オリンピックブルーインパルス見える場所どこで時間何時?飛行ルートも紹介!

オリンピックブルーインパルス見える場所どこ?飛行ルートどこで時間何時から? スポーツ
スポンサーリンク

この記事では、オリンピックブルーインパルス見える場所どこで時間何時?飛行ルートも紹介!と題してお送りします。

2021年7月23日(金)から「東京オリンピック2020」が開幕します。

開会式の目玉として、航空自衛隊のブルーインパルスが展示飛行/アクロバット飛行を行います。

また、「東京パラリンピック2020」の開会日8月24日(火)にも展示飛行が予定されています。

気になるのが、ブルーインパルス見える場所どこなのか、ブルーインパルス飛行ルートどこで時間何時からなのかということではないでしょうか?

特に飛行時間については、3蜜を避けるために直前まで発表されません。

ここでは、オリンピックブルーインパルス見える場所どこで時間何時?飛行ルートを紹介していきます。

 

>>熱中症対策飲み物ランキング2021!

 

スポンサーリンク

オリンピックブルーインパルス見える場所や飛行ルートどこ?

上の航空自衛隊のツイッターのオリンピックブルーインパルス飛行ルートは、以下の通りです。

練馬区側から都心へ進入  
国立競技場の上空を飛行  ここで五輪を描く
港区、荒川区、豊島区へと逆時計回りで飛行  
再び国立競技場上空を航過  
杉並区まで飛行  
時計回りで北区、足立区、葛飾区、江東区、港区の上空を飛行  
西南西方向へ向けて飛行  

 

国立競技場上空で五輪を描いたあとに東京23区の上空を飛行する予定になっています。

7月21日(水)にもブルーインパルスの予行演習が行われ、同じルートを飛行することになっています。

 

オリンピックブルーインパルス見える場所は?

東京オリンピックでブルーインパルスの展示飛行ルートは分かりましたが、具体的に見える場所を紹介していきたいと思います。

 

①入間基地

入間基地は間違いなく見ることができます。

というのも、離発着が入間基地だからです!

 

②東京都庁

ブルーインパルスは入間基地を出発後、練馬区から東京都庁へ南下するので、東京都庁はかなり良いスポットになると思われます。

 

③東京タワー

写真に収めるなら東京タワーと一緒に撮ることをおすすめします。

 

④ブルーインパルスの見える場所:東京駅

東京駅も東京タワーと同じく写真に収める絶好のスポットとなりそうです。

>>オリンピックメダルはどうやって作る?

 

スポンサーリンク

オリンピックブルーインパルス飛行時間何時から?

東京オリンピックの開会式前に行われるブルーインパルスの展示飛行は、7月23日(金)のオリンピックの開会式当日に予定されています。

オリンピックの開会式は夜8時から予定されていますが、ブルーインパルスの展示飛行は昼間の予定になっています。

気になるのは詳しいブルーインパルスの展示飛行の時間ですが、時間は3蜜を避けるため直前の発表になるようです。

しかし、空域制限情報(NOTAM)をチェックしている方のツイートなど調査すると、ブルーインパルスの飛行時間は判明しているようです。

ブルーインパルス飛行時間:12時20分~13時

この情報で間違いないと思います。

 

 

ブルーインパルス予行飛行いつ?時間何時から?

ブルーインパルスの展示飛行の日時は、航空自衛隊のツイッターで7月21日(水)と発表されています。

飛行時間もオリンピック本番に合わせて、12時20分~13時になると予想しています。

 

>>マスク焼け治し方で簡単速攻に消す方法は?

 

スポンサーリンク

オリンピックブルーインパルス見える場所どこ?で飛行ルートどこで時間何時から?まとめ

オリンピックブルーインパルス見える場所どこで時間何時?飛行ルートを紹介してきました。

オリンピックブルーインパルス見える場所として、入間基地、東京都庁、東京タワー、東京駅を紹介しました。

また、オリンピックブルーインパルスの展示飛行の時間は、12時20分~13時ということが分かりました。

ブルーインパルスの飛行ルートは、国立競技場上空で五輪を描いたあとに東京23区の上空を飛行する予定になっています。

あまり見ることの出来ないブルーインパルスの飛行を、一度は見てみたいですね。

 

>>ダイソー冷感敷きパッド口コミは?

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント