鈴木や酒居など中心選手は抜けましたが、福田や美馬など確実に補強を進めました。

入れ替えは多かったもののトータルでは戦力UPにつながっていると思います。

2019年から投打ともに若手の台頭も著しく、また野手では荻野がついに覚醒したということもありますので、福田とともに1・2番を形成すれば強力な打線になると思います。

投手についても先発・ブルペン共に充実していますので優勝争いに絡んでくるのではないかと思います。

スポンサーリンク

千葉ロッテ2020年戦力分析 新戦力

<IN>
・ハーマン投手
・ジャクソン投手
・福田外野手
・美馬投手
・小野投手
・西巻内野手
<OUT>
・涌井投手
・酒居投手
・鈴木内野手
・ブランドン投手
・レイビン投手
・ボルシンガー投手
・バルガス内野手
・大嶺投手
・阿部投手
・関谷投手
・島投手
・福浦内野手
・李内野手
・高浜内野手
・大木内野手
・伊志嶺外野手

※育成選手除く

登板数に偏りが出ていたブルペンに経験豊富な外国人を補強、攻撃的2番として福田を補強など2019年の課題に対して着実に補強を行ったという印象です。

チームリーダーであった鈴木の移籍は成績以上の面で影響はあるかもしれませんが、期待の若手の安田を起用したい思いなども考えると、さほど大きな戦力ダウンにはつながらないのではないかと考えます。

スポンサーリンク

千葉ロッテ2020年戦力分析 野手

打撃陣に関しては長打もありかつ足がかなり使える布陣になっていると思います。 注目ポイントは下記2点です。

①福田の活躍

福田自体は当然実力のある選手ですが、気になる点としてはソフトバンク時代にはレギュラーとしてシーズンを通して出続けたことがないということです。

福田が期待通りであれば、荻野とのコンビでかなりの数の盗塁も重ねるでしょうし、相手にとっては脅威になると思います。

ただし、大きなスランプなどで福田が機能しないと構想は大きく崩れると思うので要注目です。

②安田の覚醒

DHが誰になるかというポイントです。

実績的には角中が妥当でしょうが、期待の選手ということで安田が台頭してきてほしいと考えています。

2020年は打線自体が強力なので、プレッシャーの少ない打順(7番など)で使い続けて、台頭を期待したい選手です。

◆関連記事:【パリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

千葉ロッテ2020年戦力分析 投手

開幕ローテーション

・◎石川
・◎種市
・◎二木

・◎美馬
・〇 岩下
小島
・△佐々木千
△佐々木朗
△唐川

※赤色:左投手

先発ローテーションはFAで加入した美馬を含め4枚は確定だと思います。

5・6番手争いですが、昨年後半に結果を出した岩下やドラフト1位同士のダブル佐々木や小島など数自体は多くないものの、若手が台頭し、戦力的にはそろっていると思います。

また先発転向が噂される有吉や経験豊富な唐川などもいますので、シーズンを通して先発不足に嘆くことはないのではないかと思います。

中継ぎ

・◎ 松永
・◎ 東條
・◎ 田中
・〇 チェン
・〇 ハーマン
・〇 ジャクソン
・〇 西野
・△ 唐川
・△ 東妻

昨年も活躍した東條や松永・田中あたりを中心に回っていくと思います。

外国人枠の問題はありますが、ハーマンやジャクソンなど日本でも経験豊富な外国人リーリーバーを獲得しましたので、酒居は抜けましたがブルペン陣は盤石だと思います。

若干先発陣が若いということはありますので、唐川がロングリリーフ要員として待機しながらローテーションの谷間を埋めていく形になるのではないかと思います。

抑え

◎益田

経験・実績共に益田で問題ないと思います。 ハーマンやジャクソンといった外国人投手も抑えはできると思うので、抑えということにあまりこだわらず流動的な配置でも十分回ると思いますが、筆頭は益田で問題ないと思います。

◆関連記事:【パリーグ】投手力分析&ランキング【2020最新】

スポンサーリンク

千葉ロッテ2020年戦力分析 開幕スタメン予想

打順 選手名 ポジション
1 荻野 中堅手
2 福田 左翼手
3 マーティン 右翼手
4 井上 一塁手
5 中村 二塁手
6 レアード 三塁手
7 安田 指名打者
8 田村 捕手
9 藤岡 遊撃手

ポイントは1・2番コンビだと思います。

福田がシーズンを通してプレーしたことがないこと、荻野が怪我がちなことを考えると1年を通してこの1・2番を形成できる保証はありません

しかし2020年の打線の中では確実に核になってくる部分ですので、どれだけ期待通りの活躍ができるかどうかが大きくカギを握っていると思います。

◆関連記事:2020年プロ野球【パリーグ】順位予想!

スポンサーリンク

千葉ロッテ2020年戦力分析 総合力

※一番良い評価をAとしています。

総合力 B
打撃力 B
守備力 B
走力 A
投手力 B

◆関連記事:【パリーグ】戦力分析と順位予想【2020年最新】

スポンサーリンク

いつでも千葉ロッテの試合を見たい方へ

『DAZN』なら、テレビ・スマホ・パソコンで、いつでも千葉ロッテの試合を見ることができます。

しかも、野球・サッカー・バスケ・テニスなど130以上のスポーツコンテンツが、年間10,000試合以上見放題!

今なら1ヶ月無料。もちろん無料期間中に退会可能です!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント