Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【大阪桐蔭高校】戦力分析!「2020年甲子園高校野球交流試合」

yakyuu-ball スポーツ

2018年に史上初となる2度の春夏連覇を果たした超強豪高校として全国に名前を轟かせているのが大阪桐蔭高校です。

大阪桐蔭といえば全国的に有名な選手が多く進学し、毎年優勝候補に挙げられるほど強い強豪校となっています。

大阪桐蔭の出身選手といえば投手では春夏連覇のエース藤浪投手をはじめとして、立教大学を経てオリックスに行った澤田投手、阪神の貴重な左腕として活躍している岩田投手。

野手では中日の平田選手、日本ハムの中田選手、西武の正捕手森選手と昨年ドラフト1位でプロに入った根尾選手や藤原選手といった多くのスター選手をプロ野球に輩出しているプロ野球選手製造工場といっても過言ではないくらいです。

この記事では、2020年甲子園高校野球交流試合に出場する『大阪桐蔭高校』について以下を紹介します。

・大阪桐蔭高校はどんなチーム
・大阪桐蔭高校 地方大会の成績
・大阪桐蔭高校 野手戦力分析
・大阪桐蔭高校 投手戦力分析
・大阪桐蔭高校 スタメン予想
・大阪桐蔭高校 総合力分析
「2020年甲子園高校野球交流試合」を楽しむために、注目選手や戦力を見ておきましょう!

【2020年甲子園高校野球交流試合】日程と出場校は?注目校を分析!

スポンサーリンク

2020年甲子園高校野球交流試合 大阪桐蔭 地方大会戦績

大阪府大会と近畿大会1回戦では大阪府大会決勝以外は2けた得点ができるほどの打線の爆発力と打線の繋がりがあります。

また智弁学園戦や明石商業戦、履正社戦は投手力が高いチームとの試合でも粘れる力もあり、さらには失点数も近畿大会の決勝戦以外は少なく安定した試合展開を繰り広げられるのも大阪桐蔭の強さの一つとなっています。

準々決勝

大阪桐蔭11―0上宮

準決勝

大阪桐蔭13―2初芝立命館

決勝

大阪桐蔭9―6履正社

1回戦

大阪桐蔭19―1立命館守山

準々決勝

大阪桐蔭4―3明石商業

準決勝

大阪桐蔭6―5智弁学園

決勝

大阪桐蔭4―12天理

スポンサーリンク

2020年甲子園高校野球交流試合 大阪桐蔭 戦力分析

何と言っても投手が4人揃っておりエースの藤江投手は安定感があり、そのほかの3投手は速球がかなり速く期待できる本格派の投手が揃っています。

右腕2投手と左腕2投手が揃っておりバランスがいいのも特徴的な投手となっています。

野手では加藤選手、仲三河選手、西野選手、船曳選手が中心となっており、ゲームに出ていただけありかなりゲーム感もいいかと思います。

打力も高く船曳選手と西野選手はともにプロのスカウトが注目している選手で活躍が見込まれます。

大阪桐蔭 野手戦力分析

大阪桐蔭は加藤選手、仲三河選手、西野選手、船曳選手といった2年生の頃からレギュラー選手として試合に出ている選手が中心となっています。

特に内野手の加藤選手、西野選手、船曳選手の3選手で内野はかなり守備が固いです。

またそのほかにも吉安遼哉選手は大阪府大会で怪我をしてしまい近畿大会には出場することができませんでした。

吉安遼哉選手が復帰した場合はどのような打順になるのかという点も注目です。

特に上位打線を打っており、捕手という扇の要なので甲子園での戦いにも左右する注目ポイントとなっています。

大阪桐蔭 投手戦力分析

大阪桐蔭のエース藤江投手は2年生の頃から試合で投げていた左腕です。

マックスは141キロとそれほど速くないですが、キレのいい変化球で打たせて取る投手となっています。

また3年生には申原投手は145キロのマックスを誇る速球派の投手です。

2年生には中学時代からスピードのあるボールで有名となっている関戸投手や、左腕で185センチの長身から繰り出す松浦投手といった全く違うタイプの投手が揃っています。

特に2年生の2投手は140後半のボールを投げることができる本格派の投手として来年も含めて期待できます。

どの投手でも全国レベルの投手が揃っており、近畿大会でも明石商業と智弁学園では1点差のゲームをしており投手の粘りの投球にも期待できます。

スポンサーリンク

2020年甲子園高校野球交流試合 大阪桐蔭 スタメン予想

大阪桐蔭は2年生の池田くんが、大阪府大会の後半から一番打者に定着して、不動の1番打者になりつつあります。

また3番、4番、5番のクリンナップには、西野、仲三河、船曳という3選手が並び2年生から上位打線を打っているプロも注目する打者です。

8番には捕手の清水選手を入れ、9番は投手という打順になっています。

この中に吉安遼哉選手が復帰すると、打線が変わってきます。吉安遼哉選手は大阪府大会の際には2番打者を務めていただけに、復帰した際には打線が大きく変わってくることが予想されます。

1 中 池田陵真

2 二 加藤巧也

3 三 西野力矢

4 右 仲三河優太

5 左 船曵烈士

6 一 前田健伸

7 遊 伊東光亮

8 捕 清水大晟

9 投 藤江星河

【2020年甲子園高校野球交流試合】日程と出場校は?注目校を分析!

スポンサーリンク

2020年甲子園高校野球交流試合 大阪桐蔭 総合力分析

大阪桐蔭は投手が4人も揃っておりバランスが良くなっています。

特に全国クラスの投手のラインと言われている145キロ以上を投げることができる投手が3名もいるので、どの投手が出てきてもスピードボールで相手を押すことができます。

また野手ではプロのスカウトも注目している加藤選手、仲三河選手、西野選手、船曳選手といった主力選手が揃っており打線の爆発力も期待できます。

下位打線も打力の高い選手が揃っているので打線はかなり強力になっています。

今年の選抜は春夏連覇後初の甲子園隣どのような試合をしていくのか注目されること間違いなしだと思います。
 総合力A
 打撃力A
 守備力A
 走力B
 投手力A

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント