Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

百舌鳥古市(もずふるいち)古墳群世界遺産登録!場所やアクセスは?

話題

世界遺産は日本でも数多く登録されており、世界から大切にしたいと認められた証でもあります。

今回は新たに登録された世界遺産である百舌鳥古市古墳群(もずふるいちこふんぐん)について、登録された理由・場所・アクセス方法などをご紹介します。

これから先、百舌鳥古市古墳群はよく耳にする地名だと思いますので、チェックしておいてください。

スポンサーリンク

百舌鳥古市古墳群の読み方は?

あまり見かけない漢字で書かれたこの古墳群ですが、読み方は『もず ふるいちこふんぐん』と読みます。

百舌鳥の3文字で『もず』と読むのですね。

世界遺産登録のニュースをきっかけに百舌鳥を読める人が多くなりそうですね。

スポンサーリンク

百舌鳥古市古墳群が世界遺産に登録された日は?

世界遺産に登録されたのは2019年7月6、日本時間で午後5時半過ぎです。

2017年7月31日に世界遺産登録に向けた国内推薦が決定してから、約2年の月日をかけて多くの方の努力もあり、ついに登録されました。

国内推薦からの約2年も長い月日ですが、国内推薦に至るまでにも長い努力があったと思うと今回の世界遺産登録は皆さん喜ばれたと思います。

世界遺産というのは、その地域の方や関わっている方が、その建物をどう思うかというのが大切になってくると感じます。

今までに世界遺産に登録された物の中にも、まさか世界遺産になるとは!と思われていた物もいくつかあります。

価値があるかどうかを見いだすところから、世界遺産は始まっていると感じました。

百舌鳥古市古墳群の世界遺産登録決定の動画

スポンサーリンク

百舌鳥古市古墳群が登録された理由は?

百舌鳥古市古墳群はどのような理由で登録されたのでしょうか?

世界遺産委員会は「古代の社会政治的な構造が示された世界的にも稀有な物証」で「地域社会にも根差した資産」として評価しました。

わかりやすく説明すると、形や大きさが違うことから、歴史的な個人の権力の大きさや身分の差が目に見えてわかるというところが評価されたということです。

日本にある古代のものがこうして世界から認められるというのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

百舌鳥古市古墳群はどのような古墳なのか?

百舌鳥古墳群は、4世紀後半から5世紀後半にかけて作られました。

半壊状態の物も含めて44基の古墳があります

墳丘の巨大さ・濠(土を掘って作った溝)の多重化・陪塚(小さな古墳)の多数配置は、古墳築造の最盛期の姿をはっきり表しています。

特徴としては、百舌鳥エリアには大阪湾を望む台地上に築造され、古市エリアには丘陵や台地上に築造し、古墳の巨大さを引き立てる場所を選んだと考えられています。

これを聞くとどれだけ大きな古墳群なのかがわかります。実際に見てみるととても迫力があるでしょう。

今は、古墳群の全容が見えないため、大阪府の吉村知事は気球やタワーなどの設置を視野に入れているそうです。

百舌鳥古市古墳群の古墳の種類は?

出典:堺観光ガイド

仁徳天皇陵古墳

クフ王のピラミッド、秦始皇陵と並ぶ世界3大墳墓の一つ。5世紀の築造とされる墳丘長約486mの日本最大の前方後円墳。

墳丘は3段に築かれ三重の濠がめぐり、周辺には10基以上の中小古墳があります。

履中天皇陵古墳

石津ヶ丘にある全長約365mの日本で3番目に大きい巨大前方後円墳です。

百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)、ミサンザイ古墳とも呼ばれています。

反正天皇陵古墳

百舌鳥古墳群の北端にあり、百舌鳥耳原北陵(もずのみみはらのきたのみささぎ)、田出井山古墳とも呼ばれています。

全長148メートルの前方後円墳で、周りには陪塚とされる古墳が2基、二重濠の存在が確認されています。

スポンサーリンク

百舌鳥古市古墳群の観光情報

簡単に観光情報をご案内します。

堺市役所21階展望ロビー

地上80mから360度、堺の街をご覧いただくことが出来ます。

古墳を生で上から見たいという方にオススメです。

VR映像体験「仁徳天皇陵古墳VRツアー」

VR技術で百舌鳥古墳群を上空から眺めることが出来る疑似体験ツアーです。

実際よりも見やすい角度から古墳を眺め、CG映像による内部観光をするといった内容です。

足を運んで観光するのが難しいという方にはオススメです。

世界遺産に加わった百舌鳥古市古墳群ですが、これから多くの人が訪れると予想されます。

しばらくは混み合っていると思いますので、ゆっくりご覧になりたい方は落ち着いた頃に観光に行くことをオススメします。

スポンサーリンク

場所とアクセスは?

主要な古墳となる、仁徳天皇陵古墳(百舌鳥)までのアクセス方法です。

出典:百舌鳥・古市古墳群

主要な場所からのアクセス方法をご案内します。

南海高野線堺東駅から
・約15分・・・南海高野線(堺東駅→三国ヶ丘駅)150円⇒JR阪和線(三国ヶ丘駅→百舌鳥駅)120円
・約8分・・・南海バス(堺東駅2番のりば、あみだ池(深井駅経由)行き→堺市博物館前)240円

南海本線堺駅から
・約25分・・・南海バス(堺駅前東口3番のりば→堺東駅前)220円⇒南海高野線(堺東駅→三国ヶ丘駅)150円⇒JR阪和線(三国ヶ丘駅→百舌鳥駅)120円
・約8分・・・南海バス(堺東駅2番のりば、あみだ池(深井駅経由)行き→堺市博物館前)240円

JR阪和線堺市駅から
・約4分・・・JR阪和線(堺市駅→百舌鳥駅)120円

関西国際空港から
・約60分・・・JR関空快速(関西空港駅→鳳駅)⇒JR阪和線(鳳駅→百舌鳥駅)800円

新大阪駅から
・約60分・・・OsakaMetro御堂筋線(新大阪駅→天王寺駅)220円⇒JR阪和線(天王寺駅→百舌鳥駅)220円

スポンサーリンク

まとめ

日本に世界遺産が増えたことは、とても誇らしいことです。世界遺産の観光はマナーを守って楽しむようにしましょう。

これからも日本に多くの世界遺産が増えていくと良いですね。

話題
スポンサーリンク
ats blog

コメント