Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

寝不足で起こる症状と解消法!睡眠の質を上げる食べ物や方法とは?

生活

睡眠不足が続くと、体のさまざまなところに不調が表れますよね。

日中ずっと眠いため、集中力が続かない、やる気が出ないなどの不調については、すぐに実感できると思います。

しかし、一見、睡眠不足とは無関係に思える体調不良も、じつは睡眠不足が原因である可能性があるのです。

ここでは、睡眠不足が原因で起きる症状を紹介します。

また、手っ取り早く睡眠不足を解消する方法や、慢性的な睡眠不足から抜け出す方法についても触れるので、「体の具合がずっと良くない」という人はぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

睡眠不足によって引き起こされる症状

睡眠不足が続くと、脳が疲れた状態が続いてしまうため、記憶力や思考力が低下します。

これらはわかりやすいですよね。よく眠れた日と、そうでない日を比べれば明らかです。

ここでは、その他の体に起きる異変を中心に紹介します。

ここで触れるような症状に慢性的に悩まされている人は、睡眠不足になっていないか、自分の生活スタイルを見直してみてください。

頭痛、吐き気、めまいなどを感じる

睡眠不足だと脳に酸素が行きにくくなり、ストレスがかかります。これにより、頭の血管が収縮したりして、頭痛を引き起こすことがあります。

また、神経や、その他体のさまざまな部分に異常があらわれるので、吐き気を感じたり、めまいを感じたりすることもあると言われています。

食欲がおかしくなりメタボになる

朝食は食べないのに、昼や夜は大食いしてしまい、夜食まで食べてしまうという人は、睡眠不足のせいで食欲のバランスがおかしくなっているのかもしれません。

睡眠不足ということは、起きている時間が長いということです。

それだけ体は活動していてエネルギーを消費することになるので、脳は回復のために、エネルギーを摂取しようとします。

結果、空腹を感じやすくなり、大量に食べるようになってしまうのです。

そのせいで、メタボリックシンドロームになってしまう人も多いようです。

また、逆に食欲が一切わかなくなるという人もいます。いずれにせよ、食欲と睡眠不足には深い関係があることは間違いないでしょう。

ストレスを感じやすくなり、うつ病のリスクも高まる

睡眠が足りないことで、脳に疲れがたまっていきます。これにより、感情が安定しなくなることがあります。

そうなると、常にイライラするようになり、ストレスを感じやすくなると言われています。

また、精神が不安定になるため、うつ病のリスクが高まるとも言われています。

このような状態が続くときは、早めに病院に行くことが重要です。

糖尿病、心疾患などの病気にかかりやすくなる

脳の休息が十分でないと、アドレナリンの分泌が続き、自律神経が休まる時間がなくなってしまいます。

そうなると、血圧や血糖値が上がりやすくなるそうです。

その結果、糖尿病や狭心症、心筋梗塞といった深刻な病気を引き起こす可能性もあります。

スポンサーリンク

寝不足を解消する方法

睡眠不足が体に悪いのはわかりますが、床についてもなかなか寝付けないという人もいますよね。

そこで、睡眠不足を解消するのに良いとされている方法を紹介します。

今すぐ寝不足を解消する方法

集中力が続かない、記憶力が低下する、眠くて何も手に付かない、というような症状を改善するには、とりあえず今すぐ睡眠をとることが重要です。

何時間も寝る必要はありません。20分くらいの昼寝をするだけで、頭はとてもスッキリします。

仕事の合間を利用して、少しだけ睡眠をとってください。

それだけで、仕事の効率はアップします。

逆に30分以上眠ってしまうと、眠気が残ってしまうので注意してください。

また、平日の睡眠不足を取り返すために、休日は昼過ぎまで寝ているという人もいると思います。

しかし、それは体調の面から見るとあまり良くないと言われています。

平日なら起きているはずの時間を寝て過ごしてしまうことで、体内時計が狂ってしまいます。そうなると、翌日、朝起きるのが辛くなります。

そうしないためには、朝はあまり寝坊せずに、夜に早く寝ることが大切です。

いつもより23時間早めに寝て、朝はせいぜい通常よりも12時間くらいの寝坊でとどめておくようにすると効果的です。

根本的に解消する方法

時間があっても、なかなか寝付けないという人は、お風呂の時間と食事の時間を工夫すると良いと言われています。

お風呂は、就寝したい時間の1時間半前に入るのがおすすめです。

また、お風呂はシャワーで済ませるのではなく、40℃くらいの湯船に1520分ほど浸かるようにしましょう。

そうすることで、体の深部の温度がいったん上がります。そこから徐々に体温は下がっていき、1時間半ほど経った頃に、最も低くなると言われています。

その体温が下がったときこそ、人が最も眠りやすいタイミングなのです。

食事は、寝る23時間前に済ませましょう。

寝る直前に食事をしてしまうと、体は睡眠より食べ物の消化を優先してしまうので、深い睡眠に入ることができなくなってしまうのです。

どうしても寝る直前にご飯を食べなくてはならないときは、柔らかいものや乳製品など、消化に良いものを選びましょう。

また、3食バランス良く食べるということも重要です。特に朝食をしっかり食べることで、目覚めも良くなると言われています。

睡眠の質を上げる食べ物

睡眠の質を上げるには、「トリプトファン」や「GABA」、「グリシン」といった栄養素を摂取するのが良いと言われています。

トリプトファンは牛乳やチーズなどのほか、大豆製品、バナナ、牛肉、卵などに多く含まれています。

GABAは、そのものの名前を冠したチョコレートがありますよね。これを食べるのも良いと思います。他にも、トマトや玄米、栗などにも多く含まれています。

 グリシンは、イカやカジキマグロ、エビ、イカなどの魚介類に多く含まれます。これらの栄養素には、体や脳をリラックスさせたり、深部体温を下げたりといった効果があります。

こうした食べ物を毎日の食事に積極的に取り入れて、睡眠に入りやすい体を作りましょう。食事を工夫するのが難しければ、サプリなどを利用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

睡眠不足は健康の天敵!しっかり寝て健康的な生活を送ろう

大人にとって最適な睡眠時間は、個人差もありますが7時間程度と言われています。

睡眠時間が短いと、仕事や勉強の効率を下げるだけでなく、深刻な病気を引き起こす可能性もあります。

1日や2日程度なら、休日にゆっくり寝るだけで回復できますが、慢性的な睡眠不足になってしまうと、寝ることそのものが難しくなってしまうこともあります。

お風呂や食事など、すぐにできる工夫から始めて、自分に適した睡眠時間をしっかりとることを心がけてください。

睡眠時間を確保すれば、体調が良くなるので、あらゆる効率が上がります。

寝ずに仕事をすること、勉強することよりも、しっかり寝て脳と体を休め、元気になってから仕事や勉強に励んだ方がはるかに良いですよ!

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント