Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

知らないと損!主婦が『無気力で何もしたくない』から抜け出す方法

utu 生活

毎日が「だるい」「疲れた」「無気力」「何もしたくない」「憂鬱」になる事は誰にでもあることです。

これは誰にでも起きることです。

当然、毎日子育てや家事に追われている主婦の方にも起こります。

そこで、この記事では次の内容を紹介します。

・主婦が『無気力で何もしたくない』から抜け出す方法
・主婦が『無気力で何もしたくない』になる原因
・主婦が『無気力で何もしたくない』時に楽になる3つの考え方
・主婦が『無気力で何もしたくない』時に絶対にしてはいけない事
・『無気力で何もしたくない』のは病気の可能性も?

主婦が『無気力で何もしたくない』から抜け出す方法では、家事の手を抜くや友達や家族に話を聞いてもらうなどの解決策を出していきます。

自分だけと思わずに、気楽に記事を読んで解決方法を探してください。

電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで

スポンサーリンク

主婦が『無気力で何もしたくない』から抜け出す方法

無気力になってしまったのは仕方ないとしても、いつまでもそのままでいるのは辛いですよね。

そこで、そんな状態から抜け出す方法の一例を紹介します。

家事の手を抜く

今まで頑張りすぎていた家事を、少し手抜きしてみましょう。

たとえば、主婦にとって負担が大きい食事の支度をやめて、外食や宅配サービスなどを利用するのです。

毎日となると家計への負担も大きくなりますが、たまになら問題ないでしょう。

また、しばらくの間、そうしたサービスを利用する曜日を決めるというのも良いと思います。

主婦には休日がありません。しかし、毎日働き続けるのは辛いことです。

そこで、「◯曜日は食事の支度をしなくても良い日」といった具合に、休みの日を決めることで、ずいぶん気持ちは楽になるはずです。

旦那さんやご両親が理解のある方なら、家事などを代わってもらうのも良いでしょう。

家族や友達に話を聞いてもらう

身近な人に話を聞いてもらうと、それだけでスッキリすることがあります。

自分の頑張りを認めてもらえたら、再び気力が湧いてくるかもしれません。

外に出て日光をあびる

家に閉じこもってばかりいる人は、とりあえず外出しましょう。

日光を浴びることで、心を前向きにする物質が分泌されると言われています。

こちらは今すぐにでもできますね!疲れたら、とりあえず日光浴をしてみましょう。

軽い運動で体を動かしてみる

やる気が出ないときは、軽い運動でリフレッシュするのも良いです。

ウォーキングなど、簡単にできることから始めてみましょう。

運動不足が解消され、体調も良くなるかもしれません。

好きな音楽を聞いたり映画を見たりする

お気に入りの音楽や映画があれば、それを楽しんでみましょう。

特に音楽には、心身を癒やしてくれる効果があるとも言われています。

目先の小さな目標を立てる

すぐにできそうな目標を立てて、達成感を味わうのも良いとされています。

30分早く起きる」「寝る前にストレッチをする」など、簡単なことで良いのです。

目標をいくつも達成していけば、自分に自信をつけることができます。

自分にご褒美を用意する

上と重なることですが、ちょっとしたことでも頑張れたら、ご褒美を用意しましょう。

大好きなスイーツを食べるとか、少し遠くまで出かけるとか、ちょっとしたことで良いのです。

こうしたことを繰り返すことで、やる気が湧いてきます。

スポンサーリンク

主婦が『無気力で何もしたくない』となってしまう原因

電話占い【ココナラ】 もう、一人で悩まないで

ではまず、主婦が無気力になってしまう原因を見ていきましょう。

毎日同じことの繰り返しで単調

専業主婦は特にそうですが、毎日やることが同じで、生活が単調になりがちです。

家事をこなすだけで、特に刺激のない日々を過ごしていると、やがて嫌になってしまうこともあるでしょう。

働いていても、職場と家庭を往復しているだけの毎日では、同じように感じることもあると思います。

子どもの世話や家事などやることが多い

働きながら子育てや家事をしていると、やることがとにかく多いですよね。

外で働いていなくても、子どもが小さくて目が離せなかったり、家族が多かったりすると、忙しすぎて目が回る毎日だと思います。

そうなると、トイレに行くのも大変ですし、ゆっくりご飯を食べる暇もないですよね。

そんな忙しさに追われていたら、何もかもが嫌になってしまうのも仕方のないことです。

自分に自信がなくなった

家事、育児、仕事など、自分なりにどれも頑張っているのに、なかなか人に認められないと、不安になりますよね。

そうなると、自分に自信がなくなってしまい、何もできないという状態になってしまいます。

肉体的に疲れている

動き回ることが多い仕事に就いていたり、職場が遠くて通勤が大変だったりすると、知らず知らずのうちに肉体的な疲労が溜まっていきます。

赤ちゃんがいるために睡眠不足で、体力がどんどん削られていく人もいます。

これにより、やる気がなくなってしまうこともあります。

食生活や生活のリズムが乱れている

偏った食生活のせいで、体に負担がかかり、イライラしたり、無気力になったりすることがあります。

また、昼夜が逆転していたり、睡眠不足が続いていたりしても、同様の症状が現れるようです。

趣味や楽しみがない

趣味や、何かしら興味のある娯楽があれば、大変な毎日を過ごしていても、「休みになればあれができる」と頑張る気力が湧いてきます。

好きなことをして過ごせば、息抜きにもなりますよね。

しかしそうしたものがないと、どこまで頑張っても得られるものがないため、やる気がわかなくなってくるのです。

悩み事がある

悩み事があると、気持ちが沈み、無気力になっていくものです。

主婦ともなると、子どもの進学や就職など、家族に関する悩みがずっと心から消えないということもあるでしょう。

また、かつて仕事や学生生活などにおいて発生したトラブルがずっと心に引っかかっていて、ふとしたときにトラウマとして蘇り、心を蝕むこともあります。

悩みを忘れるような気晴らしがあれば良いのですが、それができない日々が続いていくと、「何もしたくない」と思ってしまうのです。

産後うつになった

女性ならではの問題ですが、出産を機にうつ病を発症してしまう人がいます。

出産した女性100人のうち、1015人に起きるというので、そこまで珍しいことではないですね。

赤ちゃんが産まれたことはとても幸せなことなのですが、子育ての不安や忙しさに心が疲れ、うつ病になってしまうのです。

うつ病は病気ですので、すぐに適切な治療を受けることが必要です。

出産した病院や、住んでいる地域の専門窓口などに相談してみてください。

更年期で体調がすぐれない

更年期とは、閉経前後の5年間を指します。

この期間は、ホルモンのバランスが乱れ、心身に不調が現れると言われています。

この場合も、食生活や運動などで適切にケアをすることが必要です。

まずは、かかりつけの婦人科に相談しましょう。

更年期の症状に効果がある医薬品やサプリメントなども販売されているので、試してみても良いかもしれません。

旦那さんが話を聞いてくれない

専業主婦の場合は特にそうですが、家にいて家事ばかりしていると、誰とも会話せずに一日が過ぎていきます。

今日あった出来事や、楽しかったこと、辛かったことなどが、どんどん自分の中にたまっていきますよね。

夜になって帰宅した旦那さんがそうした話を聞いてくれたら良いのですが、聞く耳を持たない人の場合、主婦の心はしだいに病んでいきます。

これは、子育て中の主婦でも同じことです。

子どもは母親の話を理解してくれません。

誰も自分の話を聞いてくれないという事実が、大きなストレスとなってしまうのです。

スポンサーリンク

主婦が『無気力で何もしたくない』時に楽になる3つの考え方

何にもやる気がなくなってしまうと、どんどん自分がだめな人に思えてきて、辛くなっていきます。

そうならないために、無気力になってしまったら、まずは次のように考えてみてください。

今まで頑張りすぎた証拠!

無気力になった自分を責めるのではなく、褒めてあげることが大切です。

きっと、頑張りすぎたせいで、やる気が尽きてしまったのです。

まずは、「今までよくやってきた」と、これまでの自分を認めてあげましょう。

思いっきり怠けても大丈夫!

無気力でいることに罪悪感があるのは、周囲の目を気にしているからではないでしょうか。

しかし、誰でも疲れて休むことはあります。

これまで頑張ってきたのだから、思いっきり怠けても良いのです!

掃除や洗濯をさぼっても死ぬことはない!

少し極端な言い方になりますが、掃除や洗濯をさぼっても死ぬことはありません。

毎日のルーティーンが嫌になってしまった人は、いったん家事をお休みしてみましょう。

掃除や洗濯を少しばかりさぼったところで、生活が成り立たなくなることはありません。

やる気がでなくて何もできなかったとしても、それで死ぬことはないと開き直ってしまいましょう。

 

スポンサーリンク

主婦が『無気力で何もしたくない』ときに絶対にやってはいけない事

何もかも嫌になったとしても、これだけはやってはいけないということがあります。

自分をさらに追い詰めてしまう結果になるので、気をつけてください。

自分を責める

無気力になった自分を、悪者にしてはいけません。

これまで紹介してきたとおり、やる気が出ないのは、環境や、頑張りすぎたことなどが原因であって、決してあなたのせいではないのです。

自分を責めることはやめましょう。

いきなりすべて投げ出して周りに迷惑をかける

とはいえ、何もかも投げ捨ててしまうのもいけません。

周りに多大な迷惑がかかってしまいます。

休むこと自体は悪いことではないので、前もって休みたいことを周囲に伝え、家事にせよ仕事にせよ、代わってもらえることは代わってもらいましょう。

きちんと準備しておけば、心おきなく休養を取ることができます。

毎日テレビやスマホばかりを見てしまう

テレビやスマホなどからは、情報がたくさん入ってきます。

その情報によって心が乱れ、さらに疲れてしまうことがあるので注意しましょう。

また、眺めているうちに時間がどんどん過ぎていって、「無駄に時間を過ごしてしまった」と後悔することにも繋がります。

時間を決めて、計画的に見るようにすると良いですよ!

お酒を飲みすぎる

お酒に逃げるのは、体によくありません。

飲酒によって気分が良くなるとしても、それは一時的なものに過ぎません。あとから結局辛い思いをすることになります。

お酒の量や頻度にはじゅうぶん注意してください。

スポンサーリンク

『無気力で何もしたくない』のは病気の可能性も?

休養をとったり、気分転換をしたりしても、無気力な状態がなくならない場合は、うつ病を発症しているかもしれません。

うつ病は放置して治るものではないので、病院に行き、適切な治療を受けることが必要です。

さらに、食欲がない、眠れないなどの状態が2週間以上続くようなら、早めに受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

主婦が『無気力で何もしたくない』から抜け出す方法 まとめ

家庭を守る主婦も人間です。

嫌なこともあれば、疲れることもあります。しかしその辛さを誰にもわかってもらえず、苦しい思いをすることもあるのです。

何もかも嫌になってしまったら、少し力を抜いて、休んでみましょう。

気分が変われば、またやる気も自然と湧いてきますよ!

それでも良くならないときは、病院に行くなどして、自分だけで抱え込まないようにしてくださいね。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント