Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

未使用や書き損じの年賀状!交換期限や手数料は?交換しない方がお得?

生活

年末になると気が忙しくなります、そんな中でもこなさなければならない課題の1つ、それは「年賀状」ですよね。

しかしいつも多めに購入して余ってしまう未使用の年賀状、書き間違えをしてしまった書き損じの年賀状が毎回必ずあるという方いませんか?

じつはそんな年賀状を処分することなく有効に活用できる方法があるってご存知でしょうか、今回は余ってしまったり書き間違いをして無駄になってしまった年賀状の有効活用方法についてご紹介したと思います。

スポンサーリンク

未使用や書き損じの年賀状は交換ができる?

そうなんです、じつは未使用の年賀状や書き損じの年賀状は「切手」や「普通郵便はがき」に最寄りの郵便局に行けば、交換することが出来ます。

「未使用の年賀状」は郵便書簡(ミニレター)や特定封筒(レターパック)に交換することもできます。

「書き損じの年賀状」に関しては、条件はありますが新品の年賀状と交換することが出来ます。

注意しなければならないことは、未使用の年賀状・書き損じの年賀状は「現金」に交換することはできないということです。

どうしても現金に交換したいという方は街の「金券ショップ」などで相談しましょう、しかし年賀状は「その年のもの」なので、いくらの値が1枚につくかはわかりません、また書き損じは買い取りしてくれない可能性が高いと考えられます。

そして「料額印面(金額が書かれている部分)」が汚れていると交換ができなくなってしまいますので注意してください。

他にもいくつかの決まりがありますので、もう少し詳しく調べていきましょう。

スポンサーリンク

未使用や書き損じの年賀状はいつまで交換できるの?

「書き損じの年賀状」は新品の年賀状に交換できるのは郵便局が年賀状の販売をしている期間のみできます、今回の場合ですと、2019年11月1日から2020年1月10日までの期間で行うことが出来ます。

「未使用の年賀状」自体は特に期間は設けられていません、そのため家で眠っている過去の年賀状も「切手・普通郵便はがき」などへ交換できるのです、ただし過去の年賀状を「今年度の年賀状」に交換することは出来ません。

交換できるもの、交換できる期間について分かりましたが、もう1つ交換するにはある決まりがあります、それは「手数料がかかる」ということです、ではその金額はいくらなのでしょうか?

スポンサーリンク

未使用や書き損じの年賀状の交換手数料はいくらなの?

「未使用の年賀状」・「書き損じの年賀状」ともに郵便局で交換する際には1枚につき「5円」の手数料がかかります。

その手数料は現金または切手で支払う決まりとなっており、年賀状から差し引くことは出来ません、郵便局へ交換に持っていく時はしっかりと用意しておきましょうね。

しかしこの手数料がかからない場合が1つだけあります、それは「喪中」になってしまった時、用意していた未使用の年賀状、すでに完成し出すだけだった年賀状は、消印が押されていなければ「年賀状販売期間内」に無料で交換してくれます。

郵便局へ年賀状を持っていき、窓口で「喪中」であることを伝えると備え付けの請求書を渡され「住所・氏名・亡くなられた方との続柄」を記入すると、通常切手・普通郵便はがき・ミニレター・レターパックへ交換が可能になります。

また先程「書き損じの年賀状」は条件がありますが「新品の年賀状」へ交換することが可能とご紹介しましたが、それは年賀状販売をしている期間内であると事と、手数料が必要であるということだったんです。

◆関連記事:鏡餅を飾る場所はどこがいい?風水的には?

◆関連記事:毎年迷うお年玉の相場や平均額は?

◆関連記事:除夜の鐘は何時から鳴らすの?意味は?

スポンサーリンク

未使用や書き損じの年賀状は交換以外に活用方法はないの?

じつは「書き損じの年賀状」は日本ユニセフ協会、公益社団法人日本ユネスコなど様々なNPO法人に“寄付”することが出来ます。

書き損じの年賀状が募金や通信量に使用される仕組みになっています、交換する必要がないと感じたときは社会貢献するのも有効的な仕様方法ですね。

スポンサーリンク

未使用や書き損じの年賀状は交換しない方がいい場合もある?

未使用の年賀状・書き損じの年賀状それぞれも“お年玉年賀状”であることは変わりません、もし交換をしてしまってその年賀状が当選はがきだったらショックと考える方もいると思います。

「書き損じの年賀状」に関しては他のものへの交換期間は過ぎますが、お年玉年賀状の当選番号発表までは家に置いておくのも楽しみにはなりますね。

ちなみに2020年のお年玉年賀状は、特賞「東京2020オリンピックご招待(開会式または閉会式のペアチケット)」または「東京2020オリンピックご招待(競技観戦チケット)」なので特別ものなので置いておく価値はありますね。

◆関連記事:お正月休み!1人でのおすすめの過ごし方は?

◆関連記事:お正月休み!子供と一緒のおすすめの過ごし方は?

◆関連記事:お正月休み!家族でのおすすめの過ごし方は?

◆関連記事:お正月休み2019年-2020年はいつからいつまで?

スポンサーリンク

まとめ

今回は未使用の年賀状・書き損じの年賀状をもったいないまま終わらせない方法について調べてきました。

未使用の年賀状は、通常切手・普通郵便はがき・郵便書簡(ミニレター)や特定封筒(レターパック)への交換が可能。

書き損じの年賀状は、通常切手・普通郵便はがきへの交換と、年賀状販売期間であれば新品の年賀状に交換が可能であることが分かりましたね。

手数料は現金・または切手で1枚につき5円かかるということも分かりました。

そして今回のお年玉年賀状には2020年に開催されるオリンピックの招待が特賞になっていますので、楽しみにしたいですね。

生活
スポンサーリンク
ats blog

コメント