Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【パリーグ】プロ野球!戦力分析と順位予想【2020年最新】

スポーツ

プロ野球の開幕が近づいてきました。

プロ野球ファンにとっては待ちに待った季節がやってきましたね。しかし、新型コロナウイルスの影響でプロ野球の開幕戦が延期されてしまいました。

現時点では、開幕戦がいつになるかは決まっていませんが、プロ野球ファンとしては早く開幕してもらいたいと思っています。

早く開幕戦が行われることを期待して、2020年パリーグ各球団の今年の戦力分析とペナントレースの順位予想をしました。

今年のパリーグは、西武ライオンズとソフトバンクホークスの優勝争いになると予想しています。

2020年のプロ野球開幕を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

パリーグ戦力分析 西武ライオンズ【2020年最新】

2020年は何といっても秋山の穴をいかに埋められるが重要です。

さらには投手陣の整備と課題は山積です。 秋山の穴はスパンジェンバーグや木村選手が入ると思いますが、得点力ダウンは避けられません

森・中村・山川・外崎・源田のさらなる上積みは厳しいと思われます。

金子がもう少し出塁率UP/メヒアの復調があると多少のカバーにはなると思います。

野手の戦力ダウンは避けられないので、投手の整備は必要不可欠です。 松本や宮川/相内など若手の台頭が必要不可欠なシーズンになると思います。

2020年の西武の評価は以下の様にしました。

総合力 B
打撃力 A
守備力 B
走力 B
投手力 C

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【西武】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ戦力分析 ソフトバンクホークス【2020年最新】

戦力に関しては2020年も投打ともに12球団No1だと思います。

その中でも高齢化した内野陣(松田、内川、明石、川島、高谷)の代わりになる若手がどれだけ台頭してくるかが注目だと思います。

ここには話題のリチャードや三森、九鬼などが候補として挙がってくると思います。

また投手陣では昨年大活躍であった高橋礼、甲斐野に怪我が出ているので特に序盤戦でこの二人の穴を誰が埋めるのか?が注目のポイントになると思います。

2020年のソフトバンクの評価は以下の様にしました。

総合力 A
打撃力 A
守備力 C
走力 B
投手力 A

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【ソフトバンク】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ戦力分析 楽天イーグルス【2020年最新】

2020年のオフは戦力の入れ替えが非常に多かったです。

ローテーション投手の美馬やチームリーダーである嶋が移籍してしまいましたが、経験豊富な牧田や涌井、ユーティリティプレイヤーでキャプテンシーも強い鈴木を獲得し、トータルでは戦力UPであると思います。

一方でブルペン陣や長距離砲を外国人選手に頼りがちな印象があるので、外国人枠をいかにうまく回すかによって戦力が大きく変動する印象があります。

2020年の楽天の評価は以下の様にしました。

総合力 B
打撃力 B
守備力 B
走力 B
投手力 B

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【楽天】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ戦力分析 ロッテマリーンズ【2020年最新】

2020年のオフは戦力の入れ替えが非常に多かったです。

鈴木や酒居など中心選手は抜けましたが、福田や美馬など確実に補強を進めました。

入れ替えは多かったもののトータルでは戦力UPにつながっていると思います。

2019年から投打ともに若手の台頭も著しく、また野手では荻野がついに覚醒したということもありますので、福田とともに1・2番を形成すれば強力な打線になると思います。

投手についても先発・ブルペン共に充実していますので優勝争いに絡んでくるのではないかと思います。

2020年のロッテの評価は以下の様にしました。

総合力 B
打撃力 B
守備力 B
走力 A
投手力 B

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【ロッテ】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ戦力分析 日本ハムファイターズ【2020年最新】

注目は清宮と吉田のドラフト1位コンビです。

日本ハムは今年も投打ともに駒が足りません。 昨年はショートスターターを試すなど、先発陣は当然盤石ではありませんし、野手においては明らかに長打力不足です。

それぞれバーヘイゲン/ビヤヌエバと外国人で補強をしましたが、どちらも未知な部分も多く ドラ1二人にはある程度のチャンスも与えられると思うので、結果を出して定着をしてもらいたいシーズンです。

2020年の日本ハムの評価は以下の様にしました。

総合力 B
打撃力 C
守備力 B
走力 B
投手力 B

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【日本ハム】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ戦力分析 オリックスバファローズ【2020年最新】

2020年の注目は野手ではジョーンズ、投手では田嶋です。

オリックスの現状の課題は野手であれば吉田ともう一人軸となる選手の不在です。

ジョーンズはメジャーでの実績は抜群です。ただしジョーンズが率を残せるだけではなく、最低でも25本塁打以上放ち、長打のある主軸として活躍できるかが肝です。

投手では山本/山岡に次ぐ先発の不在が課題です。

昨年の後半に榊原はある程度目途が立ちましたが、やはりポテンシャルの高さを考えると田嶋に出てきてもらいたいところです。

田嶋が10勝弱できると先発陣に厚みがでます。

2020年のオリックスの評価は以下の様にしました。

総合力 C
打撃力 B
守備力 B
走力 C
投手力 B

※一番良い評価をAとしています。

◆関連記事:【オリックス】開幕スタメン・先発ローテーション予想【2020年最新】

スポンサーリンク

パリーグ順位予想【2020年最新】

以上の各球団の戦力分析の結果から、2020年の順位は以下の様に予想します。

順位 球団
優勝 ソフトバンク
2位 西武
3位 ロッテ
4位 楽天
5位 日本ハム
6位 オリックス

2020年のパリーグは、戦力的にはソフトバンクが他球団を圧倒していると思います。

しかし、ピッチャーの甲斐野や高橋礼がケガをしているのが気がかりです。

西武も秋山が抜けたとはいえ、打線の迫力は健在で、ソフトバンクと西武で優勝争いをすると思われます。

3位は、お互いに大きな補強をしたロッテと楽天の争いになると予想します。

◆関連記事:【パリーグ】攻撃力分析&ランキング【2020最新】

◆関連記事:【パリーグ】投手力力分析&ランキング【2020最新】

スポーツ
スポンサーリンク
ats blog

コメント