Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

東京オリンピックのマラソンの日程やコースは?8月の札幌の気温は?

スポーツ

東京オリンピックまで1年を切りました。

最近、大きな話題となったのが、マラソンと競歩の開催地です。

いろいろと問題が起こりましたが、最終的には札幌で行われることに決まりました!

ここでは、東京オリンピックのマラソン及び競歩が札幌でどのように行われるのか、201911月現在のところわかっていることについて紹介します。

日本選手を応援するためにも、しっかりチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

マラソンの日程(予定)

東京オリンピックの男子マラソンは、当初は202089日(日)に行われる予定でした。

この日は、オリンピックの最終日で、閉会式も行われます。本来なら、そこで表彰式も行われるはずでした。

しかしマラソンを札幌でやるとなると、選手はマラソンが終わったあとすぐ東京へ移動することになりますよね。それが本当に可能なのか、選手に負担はないのかなど、今まだ議論中が続いているようです。

なお、女子は82日(日)の予定でしたが、こちらの日程もどうなるかわかりません。

男女同日開催にするという話もあり、まったく別の日になる可能性は低くなさそうです。

また、競歩は、男子20km731日(金)、男子50km88日(土)、女子20km87日(金)の予定です。

しかし、こちらも変更になる可能性があります。

スポンサーリンク

札幌の8月の平均気温

出典:nippon.com

札幌市の8月の平均気温は、最高気温が26℃、最低気温が18℃です。

東京が31℃24℃なので、東京に比べればかなり涼しいことがわかりますね。

実際に走る選手のことを考えると、札幌の方が良いのは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

チケットはどうなる?

札幌で開催される場合、観戦チケットはどうなるのでしょうか。

細かいことはこれから決められるようですが、現在発表されている情報によると、有料の観客席は用意せず、沿道での無料観戦のみという案が有力なようです。

そうなると、これまでオリンピックの有料チケットがすべて外れてきた人にも、マラソンを観戦するチャンスが生まれるということですね!

ただ、無料なのでものすごい数の人が集まることは間違いないでしょう。海外からも当然、人が押し寄せてくるので、良い場所で観戦するのはなかなか難しそうです。

なお、20195月にオリンピックのチケットの一時販売が行われた際、当時東京で行われる予定だったマラソンのチケットも販売されました。スタート地点及びゴール地点とされていた新国立競技場のチケットです。

このチケットに関しては、会場が札幌に変更になったため、基本的に払い戻しになるようです。

ただ、新国立競技場のチケットが当選した人で、「札幌でも観たい」という人に対しては、何かしらできることはないか検討する、ともされています。

ちなみに、競歩は最初からチケットが販売されていません。競技場を発着点にしていないので、沿道から誰でも応援できるようです。

スポンサーリンク

札幌のマラソンのコースは?

札幌で行われることになったマラソンですが、コースはまだ決まっていません。

コースを決めるには、その道程が本当に42.195kmあるかどうかの計測なども必要で、なかなか手間がかかることのようです。

現在のところ、札幌で毎年行われている「北海道マラソン」のコースを使用する案が提示されているほか、以下のものなどが検討されているようです。

周回コースになる

出典:FNN PRIME

現在、最有力と言われているのが、札幌市の大通公園をスタートし、市の中心部を2周する案です。

同じところをまわるのであれば、警備などがしやすいですよね!ただ、観戦できる人は少なくなってしまうので、やや残念でもあります。

今のところ、大会組織委員会や国際陸上競技連盟などがこの案を推奨しているようです。

しかし、国際オリンピック委員会のジョン・コーツ調整委員長は、この案を「聞いたことがない」としており、まだどうなるかわかりません。

スポンサーリンク

札幌ドームを発着点とする

北海道マラソンのルートを軸に、札幌ドームを発着点とする案です。

ただ、札幌ドームは陸上競技を行うように作られていないので、改装工事を行わなくてはなりません。これにかなりのお金がかかるため、実現は難しそうと思われます。

また、札幌ドームは市街地よりも標高が45mほど高いため、かなりの坂を上り下りすることになります。これにより、好記録が出にくくなるとの懸念もあります。

厚別競技場を発着点とする

厚別競技場は、サッカーのコンサドーレ札幌の本拠地であり、サッカーだけでなく陸上競技を行うこともできる施設です。

ここをスタート地点にする、あるいはゴール地点にするという案もあります。

アクセスも悪くないのですが、近くに高速道路などがあること、住宅地の真ん中にあることなどから、警備や苦情等の問題が起こりそうです。

スポンサーリンク

札幌で行われるマラソン及び競歩をチェック!

札幌に決定してからまだ日が浅いため、今のところはほとんどのことが未定です。

ただ、大会組織委員会は、2019123日に行われる国際オリンピック委員会の理事会までにはコースや日程を固めたいとしています。

これからまた少しずつ、詳しい情報が公開されていくでしょう。マラソンと競歩の情報から目が離せないですね!

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント