Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

マスクによるニキビや肌荒れの予防法は?できた時の対策も紹介!

生活

ニキビができるとブルーな気分になってしまう女性がほとんどでしょう。なんと言ってもニキビは顔にできるととにかく目立ちます。人の目に1番に触れる部分ですから、なんとかして隠したくなります。

そんな時、マスクは一見便利なアイテムに思えます。マスクさえつけてしまえばニキビができる部分は隠れます。しかし、マスクはニキビを隠すと同時に悪化させてしまう場合があるのをご存知でしょうか。

ニキビは皮脂が毛穴につまり、炎症を起こすことで発症するものです。マスクをするとニキビができる悪環境が肌の上にできあがってしまいます。

ニキビができる環境は肌荒れも連れてきます。

そのため、マスクをすると「ニキビができる」「肌荒れが起こる」という人も少なくないはずです。マスクをするとニキビや肌荒れが起こったり悪化したりする原因とともに、予防や対策法などをご紹介します。

新型コロナの影響で、マスクをして外出することが多くなると思います。この記事を参考にニキビや肌荒れを予防しましょう!

スポンサーリンク

マスクをしていると肌荒れやニキビができる原因は?

新型コロナウイルスの影響で、いまは誰もがマスクを着用して生活しています。その中には顔にニキビができてしまっている人もいるでしょう。

または、マスクをするようになってニキビができるようになってしまったという人や肌荒れが酷くなったという人ももいることだと思います。

なぜマスクをするとニキビができたり肌荒れになったりするのでしょうか。原因について紹介していきます。

◆関連記事:夏におすすめ!ハッカ油マスクの作り方は?

マスクの摩擦が原因

マスクに使用されている不織布は、意外と硬いものです。手で触った感じではわかりにくいかもしれませんが、皮膚が薄い顔に不織布が触れることで摩擦が発生します。

不織布による摩擦の影響で肌のバリアが低下した結果、肌は乾燥しやすくなりますし、肌も荒れます摩擦で乾燥した肌は、乾燥を補おうとして皮脂を分泌します。

そうすると過剰に分泌された皮脂があちこちで毛穴につまり、肌荒れとニキビの温床ができてしまうのです

マスクの湿度が原因

マスクをしていると、マスクの内側には呼気がこもります。マスクをしているとその部分が蒸れてしまい、湿度が高い状態です。

湿度が高くなると毛穴につまった皮脂が炎症を起こす原因になる細菌が繁殖しやすくなります。マスクをしていると口周りにニキビが増える原因はこの湿度の高さです

◆関連記事:マスクは日焼け対策になる?マスク焼けに注意!

◆関連記事:マスクが体調不良の原因に?

◆関連記事:マスクでメガネが曇る時の対策は?

スポンサーリンク

マスクをしていると肌荒れやニキビが悪化する?

マスクをしていて肌荒れが酷くなったという人や、ニキビがたくさんできた経験をしたことがある人は多いでしょう。原因はなにもマスクだけではありませんが、マスクが肌荒れやニキビを悪化させている原因のひとつであることを疑う余地はありません。

原因の欄でも触れましたが、マスクによる摩擦と湿度の高さはニキビと肌荒れと天敵です。乾燥して荒れた肌の上からマスクを付け続ければ、乾燥はよりいっそう酷くなります

また、ニキビにマスクが擦れれば傷口を硬い布で擦っているようなものです。悪化しこそすれ、治ることはまずありません。

マスクはウイルスや雑菌に対しての対策になりますが、肌には優しくないものです

スポンサーリンク

マスクをしていても肌荒れやニキビを防ぐ方法

肌荒れやニキビがある時は、できるだけマスクをつけない方がいいのですが、新型コロナウイルスが流行っている今の状況ではマスクをせざるを得ません。マスクをしていても肌荒れやニキビをできるだけ防げる方法は以下になります。

できるだけ刺激の少ないマスクを選ぶ

マスクはマスクでも、素材の違いで肌触りは随分違います。安いマスクは魅力的ですが、ニキビができた時や肌荒れが酷い時はできるだけ肌に優しいマスクを着用しましょう。

敏感肌用のマスクもあるので、ニキビができてしまった時や肌荒れが酷いと思った時だけ敏感肌用のマスクをつけるのもいいでしょう今はマスクを選ぶのが難しいので、マスクの内側にコットンを入れておくのをおすすめします

また、自分の顔にあったサイズのマスクをすることも大切です。サイズが合っていないマスクはいっそう摩擦が起きやすくなるからです。

マスクをしていてもニキビや肌荒れを予防したいのなら、マスクの素材とサイズに気をつけてください。

マスクを外す時間を作るようにする

いまの状況ではマスクをせずにいるのは難しいですが、マスクを定期的に外す時間なら作れるのではないでしょうか。長時間外すのは厳しいでしょうし、抵抗がある人もいるでしょう。

無意味にマスクを外していると周囲の目も気になります。その場合は意味なくマスクを外すのではなく、お茶を飲む時に外す、手洗いの個室にいる時に外す、といった具合にこまめに外すようにしてみて下さい。

通気性を少しでも確保することでマスクの蒸れによる湿度をコントロールしましょう

室内でも日焼けに注意!紫外線の多い時間と月は?

スポンサーリンク

マスクをしていて肌荒れやニキビができてしまったときの対策方法

保湿ケアを徹底する

マスクによる摩擦で肌のバリアのちからは低下してしまっています。ですので保湿をしっかりとして肌のバリアの力を保ってあげましょう。

たっぷりの化粧水と保湿効果の高い乳液やクリームを使用することをおすすめします。また、保湿効果のある下地を利用するのもいいでしょう。

<おすすめの男性用乳液>

落とすケアをしっかり行う

保湿にばかり目が言ってしまいがちですが、化粧を落とす時のケアもマスクによるニキビや肌荒れにとって大切です。化粧がきちんと落ちていない状態で保湿ケアをしても毛穴の詰まりにしかなりません

その状態で翌日マスクをしたらまた肌荒れやニキビが悪化するだけです。できるだけ低刺激のクレンジングや洗顔を選び、帰宅したらよく顔を洗いましょう。その際にゴシゴシ擦るのは厳禁です。

◆関連記事:日傘の効果的な色と形は?

◆関連記事:日傘の色あせは復活できる?

スポンサーリンク

まとめ

いまはマスクをせざるを得ない状況で、どうしても肌荒れやニキビができてしまいがちです。ですが、できる対策もあります。

マスクをしなくてもいい状態になった時、肌荒れやニキビでマスクを外せないような事態にならないように、こまめにマスクを外したり保湿ケアを丁寧に行ったりして乗り越えましょう。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント